【力技】ChromebookでExcelマクロを使う方法【代案あり】

Chromebook購入を検討中。
ChromebookでExcelのマクロ機能を使いたいんだけど、できないかな?
代用する方法があれば教えてほしい…。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • そもそもChromebookでExcelは使える?
  • ChromebookでExcelマクロを使う方法
  • Googleスプレッドシートで作業を自動化したいとき
  • Chromebook単体ではExcelマクロを使えない

この記事を書いている私は、Chromebookを10ヶ月ほどメインマシンとして使っています。

使用機種は、Lenovo Chromebook S330。
入門モデルながら、コスパの高い一台です。

このページではChromebookの購入を迷われている方向けに、ChromebookのExcelマクロに関する情報を共有します。

結論から言うと「Chromeリモートデスクトップ」という機能を活用すれば、ChromebookでExcelマクロを一応使えます
「一応」と表現したあたりを、詳しく解説していきますね。

2021年8月28日 追記

米国時間2021年9月18日以降、Chromebookで「Androidアプリ版Office」を利用できなくなるとの情報があります。

手元のChromebookで「Androidアプリ版Word」の使用を試みたところ、下図のメッセージが表示されました。

Office.comへの移行を促すメッセージ

Microsoftは、Chromebookユーザーに Office.com への移行を促しています。

8月28日現在は「今はしない」の選択肢があるため、「Androidアプリ版Word」の利用は一応できそうです。しかし今後、Chromebookで「Androidアプリ版Office」を利用できなくなる可能性は高いと思われます。

当ページでは、ChromebookでMicrosoft Officeを使う方法として「Androidアプリ版Microsoft Officeの使用」を挙げています。しかしこれは、すでに古い情報となりました。

恐れ入りますが今後は、「Androidアプリ版Office」ではMicrosoft Officeを使えないものと理解して、当ページをお読みください。

スポンサーリンク

そもそもChromebookでExcelは使える?

そもそも、ChromebookでExcelは使えるのでしょうか?
制限があるものの、ChromebookでExcelを使うことは可能です。

ChromebookでExcelを使う方法は、下記の2通り。

  1. Androidアプリ版のExcelを使う
  2. Chromeウェブアプリ版のExcelを使う

1は、Google PlayストアでMicrosoft Excelを入手する方法です。

Androidアプリは、Androidスマホ向けに開発されたものです。
ChromebookはPCですが、Androidスマホと同じように、Google PlayストアからダウンロードしてAndroidアプリを使用できます(ただし、Androidアプリを使えないChromebookの機種も存在します)。

Androidアプリを使用できる機種であれば、Androidアプリ版のExcelをChromebook本体にインストールして、ChromebookでExcelを使えるようになります。

このとき10.1インチ以下のChromebookであれば無料でExcelを使えますが、10.1インチ超の場合は有料となります。
有料の場合、Microsoft365(旧:Office365)のサブスクリプション契約が必要です。
詳細は、Microsoftの公式ページをご覧ください。

2は、ChromeウェブストアでExcel Onlineを入手する方法です。

Chromebookは、Chromeウェブストアからアプリをダウンロードして利用できます。
その中に、live.com(Microsoftの一つのサービス)が提供するExcel Onlineというアプリがあり、これをダウンロードすればChromebookでExcelを使えます。
こちらは無料でダウンロード可能です。

以上の2通りの方法をとれば、ChromebookでExcelを使うことはできます。

ただし、WindowsPCでExcelを使う場合と比べて機能が制限されています
Androidアプリ版、Chromeアプリ版のExcelは、WindowsPCにインストールするタイプのExcelよりも機能が制限されるためです。

上で紹介した2通りの方法では、機能制限により、Excelのマクロ機能を使えません。
このとき、ChromebookのExcelではマクロを「組めない」だけでなく、マクロが書き込まれたExcelファイルを「正常に開けない」場合もあるようです。ご注意ください。

ChromebookでExcelマクロを使う方法

「Androidアプリ版Excel」または「Chromeウェブアプリ版Excel」を使っても、ChromebookでExcelマクロ機能は使えません。

しかしChromebookでExcelマクロを使う方法があります。
やや力技ではありますが、「Chromeリモートデスクトップ」を活用する方法です。

Chromeリモートデスクトップとは、インターネットを経由して、Chromebookで別のPCを遠隔操作するChrome拡張機能です。

Chromebook及び遠隔操作したいPCの両方にChrome拡張機能「Chrome Remote Desktop」をインストールし、PINなどの設定をします。
すると、連携した他のPCを、Chromebookでリモート操作できるようになります。
Chromeブラウザ上で動くため、どちらのPCもインターネットに接続されていなければならない点に注意しましょう。

使い方として、例えば自宅に置いてあるWindowsPCを、外出先でChromebookを使ってリモート操作したい時などに役立ちます。

このやり方なら、「WindowsPC内のExcel」をChromebookでリモート操作することになるので、Chromebookを使いながらExcelのマクロを使うことも可能です。

やや強引ですが「Chromeリモートデスクトップ」を使えば、ChromebookでExcelマクロを使うことができます。

Googleスプレッドシートで作業を自動化したいとき

ただ先述した「Chromeリモートデスクトップ」を使うには、Chromebookの他にWindowsPCも所有している前提になります(冒頭で「一応できる」と言ったのはこのためです)。
Chromebook単体でExcelマクロを使う方法は、残念ながらありません(2020年10月12日現在)。

それでもChromebookで表計算作業を自動化したい場合、Excelのマクロの代わりに、「Googleスプレッドシートのマクロ」を使う方法があります。

「マクロ」と聞くと、Excel固有の機能のように思われがちですが、実はWordやPowerPointにも「マクロ」は存在します。
そしてMicrosoft Officeだけでなく、G Suiteにもマクロはあります。

Googleスプレッドシートでマクロを使うには、ツールマクロマクロを記録 の順に辿りましょう。

細かなプログラムを指示したいときにはGAS(Google Apps Script)の知識が必要ですが、カンタンな操作であればデフォルトの機能で十分のようです。

Excelにこだわりがなければ、GASを学んで、Googleスプレッドシートのマクロを活用するのも一手です。

Chromebook単体ではExcelマクロを使えない

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • ChromebookでExcelを使うには
    • Androidアプリ版Excel
    • Chromeウェブアプリ版Excel
  • ただし上記の方法では、Excelマクロは使えない
  • ChromebookでExcelマクロを使うには
    • Chromeリモートデスクトップ
  • ただし上記の方法は、Chromebookの他にWindowsPCがある前提
  • Chromebook1台だけでは、Excelマクロを使えない
  • Googleスプレッドシートで作業を自動化するには
    • Googleスプレッドシートのマクロを活用する
    • GAS(Google Apps Script)を学べばプログラムを詳述できる

ChromebookでExcelを使う方法、Excelマクロを使う方法を見てきました。

「Chromeリモートデスクトップ」ならChromebookでもExcelマクロを使えるのですが、この方法は力技というか、個人的には最終手段だと思います。
インターネット経由でリモート操作するためラグが発生するなど、Excelマクロのヘビーユーザーにはあまりオススメできません。
やはり、外出先での一時的な使用を想定しているのではないでしょうか。

代案として、Googleスプレッドシートのマクロの使用はいかがでしょう。
GASの学習は大変かもしれませんが、Excelマクロに代わり得る選択肢かと思います。

このページがChromebook購入の参考になれば、幸いです。

タイトルとURLをコピーしました