【Chromebook】Powerwash実行前にお読みください。

Chromebookに不具合が生じた。Powerwashすると良いらしいけど、実行しても大丈夫かな?ChromebookでPowerwashを行う際の注意点を知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ChromebookのPowerwashとは
  • Chromebookが気軽にPowerwashできる理由
  • Powerwash実行前にチェックしたい項目
  • Powerwashの手順

この記事を書いている私は、Chromebookを400日以上使っています。

Chromebookを使っていると、不具合に悩まされる場面にも遭遇します。中には、どれだけ再起動しても解決しない、深刻な不具合にぶつかることも。

そんなときに有効な対処法が、Powerwashです。

このページでは、ChromebookのPowerwashについて触れています。

Powerwashとは何なのか?
どんな点に注意すれば良いのか?

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないために、このページに目を通してから、Powerwashを行いましょう。

スポンサーリンク

ChromebookのPowerwashとは?

そもそも、Powerwashとは何なのでしょうか?

Googleの公式ページでは、Powerwashの用語について明確に定義はされていません。ですが、どうやら初期状態にリセットする操作を指すみたいです。

Chromebook を初期状態にリセットして、再び新品のように動作させることができます。

Chromebook を初期状態にリセットする – Chromebook ヘルプより引用

上記は、Powerwashについて言及されているChromebookヘルプページ(日本語版)からの引用です。同ページの英語版は、下記のとおり。

You can make your Chromebook run like new again by doing a factory reset.

Reset your Chromebook to factory settings – Chromebook Helpより引用

上記のとおり。
factory reset と書かれていますね。

初期状態、つまり工場出荷時の状態に戻すことを、ChromebookではPowerwashと呼んでいるようです。

Powerwashが必要な場面

では、どんなシーンでPowerwashが必要になるのでしょうか?想定されるケースは、下記のとおり。

  • Chromebookに不具合が生じる
  • チャンネルをStableまたはBetaに切り替える
  • Chromebookの使用をやめて処分する
  • なんとなく気分を一新したい

こんな感じ。

一番多いのは、不具合を解決するためだと思います。

Chromebook、最近なんか調子悪いなぁ…

こんなときにPowerwashを実行すると、問題が改善する場合があります。

実際に私も、Powerwashで不具合が直った経験があります。他方、Powerwashでは問題が解決しなかったことも。Powerwashだけで解決しなかった不具合については、Chromebookの画面が真っ暗に…【電源つかない?】をご覧ください。試行錯誤の結果、なんとか修復に成功しました。

不具合に悩まされているときは、Powerwashを検討しましょう。

Chromebook、Powerwashのスゴ味

「工場出荷状態にもどす」なんて聞くと、なんだか身構えてしまいますよね。

Powerwashは、日常的に行う操作ではありません。
なので、その「身構える意識」を持つことは、大切だと思います。

しかしChromebookは、他のOSと比べると、気軽に工場出荷時にもどしやすいパソコンです。その要因は、Chromebookがクラウドを活用したパソコンだから。

Chromebookでは、データは基本的にクラウド上に保存します。なので、ローカル(パソコン本体)のデータや設定が、他OSと比べて少ないんですね。

Powerwashで初期状態にもどしても、再設定する項目が少なくて楽チン、というわけです。

とはいえ、Powerwashで何もかも元通りになるわけではありません。実際にPowerwashを実行する前に、次の項目をチェックしましょう。

Powerwash実行前のチェック項目
  • Chromebook本体の保存データ
  • Chromebook本体の設定
  • Chrome拡張機能やインストール済みアプリの設定
  • ユーザー辞書データ

順に見ていきます。

Chromebook本体の保存データ

Powerwashにより、Chromebook本体に保存されているデータは消去されます。

必要なデータは、クラウドストレージUSBメモリなどにバックアップしておきましょう。

Chromebook本体の設定

Chromebookの本体設定も、リセットされることがあります。

Powerwash後にスムーズに再設定できるよう、現在の本体設定はどんな感じになっているか、ザッと確認しておきましょう。

ここで「Chromebook本体の設定」とは、

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 設定(歯車アイコン)をクリック

上記で表示される設定項目です。

Chrome拡張機能やインストール済みアプリの設定

Chrome拡張機能やAndroidアプリの個別設定も、リセットされる場合があります。

こちらも事前に設定項目をチェックしておくと、後がラクです。

ユーザー辞書データ

日本語入力のユーザー辞書を活用している人は、辞書データのバックアップ(エクスポート)を行いましょう。

Powerwashによって、ユーザー辞書に登録した単語のデータは消えてしまいます。

あらかじめクラウドストレージなどに、バックアップファイルをエクスポートしておきましょう。後でそのファイルをインポートすれば、辞書データは復活します。

この画面でエクスポートを行う

上図の「エクスポート」をクリックすると、辞書データのファイルをエクスポートできます。

以上のチェックを終えたら、いざPowerwash!
ですがその前に、Powerwash後の流れも把握しておきましょう。

ChromebookでPowerwashを実行した後の流れ

ChromebookをPowerwashすると、初期設定画面が表示されます。ネットワーク設定やアカウントログインなど、初期設定を進めてください。

この時、最初にログインしたユーザーアカウントが、メインのユーザーアカウント(所有者アカウント)になります。複数アカウントを使い分けてChromebookを使用している人は、注意しましょう。

初期設定が完了すると、いつものデスクトップ画面が表示されます。

5〜10分ほど待っている間に、以前使っていたAndroidアプリが自動的にインストールされます。シェルフに設置していたショートカットも、以前の状態に元どおり。恐るべき技術ですね…。

一通り初期セットアップが完了したら、次の設定もしてしまいましょう。

Powerwash実行後の作業
  • Chromebook本体設定
  • Chrome拡張機能やアプリの設定
  • ユーザー辞書データのインポート
  • クラウドサービスへの再ログイン

Chromebook本体設定

先述したとおり、PowerwashでChromebookの本体設定はリセットされます。

優先的に接続するWi-Fiネットワークや、ディスプレイのスリープ設定など、使いやすいようにカスタマイズし直しましょう。

Chrome拡張機能やアプリの設定

Chrome拡張機能やAndroidアプリなど、個別の設定も見直しましょう。

私の例でいうと、「uAutoPagerize」というChrome拡張機能に関して、ホワイトリスト(除外リスト)がPowerwashによって消えてしまいます。なので、Powerwash実行後はいつも、uAutoPagerizeのホワイトリストを再入力しています。

ユーザー辞書データのインポート

日本語入力のユーザー辞書データを、Chromebookにインポートしましょう。以前に登録した単語を、再び使用できるようになります。

この画面でインポートを行う

上図のページの「インポート」をクリックすると、ファイル選択ウィンドウが開きます。あらかじめエクスポートしておいた、辞書データのファイルを選択してインポートしてください。

クラウドサービスへの再ログイン

利用中のクラウドサービスからは、ログアウトした状態になっているかと思います。サービス利用時は、IDやパスワードなどを入力してログインしてください。

Powerwash実行後の流れは、こんな感じです。
他OSと比べると、圧倒的にラクですね。

では最後に、Powerwash実行手順について。

ChromebookでPowerwashを実行する

Powerwash実行手順
  1. Chromebookからログアウトする(ctrl + shift + Q を2回入力)
  2. ctrl + alt + shift + R を長押し
  3. 「再起動」をクリック
  4. Chromebookが再起動します。「Powerwash」をクリック

上記のとおり。

不安でしたら、Google公式のChromebookヘルプページに沿って、一つずつ確認しながらPowerwashを行ってください。

復旧作業中は、イライラが募ると思います。
深呼吸しながら、落ち着いて、作業を進めてくださいね。

あなたのChromebookが再び快適に使えるよう、心から祈っています。

タイトルとURLをコピーしました