【時短】Chromebookのログインパスワードを省略する”Smart Lock”の設定

Chromebookのログインで、毎回パスワードを入力するのが地味に面倒だ。。どうにかして、Chromebookログイン時のパスワードを省略できないかな?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookログイン時のパスワード入力を省略する方法
  • パスワード省略時の注意点

この記事を書いている私は、Chromebook使用歴1年です。

毎日Chromebookを使っていると、だんだんログイン時のパスワード入力が面倒になってきますよね。セキュリティで仕方ないのは分かるけど、できればカンタンにログインしたい…。

そんなときは、Smart Lockの機能が便利です。

Smart LockはChromebookの標準機能で、ちょっと設定するだけでログイン時のパスワード入力を省略できるようになります。必要なのは、AndroidスマホのBluetooth機能だけ。

Chromebookを開いて指の運動をする毎日は、今日で終わりにしましょう。

スポンサーリンク

Chromebookのログインパスワードを省略する”Smart Lock”の設定

Chromebookログイン時のパスワード入力を省略する”Smart Lock”の設定手順は、下記のとおり。

Chromebook”Smart Lock”の設定手順
  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 設定(歯車アイコン)をクリック
  3. 「接続済みのデバイス」から、連携するAndroidスマホをクリック
  4. Smart Lockの「▶」をクリック
  5. スイッチをオンにして「停止中」→「有効」に変更(要パスワード入力)
  6. 「デバイスのロックを解除して Google アカウントにログインする」をチェック(要パスワード入力)

以上で、Smart Lockを利用する準備が整いました。あとはAndroidスマホのBluetoothをオンにして、Chromebookのログイン画面で待機すればオッケーです。

早速、Smart Lockを試してみましょう。
ctrl + shift + Q を2回押して、Chromebookからログアウトします(ログアウト前に、必要なデータは保存してくださいね)。

ctrl + shift + Q を2回押すと、Chromebookのログイン画面に移ります。

ログインパスワードの入力欄に、錠前のアイコンが追加されているかと思います。スマホのBluetoothがオフの状態だと、錠前アイコンは黄色で、ロックがかかった描写です。

スマホのBluetoothがオフだとSmart Lockを使えない

上図のとおり。
錠前が黄色の状態では、Smart Lockを利用できません。

スマホのBluetoothをオンにすると、錠前アイコンが青色になり、ロックが外れた描写に変わります。

Smart Lock利用可能

上図のとおり(分かりにくくてすみません)。
錠前が青色になれば、アカウントアイコン(プロフィール画像)をワンクリックするだけで、Chromebookにログインできます。

Smart Lock、便利ですね。

なおChromebook側のBluetoothは、ログイン時のみ自動的にオンになります。普段ChromebookのBluetoothをオフにしている人も、何か設定する必要はありません。

Smart Lock利用時の注意点として、下記の3点が挙げられます。

  1. Bluetoothによってスマホのバッテリーを消耗しがち
  2. Androidスマホのメインユーザーでなければならない
  3. 画面ロック解除時は、要Bluetoothオン

1. Bluetoothによってスマホのバッテリーを消耗しがち

Bluetoothをオンにすると、スマホのバッテリー消耗が激しくなります。

Smart Lock用にスマホのBluetoothをオンにしたら、その後オフに切り替えるのを忘れがちです(実体験)。スマホのバッテリーがすぐに減ってしまう人は、こまめにBluetoothをオフにするクセをつけましょう。

2. Androidスマホのメインユーザーでなければならない

Smart Lockを利用できるのは、Androidスマホのメインユーザー(所有者)に限られます。

Androidスマホの「追加ユーザー」では、Smart Lockを利用できない

上図は、Androidスマホの「追加ユーザーの」Bluetoothをオンにして、Smart Lockを試したときのエラーメッセージです。

Smart Lockでログインできない…

と、お悩みの方。
もしあなたがAndroidスマホのマルチユーザー機能を使っているのであれば、オンにしているBluetoothがメインユーザー(所有者)のものか、一度チェックしてみてください。

3. 画面ロック解除時は、要Bluetoothオン

画面ロック解除の際は、あらかじめChromebook側でもBluetoothをオンにしておかないと、Smart Lockを利用できません。

画面ロックは、Chromebookを5分ほど放置したときに再ログインさせる機能です。

画面ロックがかかった状態からChromebookにログインする場合は、通常のログイン時と挙動が異なります。

Chromebook側のBluetoothがオフのまま画面ロックがかかると、次のエラーメッセージが表示されます。

画面ロック解除時にもSmart Lockを使いたい人は、常にChromebookのBluetoothをオンにしておきましょう。

でもBluetoothをオンにすると、Chromebookのバッテリー消耗が気になるんだよなぁ…

そうなんですよね。
私も1日中Chromebookを使うので、Chromebookのバッテリーには気を使っています。

バッテリーが気になるのなら、ムリにBluetoothをオンにしなくても良いでしょう。

うーん…

でもやっぱり、毎回パスワードを入力するのも面倒だし…

では、「PINコード入力」の活用はいかがでしょうか?

画面ロックは、PINコードで解除できます。
PINコードは数字だけなので、Googleアカウントのパスワードよりも入力に手間がかかりません。

「効率化」と「バッテリー消費」を天秤にかけながら、使いやすい方法を探してみてください。

Chromebookの使用をログインから見直してみよう

実は私、Chromebook購入直後はSmart Lockをオンにしていたものの、すぐに利用をやめてしまいました。理由は、当時のChrome OSにおけるSmart Lock機能に、不具合があったからです。

今回およそ1年ぶりにSmart Lock機能をオンにしたら、以前よりも格段に使いやすくなっていました。Chromebookを使っていると、こうした発展過程も味わえて楽しいですね。

たとえ1日10秒の差でも、1ヶ月、1年単位で考えるとまとまった時間になります。限りある時間を、有効活用していきましょう。

なお、Chromebook作業の生産性を上げるには、

  • 外付けキーボード
  • 外付けディスプレイ

の活用も効果的です。

以下の記事では、私が使用しているキーボード・ディスプレイの魅力に触れています。
あわせてチェックして、Chromebookのポテンシャルをさらに引き出してください。

それでは、楽しいChromebookライフを!

タイトルとURLをコピーしました