Chromebookファイル管理のコツ【アプリのインストールは不要】

Chromebookを使いはじめた。

Windowsと勝手が違うから、なかなか慣れないな。Chromebookでファイルを管理するコツってあるかな?何か、特別なアプリをインストールしないとダメなんだろうか…

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookのファイル管理はデフォルトのアプリでOK
  • Chromebookでファイルを管理するコツ

この記事を書いている私は、Chromebookを400日以上使っています。

Chromebookって、変わったパソコンですよね。
デスクトップにファイルを置けない点は、「パソコン」より「スマホ」に近いなぁ、と思います。

このページでは、Chromebookでファイルを管理する際の「コツ」を共有します。

ファイルをすっきり整理整頓して、ストレスから解放されましょう。

スポンサーリンク

Chromebookのファイル管理アプリはデフォルトでOK

Chromebookのファイル管理は、デフォルトのファイルアプリで十分だと思っています。
Googleドライブにアクセスできるからです。

ファイルアプリはGoogleドライブにアクセスできる

デフォルトのファイルアプリは、Googleドライブ内のファイル・フォルダにアクセスできます。

Chromebook本体⇔Googleドライブ 間で、ファイルを気軽にやり取りできるんですね。またファイルアプリ上の操作で、Googleドライブ内にフォルダを新規作成することも可能です。

わざわざブラウザで、Googleドライブを立ち上げる手間もかかりません。後述する「コツ」を使えば、スムーズにファイル管理を行えます。

以上のように、Chromebookデフォルトのファイルアプリは、なかなか優秀です。うまく活用して、ファイル管理を行いましょう。

ファイルアプリに、Googleドライブが表示されないんだけど…

もしかしたら、Googleドライブとの接続が切断されているかもしれません。次の手順で、ChromebookとGoogleドライブを接続しましょう。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 設定(歯車アイコン)をクリック
  3. 「詳細設定」を開く
  4. 「ファイル」の「Google ドライブ アカウントを切断する」のスイッチをオフにする
ファイルアプリにGoogleドライブを表示させる

上記のとおり。

「Google ドライブ アカウントを切断する」のスイッチがオンになっていると、ファイルアプリでGoogleドライブが表示されません。

Googleドライブが非表示のファイルアプリ画面

上図は、スイッチをオンにした状態。
Googleドライブの項目が消えています。

Googleドライブが表示されたファイルアプリ

こちらが、スイッチ「オフ」の状態。
ちゃんとGoogleドライブが表示されていますね。

ファイルアプリが使いやすくなるので、「Google ドライブ アカウントを切断する」のスイッチは、「オフ」にしましょう。

Chromebookファイル管理のコツ

Chromebookのファイル管理のコツを、4つご紹介します。

  1. ウィンドウを2つ並べる
  2. ダウンロード先を変更する
  3. Googleドライブ内のフォルダをブックマークしておく
  4. トート機能を使う

順に見ていきます。

1. ウィンドウを2つ並べる

ファイルアプリのウィンドウを2つ並べましょう。
直感的に操作できます。

具体的には、こんな感じ。

ファイルアプリのウィンドウを2枚、左右に並べて表示する

左から右へ ”ドラッグ&ドロップ” すれば、ファイル移動が完了します。
分かりやすいですね。

複数のウィンドウを開く方法は、

  1. ファイルアプリのアイコン上で右クリック
  2. 「新しいウィンドウ」をクリック

上記のとおり。

開いたウィンドウは、

  • alt + [
  • alt + ]

上記のショートカット・キーで、左右に並べられます。

ウィンドウを左右に並べて、ファイルをササッと移動しましょう。

2. ダウンロード先を変更する

お好みで、ファイルのダウンロード先を変更しましょう。時短になります。

ネット上から画像などをダウンロードしたとき、デフォルトの設定では、Chromebook本体の「マイファイル > ダウンロード」フォルダに自動保存されます。

この保存先は、自分の好きな場所に変更できます。
Chromebook本体だけでなく、Googleドライブのフォルダも指定可能です。

保存場所の変更手順は、【Chromebook】画像を保存(ダウンロード)する方法で説明しています。保存先を変更したい人はご覧ください。

ただし、ChromebookでAndroidアプリをよく使う人は、一つ注意点があります。

伊藤浩一のモバイルライフ応援団 こちらの情報によると、一部のAndroidアプリから参照できるフォルダは、「マイファイル > ダウンロード」に限られる、とされています。

Chromebookでは、ローカルのファイル管理に制限があり、Androidアプリの中にはダウンロードフォルダしか参照できないものもあるようです。

伊藤浩一のモバイルライフ応援団より引用

上記のとおり。

ChromebookでAndroidアプリのをよく使う人は、ご注意ください。

3. Googleドライブ内のフォルダをブックマークする

Googleドライブ内のフォルダを、Chromeブラウザのブックマークに保存しましょう。

ブックマークを活用するメリットは、下記の2つ。

  • 時短になる
  • 勝手にファイルが整理される

※僭越ながら、私の例で説明させていただきます。m(_ _)m

Chromebookで「Googleドキュメント」を使う場面をイメージしてください。

新しいドキュメントを作成する場合、通常は「Googleドキュメント」を立ち上げて、右下の「+」アイコン(新しいドキュメントを作成)をクリックしますよね。

しかしこれでは、作成したファイルが、Googleドライブの「マイドライブ」フォルダに自動保存されてしまいます。

毎日新しいドキュメントを作ったら、「マイドライブ」がドキュメントだらけになってしまいますね…。後から任意のフォルダに移動するのも、毎日の作業となると面倒です。

そこで、ブックマークを活用します。

たとえば私は、Googleドライブ内に「マイドライブ > ブログ > ゆとりふるねす > 記事」のフォルダを作っています。そしてその「マイドライブ > ブログ > ゆとりふるねす > 記事」フォルダのページを、Chromeブラウザのブックマークに保存しています。

ブックマークに登録したGoogleドライブフォルダ

こうすることで、ブログの記事を執筆するとき、ブックマークから一発で「記事」フォルダにアクセスできます。これが1つ目のメリット「時短になる」ですね。

さらに、記事を執筆(=新しいドキュメントを作成)するときは、ブックマークからアクセスしたGoogleドライブ上で、「新規」→「Googleドキュメント」を開いています。

Googleドライブ上でGoogleドキュメントを開く

すると、作成したドキュメントファイルは、自動的に「マイドライブ > ブログ > ゆとりふるねす > 記事」フォルダに保存されるのです。これが、2つ目のメリット「勝手にファイルが整理される」です。

毎日/毎週/毎月のルーティン作業がある人は、Googleドライブのフォルダをブックマークに保存してみてください。ムダな時間がなくなって、ストレスフリーですよ。

4. トート機能を使う

Chromebookのトート機能を使いましょう。よく使うファイルを、カンタンに開けます。

Chromebook(Chrome OS)は、2021年3月に大型アップデートを実施しました。その時に追加された新機能がトートです。トートを活用すると、

  • よく使うファイルをすぐに開ける
  • 最近撮影したスクショ画像にすぐアクセスできる

上記の使い方ができます。

詳細は、【四次元トート】Chromebookのトートとは?活用法を模索するをご覧ください。実際にトートを使ってみた感想として、某「ふしぎなポッケ」を思い出しました。

以上の小ワザも使いながら、きちんと整理して、ファイルを管理しましょう。

Chromebookのファイル管理方法を模索しよう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • Chromebookデフォルトのファイルアプリは、Googleドライブとファイルをやり取りできる
  • Chromebookでファイルを管理するコツ
    • ウィンドウを2つ並べる
      • alt + [
      • alt + ]
    • ダウンロード先を変更する
    • Googleドライブ内のフォルダをブックマークしておく
    • トート機能を使う
  • Googleドライブ × ブックマーク は特におすすめ

Chromebookはデスクトップにファイルを置けないので、Windowsと同じ感覚でファイルを管理できません。

しかし、その分シェルフ機能が充実しています。
ご紹介したトートも、シェルフ機能の一つですね。

クラウドストレージ・Googleドライブにも、まだまだ可能性が秘められています。自分なりの使い方を模索しながら、Chromebookで効率よくファイルを管理しましょう。

タイトルとURLをコピーしました