【一発】Chromebookタスクマネージャー起動のショートカットキー

Chromebookが重い…Windows PCにはタスクマネージャーがあったけど、Chromebookにはないのかな?Chromebookでタスクマネージャーを表示する方法を知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookのタスクマネージャーを一発で表示するショートカットキー
  • Chromebookのタスクマネージャーの表示項目
  • その他の関連するショートカットキー

Chromebookでタスクマネージャーを起動する方法

Chromebookのタスクマネージャーを起動するショートカットキーは、Everything Button + esc です。

Everything Button は、虫眼鏡マークの検索キー/ランチャーキーの正式名称です。

Chromebookタスクマネージャーのショートカットキー

カンタンですね。

他にも、ブラウザの設定画面からタスクマネージャーを起動する方法もあります。

  1. Chromeブラウザを起動
  2. 右上の「︙(縦の点3つ)」(Google Chromeの設定)をクリック
  3. 「その他のツール(L)」→「タスク マネージャ(T)」をクリック
Chromeブラウザからタスクマネージャーを起動する手順

上記のとおり。
しかしやはり、Everything Button + esc の方がラクですね。

Chromebookのタスクマネージャーでは、下記の5項目を確認できます。

  • タスク
  • メモリ使用量
  • CPU
  • ネットワーク
  • プロセスID

タスクマネージャーウィンドウでは、上の5項目それぞれで、プロセスを昇順または降順に並び替えられます。もちろんWindowsのタスクマネージャーと同じように、実行中のプロセスを終了することも可能です。

Chromebookのタスクマネージャーウィンドウ

Chromebookの動作が重いなぁ…

と感じたら、タスクマネージャーを立ち上げて、どのプロセスが多くのリソースを消費しているかチェックしましょう。

Chromebookの動作が重いときは、下記のページも参考になるかと思います。スペック抑えめのChromebookを日常的に使用している私の視点から、限られたリソースを有効活用する方法をご紹介しています。

まずは Everything Button + esc で、タスクマネージャーを立ち上げるところから始めましょう。

Chromebookのタスクマネージャーを活用しよう

繰り返しになりますが、Chromebookでタスクマネージャーを起動する際は Everything Button + esc のショートカットキーが便利です。

Google Chrome は重いブラウザだと言われることがあります。Chromebookの魅力である「軽さ」を生かすため、タスクマネージャーを有効活用していきましょう。

うーん…
やっぱり、もう少し快適に操作したいな

という人は、【厳選】8GBメモリのおすすめChromebook3選をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました