ChromebookはOfficeを使えない?【丁寧にまとめたよ】

Chromebookを買いたい。でもofficeが使えないらしいし、やっぱりWindowsの方がいいかな。…本当にofficeが使えないなら、Chromebookユーザーはどうやって文章作成してるの?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 「office」の意味と種類
  • Chromebookで使えるofficeツール
  • ChromebookでMicrosoft Officeを使う方法

この記事を書いている私は、Lenovo Chromebook S330を、400日以上使っています。

Chromebook購入当時を振り返ると、「え?ChromebookってWord使えないの?ダメじゃん」と考えたことを、なつかしく思い出します。

しかし今この文章は、Wordを使わずにChromebookで作成しています。

Googleドキュメント執筆中の画像

上図のとおり。
使用ツールは「Google版Word」ともいえる、Googleドキュメントです。

このページではChromebookとofficeの関係について、詳しく解説しています。

Chromebookとofficeの関係性がイマイチ「?」な人は、多いはず。一つひとつ確認しながら、丁寧に情報を整理していきましょう。

スポンサーリンク

Chromebookはofficeを使えない?

Chromebookはofficeツールを使えないのでしょうか?

結論からいうと、Chromebookでもofficeツールは使えます。
はじめに、そもそもofficeとは何か?から理解しましょう。

officeとは?

officeとは、ビジネス支援ツールの総称です。

officeソフトやofficeツール、office製品なんて呼ばれることもありますね。文書や表計算、プレゼン資料などを作成するときに用いられます。

うんうん知ってるよ。
つまり、WordとかExcelでしょ?

そうですね。
たしかにWordやExcelは、officeツールの一つに間違いありません。

けれど厳密にいうと、WordやExcel、PowerPointは、Microsoft Officeの一つです。

世の中に普及しているパソコンの多くは、Windowsですよね。Windowsとは、Microsoft社が提供するOS(=パソコンを動かすシステム)のこと。そのWindowsに標準搭載されているofficeツールこそ、Microsoft Officeです。

日常生活の中では「office=Microsoft Office」の認識でいれば、特に問題なくコミュニケーションをとれます。けれどあなたは今、Chromebookを買おうとしていますよね?

Chromebookは、Windowsではありません。
ここで「office=Microsoft Office」という誤った理解のままChromebook情報を集めると、

…??
よう分からんな(スピー)

となってしまうのです。

WordやExcelは、あくまでMicrosoft Officeの一つ。
officeツールには、Microsoft Office以外のものもあることを、理解しておきましょう。

なるほどー。たしかに「office」について、ちゃんと考えたことはなかったな。

それじゃあMicrosoft Office以外には、どんなofficeツールがあるの?

主なofficeツールは、下記のとおり。

  • Microsoft Office
  • Google Workspace(旧称:G Suite)
  • LibreOffice
  • WPS Office など

まだまだ、たくさんありますよ。

へー色々あるんだな。
ネットでたまに見かける「MS Office」ってのは?

MS Officeは、Microsoft Officeの略称です。つまり

MS Office = Microsoft Office

ですね。
IT用語は別称・改称が多くて、わかりにくいんですよね…。

図にまとめると、次の感じ。

office全体像イメージ

(電気の存在感たるや…)

なるほどね、ぼんやりと全体像が見えてきたよ。

それじゃあ結局、Chromebookで使えるofficeツールって何?

Word、ExcelとかのMicrosoft Officeは、Chromebookじゃ使えないの?

それでは、Chromebookで使えるofficeツールを確認していきましょう。

Chromebookで使えるofficeツール

Chromebookで使用できるofficeツールについて、見ていきます。Chromebookで使えるofficeツールは、クラウド上で操作できるものと思っておけば、大体オッケーです。

Chromebookの特徴は、データをクラウド(インターネット)上に保存する点にあります。一部の例外を除いて、Chromebook本体にアプリやソフトをインストールすることは、まずありません。

officeツールに関しても同じで、Chromebookで文書作成や表計算をやろうと思ったら、基本的にオンライン上で作業することになります。

Chromebookでofficeツールを使おうと思ったとき、最も相性が良いのはGoogle系のサービスです。その理由は、

  • Chromebookの開発元がGoogleだから
  • Google系officeツールは、クラウド上で操作するタイプだから

上記のとおり。
Googleドライブから直接Googleドキュメントを開けるなど、ファイル管理がラクですよ。

具体的には、先ほど紹介したGoogle Workspace(旧称:G Suite)を使います。主なGoogle Workspaceのサービスは、下記のとおり。

  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Googleスライド など

上の3ツールはGoogleアカウントさえあれば、無料で利用できます。「なんだそれ…初めて聞いたぞ」という人向けに、Microsoft Officeと並べるとこんな感じです。

Microsoft OfficeGoogle Workspace
文書作成WordGoogleドキュメント
表計算ExcelGoogleスプレッドシート
プレゼンPowerPointGoogleスライド

大体のところはカバーされていますよね。
Microsoft Officeにこだわりがなければ、基本的な作業はGoogle Workspaceでも問題なくこなせます。

Google Workspaceに合わない人

Google系サービスかー

でもWordとかExcelに慣れてるから、いきなり乗り換えるのはちょっと不安だな…

そうですよね。
私もずーっと「Windows」で「Word、Excel、パワポ」しか触ってこなかった人間です。そのお気持ちは、よくわかります。

個人的に「Google Workspaceに合わないかなー」と思うのは、次のような人です。

  • Wordの校正機能が絶対必要な人
  • Excelをバリバリ使いこなしている人

Wordの校正機能が絶対必要な人

Googleドキュメントには、Wordに標準装備されている「校正機能」がありません。そのため、「文章作成のためにWordの校正機能がないと困る!」という人には、Googleドキュメントは向いていないかなと思います。

といっても、Chromebookでも使える有料・無料の校正ツールは、世にたくさん出回っています。「Wordの校正機能」にこだわる必要は、あまりないと思いますよ。

Excelをバリバリ使いこなしている人

Excelをバリバリ使いこなしている人は、Googleスプレッドシートに乗り換えると戸惑うかもしれません。

しばしば指摘されることですが、ChromebookでExcelのマクロを使うのは、正直難しいです。一応、下記のページでやり方を解説していますが、ホントに力技って感じ。笑

Excelのマクロを動かすプログラム「VBA」に対して、Googleスプレッドシートのマクロを動かすプログラムは「GAS」といいます。

Googleスプレッドシートでマクロを使うとなると、再び一から言語を覚え直さなければなりません(いい忘れていましたが、Googleスプレッドシートにもマクロ機能はありますよ!)。

Excelに慣れている人ほど、Googleスプレッドシートに乗り換えるときに「一から覚え直すガッツ」が必要なのかな、と思います。

そっかー

ぼくはマクロも使わないし、Googleスプレッドシートでも大丈夫そうだな

ライトな使用であれば、個人的には大丈夫かと思います。最初は不明点をGoogle先生に聞きながら対処することになると思いますが、数ヶ月後にはもう慣れていますよ。

追記

Googleは、VBA→GAS変換ツールをリリースしていたようです。

2021年2月25日現在、このツールを使えるのは”Google Workspace Enterprise Plus”など一部の有料プラン契約者だけみたいですね(Enterpriseだから企業だけかな?)。今後、この変換ツールをより多くの人が利用できるようになったら、Chromebook需要がさらに高まりそう。

ふーん。

ところで、ChromebookでMicrosoft Officeは使えないの?

WordやExcel、PowerPointとかは。

ChromebookでMicrosoft Officeを使うことは、一応可能です。

しかし機能が制限されたり、使用に条件があったりと…ぶっちゃけ使いづらいので、私は使っていません。その辺りについても、くわしく見ていきましょう。

ChromebookはMicrosoft Officeを使えない?

ChromebookでMicrosoft Officeを使うことは、可能です。
具体的な方法は、下記のとおり(2021年2月25日現在)。

  1. Office Onlineを使う
  2. Androidアプリ版をインストールする
  3. その他

順に見ていきましょう。

2021年8月28日 追記

米国時間2021年9月18日以降、Chromebookで「Androidアプリ版Office」を利用できなくなるとの情報があります。

手元のChromebookで「Androidアプリ版Word」の使用を試みたところ、下図のメッセージが表示されました。

Office.comへの移行を促すメッセージ

Microsoftは、Chromebookユーザーに Office.com への移行を促しています。

8月28日現在は「今はしない」の選択肢があるため、「Androidアプリ版Word」の利用は一応できそうです。しかし今後、Chromebookで「Androidアプリ版Office」を利用できなくなる可能性は高いと思われます。

当ページでは、ChromebookでMicrosoft Officeを使う方法として「Androidアプリ版Microsoft Officeの使用」を挙げています。しかしこれは、すでに古い情報となりました。

恐れ入りますが今後は、「Androidアプリ版Office」ではMicrosoft Officeを使えないものと理解して、当ページをお読みください。

1. Office Onlineを使う

Microsoft OfficeのサービスであるOffice Onlineを使えば、ChromebookでもWordやExcelを利用できます。

Office Onlineの特徴は、クラウド上で操作を行う点。
クラウド利用が前提のChromebookとは、相性がいいですね。

さらにOffice Onlineは、Microsoftアカウントがあれば無料で利用できます。気軽に使いたい人に向いている使い方だと思います。

Office Onlineのデメリットは、通常版(デスクトップ版・インストール版)のMicrosoft Officeと比べて、機能が制限されている点です。具体例は、下記のとおり。

  • Word Onlineでは、図形の挿入ができない
  • Excel Onlineでは、条件付き書式の機能を使えない など

通常版のMicrosoft Officeの機能を当たり前だと思っていると、Office Onlineに不満を覚えてしまうかもしれません。

良くも悪くも、Office Onlineはライトユーザー向けですね。

2. Androidアプリ版をインストールする

Chromebook本体に「Androidアプリ版Word」などをインストールすれば、ChromebookでMicrosoft Officeを利用できます。

最近のChromebookは、Androidアプリをインストールして使用することができます。先ほど私は、

一部の例外を除いて、Chromebook本体にアプリやソフトをインストールすることは、ありません。

と説明しました。
Androidアプリは、まさに数少ない例外の一つです。

ただし、Androidアプリ版のMicrosoft Officeを使う際には、いくつか条件があります。

詳しくは下記のページをご覧ください。
ChromebookでPowerPointを使うための条件に触れながら、PowerPointをChromebookで動かしたときの挙動も検証しています。

3. その他

他にも、

  • Chrome リモート デスクトップ
  • Wine
  • Parallels

などを活用して、Microsoft Ofiiceを動かす方法もあります。

Chrome リモート デスクトップは、ChromebookでWindowsパソコンを遠隔操作するためのChrome拡張機能です。遠隔操作なので、ハッカーの気分を味わえますよ。笑

Chrome リモート デスクトップについて詳しくは、【力技】ChromebookでExcelマクロを使う方法【代案あり】で触れています。

またWineは、Windows以外のOSでWindows用アプリを動かすためのソフト。

最後のParallelsは、Google社とParallels社がタッグを組んで、Chromebook上でWindowsを動かせるようにする取り組みです。

こうしてみると、ChromebookでMicrosoft Officeを利用する手段は、わりと用意されているんですね。

ただWineとParallelsについては…すみません、詳細は分からないです。m(_ _)m

LinuxやEnterpriseが関係するらしいのですが…私自身使ったことがありません。ここでは「できるらしいよ」とお伝えするに留めておきます。

以上のように、ChromebookでMicrosoft Officeを使うこと自体は可能です。

ただ個人的には、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなど、Google系サービスの利用をおすすめします。繰り返しになりますが、やはり「Chromebook × Google系サービス」の親和性は、抜群なので(それに無料だし)。

おまけ:ファイル形式を変換する

最後に一つだけ補足を。

GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシート、Googleスライドで作成したファイルは、Word(.docx)やExcel(.xlsx)、PowerPoint(.pptx)形式に変換できます。

GoogleドキュメントをWord(.docx)形式でダウンロードする
Word(.docx)形式でダウンロード
GoogleスプレッドシートをExcel(.xlsx)形式でダウンロードする
Excel(.xlsx)形式でダウンロード
GoogleスライドをPowerPoint(.pptx)形式でダウンロードする
PowerPoint(.pptx)形式でダウンロード

上図のとおり。
たとえば「Chromebookで作ったGoogleドキュメントファイルをWord形式に変換し、会社用メールに送信する」といった使い方ができますね。

反対に、Word(.docx)やExcel(.xlsx)、PowerPoint(.pptx)形式のファイルを、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシート、Googleスライドで開いて編集することも可能です。

ただし「ExcelにあってGoogleスプレッドシートにない機能」など、一部の機能については正常に動作しない場合もあります。ご注意ください。

「Chromebookはofficeを使えない」は間違い

長くなってしまいましたね。
ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 「office」はビジネス支援ツールの総称。
  • WordやExcelといった「Microsoft Office」は、数あるofficeツールの一つい。
  • Chromebookで使えるofficeツールは、「オンラインで操作できるもの」と考えるとよい。
  • ChromebookでMicrosoft Officeを使う方法
    • Office Online
    • Androidアプリ版Microsoft Office
    • その他、Chrome拡張機能など
  • Chromebookでofficeツールを使うなら、Google系サービスが使いやすい

「officeとは何か?」の基本から、詳しい話まできけたね!

基本にもどって、丁寧に確認してきました。
参考になりましたら幸いです。

Chromebook購入にあたっては「Microsoft Officeを使えるか?」が1つのポイントになると思います。

Chromebookを買おうかお悩みの方は、購入後の自分の姿をイメージしながら、

officeツールで何をしたいのか?
本当に「Microsoft Office」じゃないといけないのか?

などを、紙に書き出して整理してみましょう。常識を疑って考えてみると、意外な選択肢が出てきて面白いですよ。

それでは今回はこの辺で。m(_ _)ノシ

タイトルとURLをコピーしました