【悲報】Chromebookはスリープまでの時間を調整できません

Chromebookにも慣れてきた。Chromebookがスリープするまでの時間を変えたいんだけど…できないの?Chromebookのスリープ関連で、オススメの設定を知りたいな。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookをすぐにスリープする方法
  • Chromebookをスリープ「させない」方法
スポンサーリンク

Chromebookはスリープまでの時間を設定できない

残念ながらChromebookには、スリープまでの時間を調整する設定項目がありません(2021年3月12日現在)。

Chromebookのスリープまわりの設定項目は、下図のとおり。

Chromebookのスリープ設定ページ

「アイドル状態のとき」「ディスプレイを閉じたとき」に関する設定項目はあるものの、「時間」の項目はありませんね。。

それじゃあ、どのくらい時間が経ったらスリープするの?

Google公式のChromebookヘルプページに、次の記述があります。

電源に接続している場合: 8 分後に画面がオフになり、30 分後に Chromebook がスリープ状態になります。
電源に接続されていない場合: 6 分後に画面がオフになり、10 分後に Chromebook がスリープ状態になります。

画面をロックする、またはロックを解除する – Chromebook ヘルプ より引用

10分または30分、Chromebookを放置するとスリープモードに入るようです。

実際にストップウォッチで計測したところ、画面がオフになったのは、電源につないでいない状態で放置してから9分45秒後でした(スリープモードに入るタイミングは不明)。

繰り返しになりますが、Chromebookにはスリープまでの時間を調整する機能がありません。ちょっと残念ですね。

そっかー

思い立ったらすぐにスリープさせたいんだけどな…

Chromebookを直ちにスリープにする方法なら、あります。
2通りありまして、下記のとおりです。

  1. キーボード・ショートカット
  2. ディスプレイを閉じる

順に見ていきます。

1. キーボード・ショートカット

次のキーボード・ショートカットで、Chromebookをスリープにできます。

shift + Everything Button + L

Chromebookスリープのキーボード・ショートカット

Everything Button とは、虫眼鏡アイコンの検索キーのこと。

Chromebook の Everything Button 。いわゆる検索キー

これですね。
機種によっては虫眼鏡アイコンではなく、丸アイコン(ランチャーマーク)が印字されているかもしれません。

なおChromebookのキーボード・ショートカット一覧は「ctrl + alt + /」を入力すれば、カンタンに確認できますよ。

さらに、スリープ中に画面ロックをかけたい人は、次の設定もしておきましょう。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 「設定(歯車アイコン)」をクリック
  3. 「ユーザー」の「画面ロック」をクリック
  4. Googleアカウントのパスワードを入力
  5. 「スリープから復帰するときにロック画面を表示する」をオンにする

ふとスリープしたいとき、shift + Everything Button + L のショートカットは便利ですね。

ただ、このやり方では、ロック中の画面にアカウント名が表示されてしまいます。カフェでちょっと席を立つ間に、自分のGoogleアカウントが周りに漏れるのは…イヤですよね。

Chromebookをすぐにスリープしたいときは、次の「ディスプレイを閉じる」方法が確実かなと思います。

2. ディスプレイを閉じる

ディスプレイ(天板)を閉じれば、Chromebookをスリープ状態にできます。

え?

閉じてもスリープにならないよ?

ディスプレイを閉じてもChromebookがスリープしない場合は、次の手順で設定しましょう。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 「設定(歯車アイコン)」をクリック
  3. 「デバイス」の「電源」をクリック
  4. 「ディスプレイを閉じたときにスリープ状態にする」をオンにする

これなら周りにGoogleアカウントもバレないので、安心です。

外でChromebookをスリープしたいときは、ディスプレイを閉じるようにしましょう。

Chromebookをスリープさせない方法

うーん…

実は、Chromebookをスリープさせたくない時もあるんだよね。ずっと画面をつけたままにするには、特殊なアプリとか必要なのかな?

Chromebookをスリープさせたくない時は、Chromebookの本体設定を変更すればオッケーです。拡張機能などを入れる必要はありません。

Chromebookをスリープさせない設定手順は、下記のとおり。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 「設定(歯車アイコン)」をクリック
  3. 「デバイス」の「電源」をクリック
  4. 「アイドル状態のとき」の項目を「画面をオフにする」または「画面をオンのままにする」に変更する

「画面をオンのままにする」に変えれば、ずっと画面をつけた状態にできるんだね!

ところで、「画面をオフにする」の存在意義ってなに?スリープモードと変わらないと思うんだけど…

たしかに「スリープモード」「画面オフ」も、ほとんど同じですよね。

1年以上Chromebookを使ってきて、「スリープモード」と「画面オフ」には次の違いがあるかなと思います。

  • 画面オフの方が、バッテリー消耗が激しい
  • スリープモードにすると、一時的にWi-Fiが切れる
  • スリープモードにすると、「コイル鳴き」が発生する(レアケース?)

スリープモードでのバッテリーの減り具合を、簡単に検証しました。

8時55分にバッテリー残量100%の状態から、スリープモードでしばらく放置。13時05分のバッテリー残量は、97%になりました。4時間15分で、3%減。バッテリー消費量は、1時間あたり1%未満(およそ0.7%)ですね。

400日以上、毎日酷使しつづけたChromebookでこの結果です。もっとバッテリーを消耗すると思ったのですが、Chromebookのスリープモードは優秀ですね。

最後の「コイル鳴き」についても補足。
「コイル鳴き」とは、パソコンなどの電子機器が発する甲高いノイズです。

私は Lenovo Chromebook S330 を愛用しています。使いやすくて満足しているのですが、購入直後から キーーーン という「コイル鳴き」に、ずっと悩まされています。

具体的には、画面が暗くなってWi-Fiが切れる(つまり、スリープモードになる)と、キーーーン が始まります。

Lenovo Chromebook S330 の問題か、あるいは購入した製品の当たりが悪かったのかは、分かりません。現実問題として「コイル鳴き」がツライので、「スリープモード」ではなく、「画面オフ」に設定することで対処しています。

レアケースかもしれませんが「画面をオフにする」の設定項目は、個人的にありがたいです。(-人- )

へー

「スリープモード」と「画面オフ」には、ビミョーに違いがあるんだね。Chromebookが使いやすくなるように、これから少しずつ設定してみるよ!

「時間」以外の、Chromebookでできるスリープ設定をしよう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • Chromebookはスリープするまでの時間を設定できない
  • Chromebookをすぐにスリープする方法
    • shift + Everything Button + L
    • ディスプレイを閉じる
  • Chromebookの本体設定からスリープ「させない」こともできる

Chromebookに慣れてきたら、少しずつ細かな設定にも意識が向くようになります。

スリープ設定でバッテリーやセキュリティの不安を取り除き、Chromebookの作業に集中できる環境を整えましょう。

タイトルとURLをコピーしました