Chromebookは「HDMIポートあり」を買うべき【理由+実体験をセットで語る】

ChromebookにHDMIポートは必要?
使用頻度は高くないだろうし…別にいらないかな。
Chromebookユーザーはどう思ってるんだろう。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebook × HDMI の親和性の高さが分かります
  • 実体験を交えて、3つのポイントを解説します

この記事を書いている私は、1年前からLenovo Chromebook S330を使っています。
このモデルの側面には、ご覧のとおりHDMIポートが付いています。

Lenovo Chromebook S330側面のHDMIポート

購入前には気にも留めていなかったHDMIポートですが、1年使ってみて想像以上にお世話になっていることに気がつきました。
個人的に、Chromebookを買うならHDMIポートが付いたモデルを買うべきと思っています。

このページでは、なぜ私がHDMIポート付きのChromebookを推すのか、実体験を交えて説明します。
これからChromebookを買おうと思っている方、必見ですよ。

スポンサーリンク

Chromebookは「HDMIポートあり」を買うべき

Chromebookを買うなら、HDMIポートが付いたモデルを選びましょう。
理由は下記の通り。

  1. Chromebookの画面サイズが小さいから
  2. Chromebookが「軽い」から
  3. いざという時に心強いから

順に見ていきます。

理由1:Chromebookの画面サイズが小さい

1つ目の理由は、Chromebookの画面サイズが小さいからです。

私が以前使っていたノートPCは富士通のLIFEBOOKで、画面サイズは15.6型でした。

対して、1年前から使っているLenovo Chromebook S330の画面サイズは、14型。
覚悟していましたが、Chromebookを使い始めた頃は「ちょっと小さいな…」という感覚が正直ありました。
14型より小さいChromebookも、ざらにあります。

はじめから画面サイズが大きいパソコンなら、HDMIで大型モニターに映す必要はありません。

しかしChromebookは、 ”book” の名を冠する小型のノートPCです。

小型で画面サイズの小さいChromebookだからこそ、大画面の作業を可能にするHDMIの価値は、相対的に高まります。

総じて画面サイズが小さいChromebookにとって、HDMIの拡張性は、意外と貴重なのです。

理由2:Chromebookは「軽い」

ChromebookとHDMIの相性の良い2つ目のポイントは、Chromebookの「軽さ」にあります。

ワタクシゴトで恐縮ですが、私の自室には外部ディスプレイがありません。
なのでChromebookをHDMI接続するときは、別室にChromebookを持ち運ぶ必要があります。

先ほどChromebookの「小ささ」を、短所のように指摘しました。
しかし「小ささ」は、「軽さ」の裏返し。
Chromebookには、「軽い」特長があるのです。

物理的な「軽さ」もさることながら、ブラウジングの「軽さ」も目をみはるものがあります。
気軽に持ち運び、どこでもサクサク作業できる「軽さ」は、Chromebookならではの長所です。

HDMIポートが付いていれば家中の、あるいは外出先のモニターが、作業を助けてくれるでしょう。
自室にディスプレイがない私のような環境では特に、Chromebookの「軽さ」がHDMIの利便性を高めてくれるのです。

携帯性に優れたChromebookだからこそ、HDMIの拡張性が生きてきます。

理由3:いざという時に心強い

HDMIポート付きChromebookをおすすめする3つ目の理由は、トラブル発生時の心強い味方になってくれるからです。

つい先日の話ですが、Chrome OSのアップデートにより、Chromebookの画面がつかなくなるアクシデントに見舞われました。
Chromebook本体の画面はつかないものの、HDMIで外部ディスプレイに接続すれば、かろうじて画面は映る。そんな状態でした(一連のアクシデントについて詳しく知りたい方は、Chromebookの画面が真っ暗に…【電源つかない?】をご覧ください)。

現在は復旧してChromebookを使えるようになりましたが、そのアクシデントの復旧に外部ディスプレイへのHDMI接続が不可欠だったわけです。

もし私のChromebookにHDMIポートが付いていなかったら、画面トラブルが起きても「テレビに映そう」と発想できなかったでしょう。
一時はパソコンの買い替えまで覚悟したので、気軽にHDMI接続できる環境は非常にありがたかったです。

まれなケースではありますが、HDMIポートがあったおかげで、Lenovo Chromebook S330を現在も使えていると言っても過言ではありません。
いざという時、HDMIは心強い味方になってくれます。

まとめると、Chromebookの画面サイズの小ささ、軽さ、そしてトラブル発生時の心強さの3点から、私はHDMIポート付きのChromebookをおすすめします。

別にHDMIポート付いてなくても良くない?
HDMIアダプターで後付けすればオッケーでは?

おっしゃる通りです。
仮にChromebook自体にHDMIポートがなくても、別途アダプターを購入して増設すれば、HDMIは使えます。

ただ、アダプターの値段が割とするんですよね。。

そうなると、「そこまで高いお金払うのはちょっと…」とアダプター購入をためらってしまいますよね。
ChromebookとHDMIの相性の良さを実感しているだけに、HDMIを使わないのはもったいないなーと感じます。

ChromebookでHDMIを使うか購入前に検討しよう

ノートパソコンの使用目的は人それぞれです。
HDMIアダプターが余っている人には、HDMIポートが付いていなくても問題ないでしょうし、「Chromebookに余分な機能はいらない」と考える人もいるかもしれません。

Chromebookに買い替えてからの1年間を振り返ってみると、想像以上にHDMIが活躍した場面が多かったことに驚き、今回この記事を作りました。

影ながらパソコンの利便性を高めてくれる、HDMIポート。
パソコン選びの際は、バイプレイヤーにも目を向けてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました