【Chromebook】PINコード設定の手順と注意点

へー、ChromebookってPINを設定できるんだ
ラクそうだから設定しておきたいな
ChromebookにPINを設定する方法を知りたい!

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookの「パスワード」と「PIN」について
  • PINコードの設定手順
  • ChromebookでPINを利用する際の注意点
スポンサーリンク

ChromebookにPINコードを設定する

ChromebookにPINコードを設定しましょう。
ロック解除の手間が減り、セキュリティを高められます。

Chromebookの「パスワード」と「PIN」

ChromebookのパスワードとPINについて、一度おさらいしましょう。

初期状態では、ChromebookにPINは設定されていません。画面ロック解除のためには、パスワードを入力する必要があります。

このパスワードとは、Googleアカウントのパスワードを指しています。

いまやGoogleアカウントは、個人情報のカタマリ。Googleアカウントが他人の手に渡るだけで、あなたの「あんなこと」や「こんなこと」まで分かってしまいます。

そんな大切なGoogleアカウントだからこそ、パスワードはなるべく強力にしたいですよね。なかには、ランダム生成された英数記号を、Googleアカウントのパスワードにしている人もいるかもしれません。

Googleアカウントのパスワードを複雑にするほど、Chromebookの画面ロック解除にかかる手間は増えてしまいます。そんな時、ここで紹介するPINコード設定が便利なんです。

PINは、”Personal Identification Number”の略。つまり、暗証番号ですね。
番号なので、数字だけで構成されています。

このPINは、デバイスごとに紐付けられます。
なので、仮にPINコードが第三者にバレてしまっても大丈夫。第三者は別のデバイスから、PINコードが漏れたデバイスにアクセスできないのです(もちろん、そのデバイスを使えば侵入されてしまいますよ!)。

PINは数字だけなのに、なんでセキュリティが高まるの?

と不思議かもしれませんが、パスワード入力の機会を減らすことで、パスワードの流出を予防しているんですね。

ということで、日々の不便を解消し、セキュリティを高めるため、実際にChromebookにPINコードを設定していきましょう。

ChromebookにPINコードを設定する手順

ChromebookでPINコードを設定する手順は、下記のとおり。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 「設定(歯車アイコン)」をクリック
  3. 「ユーザー」→「画面ロック」をクリック
  4. Googleアカウントのパスワードを入力
  5. 「PIN またはパスワード」にチェックを入れて「PINを設定」をクリック
  6. PINを入力(2回)
ChromebookのPINコード設定箇所

さらに「PINを入力して自動的にロックを解除する」を有効にすると、PINコードを入力した後にenterキーを押す手間も省けます。

PINコード設定ページの自動ロック解除スイッチ

有効にしておけばスッと作業を再開できるので、便利ですよ。

ただ、注意点もあります。
「PINを入力して自動的にロックを解除する」を有効にすると、入力画面でPINのケタ数が分かってしまうんです。

自動ロック解除スイッチがオンの場合のロック解除画面

上図のとおり。
私のPINコードが8ケタと、バレてしまいましたね。。

「PINを入力して自動的にロックを解除する」が無効であれば、他人にPINのケタ数が知られることはありません。

自動ロック解除スイッチがオフの場合のロック解除画面

無効にしている場合の画面。
有効の場合と、ビミョーに表示が違います。

細かな点ですが、セキュリティを重視する人は気をつけてください。

PINコードを変更したいときは、先ほどと同じ設定ページに行って「PINを変更」をクリックすればオッケーです。

ChromebookのPINコード変更箇所

PINコードを活用して、安全かつ快適にChromebookを使いましょう。

Chromebookに設定したPINコードはログインにも使える?

設定したPINコード。
画面ロックの解除に使えるものの、起動時のログインにも使えるとは限りません。

そもそも画面ロックとは、Chromebookがスリープした後にかかるロック機能のこと。PINが活躍する場面は、スリープ復帰時がメインになります。

画面をロックする前にロック解除用の PIN を作成できます。(中略)一部の Chromebook では、パスワードの代わりに PIN を使用してログインすることもできます。

画面をロックする、またはロックを解除する – Chromebook ヘルプ より引用

上記は、Google公式のChromebookヘルプページの引用です。

Googleさん自ら、「ロック解除」と「ログイン」の言葉を使い分けていますね。ここから、起動時のログインにPINを利用できるのは、限られた一部のChromebookのみだと推測されます。

「画面ロック解除」も「ログイン」も同じだと思ってしまいますよね…ややこしい(-_-;)

起動時のログインに、PINを利用できる機種・できない機種があるんですね。

ちなみに、私が使用しているLenovo Chromebook S330は、起動時ログインにPINを使えませんでした。PINが働くのは、画面ロック解除時だけです。

Lenovo Chromebook S330で起動時ログインにPINを入力すると、次のエラーメッセージが表示されます。

Lenovo Chromebook S330の起動時ログイン画面でPIN入力をした場合
Lenovo Chromebook S330の起動時ログイン画面でPIN入力をした場合その2

ここで懲りずに何度もPINを入力し、間違えつづけると、Chromebookさんに

君、ホントに本人かい?

と、疑われます。
そして、Googleアカウントへの再ログインおよび二段階認証を求められます。

Chromebookさんを怒らせないようにしましょう。

またQ&Aサイト・教えて!goo には、次の記述がありました。

機種の違いかOSバージョンの違いか判りませんが違いがあるのかもしれませんね、(中略)

起動時も、スリープから復帰時も同じパスワードかPINのどちらかを求める画面でPINでもロック解除できます。

機種はASUSのChromebook C101PAです。

chromebookのパスワード入力 | 教えて!goo より引用

この情報によれば、ASUSのChromebook C101PAは、起動時にPINでログインできるみたいですね。裏山。

起動時のログインについては、PIN入力に非対応のChromebookもあることに注意しましょう。

PINコードを設定してChromebookを活用しよう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • Chromebookは「パスワード」や「PIN」で保護される
  • PINを設定すれば、安全性が高まり時短になる
  • Chromebookには、「画面ロック解除」だけにPINを使える機種と、「画面ロック解除・起動時ログイン」の両方にPINを使える機種がある

個人的には、使用中のChromebookで「起動時のログイン」にPINを利用できなくて残念でした。けれど「スリープからの復帰」でスムーズに作業に戻れるようになるので、やっぱり設定しておくと便利ですね。(-人- )

なお、Chromebook作業の生産性を高めるには、

  • 外付けキーボード
  • 外付けディスプレイ

これら外付け機器の活用も効果的です。

以下の記事では、私が使用しているキーボード・ディスプレイの魅力に触れています。
あわせてチェックして、Chromebookのポテンシャルをさらに引き出してください。

それでは、楽しいChromebookライフを!

タイトルとURLをコピーしました