Chrome OSのバージョンを下げる手順を解説

Chrome OSをアップデートしてから、Chromebookの調子が悪い。。
それならChrome OSのバージョンを、アップデート前に戻したら良いのでは?
古いバージョンのChrome OSで、Chromebookを使いたい。

こういった悩みに答えます。

このページの内容
  • Chrome OSのバージョンを下げる手順が分かります
  • 実際の操作画面の画像を見ながら、手順を進められます

この記事を書いている私は、Lenovo Chromebook S330ユーザーです。

2020年12月11日(金)、ポップアップ通知が来たので普段どおりChrome OSをアップデートしたところ、画面が真っ暗になるトラブルに遭遇してしまいました。

詳しい状況は、Chromebookの画面が真っ暗に…【電源つかない?】のページで解説しています。
アップデート後に不具合が生じたので、Chrome OSのバージョンを戻せば直るのではないか、と仮説を立てました。

このページでは、Chrome OSのバージョンを下げる方法をご紹介します。
私と同じ「画面真っ暗」の症状に悩まされている方はもちろん、

  • Chrome OSをアップデートしたら不具合が生じるようになった
  • 特別な事情から、古いバージョンのChrome OSを使う必要がある

という方の参考になれば幸いです。

このページで紹介する方法は、すべて自己責任でお願いいたします。

とりあえず古いバージョンでChromebookを利用できていますが、「もしかしたら古いバージョンで固定されてしまい、アップデートできなくなったのではないか?」と不安に駆られています。

何か分かったことがあればこのページに追記して、情報を共有いたします。

2020年12月17日 追記

バージョンが固定される不安を拭えなかったため、Chromebookの復元を実行しました。
復元のおかげか不明ですが、その後アップデート通知が届き、古いバージョンで固定される事態は回避できました。
またアップデート後は、画面トラブルもありません。

2020年12月17日現在、最新バージョンで問題なくChromebookを利用しています。

安易に実行するものではありませんが、Chromebookの復元を、最終手段として頭の片隅に入れておくと良いと思います。

2021年1月27日 追記

本日、Chrome OSのバージョンを 87.0.4280.109 から 88.0.4324.109 にアップデートしました。
無事、次のバージョンにも更新できたので、ホッと胸をなでおろしています。

私が直面したトラブル〜解決までについて詳しくは、Chromebookの画面が真っ暗になった時に試したことのページでまとめています。

前置きが長くなってしまい申し訳ありません。
それでは、本題の「Chrome OSのバージョンを下げる方法」をどうぞ。m(_ _)m

スポンサーリンク

Chrome OSのバージョンを下げる方法

Chrome OSを以前のバージョンで利用するには、7ステップを踏む必要があります。

  1. Chromebookからログアウトする
  2. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押し、再起動する
  3. 再起動後、「キャンセル」を押す
  4. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押す
  5. もう一度「ctrl + alt + shift + R」を押す
  6. 「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」を押す
  7. 初期設定を行う

なかなか大変ですね。。
深呼吸して、粘り強く取り組んでいきましょう!

1. Chromebookからログアウトする

Chromebookにログインしている場合は、ログアウトしましょう。

「ctrl + shift + Q」を2回押すと、すべてのユーザーがChromebookからログアウトします。
すると、見慣れたログイン画面が表示されます。

2. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押し、再起動する

ログイン画面で、「ctrl + alt + shift + R」を押します。
すると、再起動が必要と促されるので、「再起動」をクリックしましょう。

再起動後、「この Chrome デバイスをリセットします」のウィンドウが表示されます。

3. 再起動後、キャンセルを押す

「キャンセル」を押しましょう。

「この Chrome デバイスをリセットします」の画面で、「キャンセル」を押します(「Powerwash」ではありません!)。
すると、ログイン画面に戻ります。

4. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押す

ログイン画面で、先ほどと同じコマンド「ctrl + alt + shift + R」を押します。
するとまた、先ほどと同じ「この Chrome デバイスをリセットします」のウィンドウが表示されます。

5. もう一度「ctrl + alt + shift + R」を押す

「この Chrome デバイスをリセットします」の画面で、もう一度「ctrl + alt + shift + R」を押します。

「Powerwash」から「「Powerwash を実行して胃炎のバージョンに戻す」に変わっています。」

すると、先ほどとは微妙に違うウィンドウが表示され、「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」ボタンが現れます。

6. 「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」を押す

「Powerwash を実行して胃炎のバージョンに戻す」「続行」を押しましょう。

「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」ボタンを押し、表示される「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻すことを確認」で「続行」を押します。
すると、自動的に再起動されます。

7. 初期設定を行う

再起動後、古いバージョンを利用するためのPowerwashが始まります。

ようこそ!ウィンドウが表示されます。ここから初期設定をしましょう。

あとは案内にしたがい「ネットワーク設定」「Google利用規約」などの初期設定を進めていけばオッケーです。
お疲れさまでした。

Chrome OSのバージョンを下げる際のポイント

上述の7つの手順をおさらいします。

  1. Chromebookからログアウトする
  2. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押し、再起動する
  3. 再起動後、「キャンセル」を押す
  4. ログイン画面で「ctrl + alt + shift + R」を押す
  5. もう一度「ctrl + alt + shift + R」を押す
  6. 「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」を押す
  7. 初期設定を行う

似たような操作が多くてヤヤコシイですよね。。手順のポイントを押さえましょう。

  • 「ctrl + alt + shift + R」を入力するのは3回
  • 手順3で「キャンセル」を忘れない

「ctrl + alt + shift + R」を押すのは、合計3回です。

このコマンドは、Powerwash(リセット)のために用意されているみたいですね。
一定の条件下で「ctrl + alt + shift + R」を入力すると、「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」のボタンが表示されるようです。

また、手順3では「キャンセル」を押しましょう。

結局あとから同じウィンドウが表示されるのに、なんで?

と思われるかもしれませんね。

キャンセルを押さずに「ctrl + alt + shift + R」を入力した場合、「Powerwash を実行して以前のバージョンに戻す」のボタンが現れたり現れなかったりと、どうも安定しないんですね。

「何回入力させるんだ…」と嫌気が差してしまいますが、根気強く取り組みましょう。

Chrome OSのバージョンを下げてChromebookを使ってみよう

ということで今回は、古いバージョンの Chrome OS を利用する方法をご紹介しました。

私の不勉強ゆえに、「この方法なら間違いないよ!」「何の心配もいらないよ!」と断言できないことを、心苦しく思います。申し訳ありません。m(_ _)m

ですが、様々な事情から古いバージョンのChrome OSを、リスク承知の上で使いたい人はいるのではないか。
そのように考えて、見切り発車ではありますが、このページを作成しました。

あなたのお役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました