【Chromebook】画面録画のやり方を静止画でムダに詳しく解説

2021年3月のOSアップデートでは、Chromebookに様々な機能が追加されました。

その一つが、画面録画です。
Chromebookの画面を、スクショ感覚でカンタンに録画できるようになりましたね。

このページでは、Chromebookの画面録画の方法について見ていきます。

スポンサーリンク

Chromebookの画面を録画する方法・手順

Chromebookで画面を録画する手順は、下記のとおり。

Chromebook画面録画の手順
  1. ctrl + shift + F5
  2. ビデオカメラのアイコンをクリック
  3. 撮影領域を選択
  4. 任意の場所をクリックして、撮影開始
  5. 停止ボタンをクリックして、撮影終了

少しだけ補足します。

ctrl + shift + F5

F5キーは、数字の「6」の上に位置しています。
□|| ←こんなアイコンのキーです。

ChromebookのF5(概要)キー

上図のとおり。

ctrl + shift + F5 を押すと、画面下に次のバーが表示されます。

Chromebookのキャプチャバー

画面録画をするときは、バー左側のスイッチを、「カメラ」から「ビデオカメラ」に切り替えましょう。

キャプチャバーの「カメラ⇔ビデオカメラ」スイッチ

ちなみに、ここで「カメラ」のまま操作を進めると、画面の静止画を撮影できます(いわゆるスクリーンショット)。

撮影領域の選択

次に、撮影領域を選びましょう。
バー中央の、3種類の四角アイコンから選びます。

キャプチャバーの撮影領域アイコン

3種類の四角アイコンは、左から順に「全画面」「一部分」「ウィンドウ」の撮影領域を表しています。

  • 「全画面」は、Chromebookの画面全体を撮影。
  • 「一部分」は、画面の中の一部を切り取って撮影。マウスドラッグで、画面の好きな範囲を切り取って撮影可能。
  • 「ウィンドウ」は、Chromeブラウザやアプリのウィンドウ画面だけを撮影。

たとえば「ウィンドウ」の撮影領域を選べば、シェルフを写さずにすみますね。

こんな機能も

バー右側の「歯車アイコン」をクリックすれば、音声の録音も可能です。

キャプチャバーの音声録音設定

音声は、Chromebookのマイクが拾います。
Chromebookに話しかけながら、画面を録画しましょう。

撮影開始

いよいよ撮影開始です。
先ほどの「3種類の撮影領域」によって、開始方法がビミョーに違います。

  • 「全画面」を選んだ場合は、画面の好きな場所をクリックすれば撮影がスタート。
  • 「一部分」では、選択した撮影範囲内をクリックすると撮影スタート。
  • 「ウィンドウ」は、撮影したいウィンドウ内をクリックすれば撮影スタート。

上記のとおり。
とりあえず「撮影したい場所をクリックすれば、撮影が始まる」と覚えておきましょう。

クリックすると、3秒間のカウントダウンの後、撮影が始まります。

撮影終了

撮影を終了するには、シェルフの停止ボタンをクリックします。

Chromebookシェルフの録画停止ボタン

これですね。

以上で、録画完了です。お疲れさまでした。m(_ _)m

録画を終えると、「Screen recording 2021-△△-△△ ××.××.××」のファイル名で、自動的に動画ファイルが保存されます。

ファイル形式は「.webm」。
ファイルの保存先は、「マイファイル > ダウンロード」かと思います。

なお、撮影した動画ファイルは、トートの「画面キャプチャ」から素早くアクセスできます。

Chromebookトートの画面キャプチャスペース

Chromebookのトート機能について詳しくは、【四次元トート】Chromebookのトートとは?活用法を模索するをご覧ください。賛否両論あるトート機能ですが、私は便利だと思ってますよ。

Chromebookの画面録画を活用しよう

こんなにサクッと画面を録画できるようになるとは…
Chromebook、ひいてはテクノロジーの進歩には驚かされますね。

ブログやTwitterで情報発信するとき、文字・静止画だけよりも、動画を使えばすんなり伝わることがあります。

このページでも動画を使いたかったのですが…
「『画面録画の操作』を録画する」ことができなかったので、静止画での説明となってしまいました。わかりにくかったら、すみません。m(_ _)m

読者・視聴者に配慮して、わかりやすく伝える工夫をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました