【Chromebookで右クリック】タッチパッド完全ガイド

Chromebookで右クリックできない。
マウスがないと右クリックできないの?
…それとも不良品?(泣)

Chromebookのタッチパッドで右クリックする方法は、下記のどちらかです。

  • 二本指タップ
  • alt + タップ

ただ、この2つのやり方のうち、個人的にオススメなのは断然「二本指タップ」です。その理由は、alt + タップだと両手を使わなければならないから。

「小指で alt を押さえながら親指でタッチパッドをタップ」もできなくはないですが…指がつりますよね(苦笑)。二本指タップなら、片手で自然にポンッとできます。

Chromebookの右クリックは、二本指タップで行うクセをつけましょう。

このようにChromebookには、独特なタッチパッド・ジェスチャーが数多く存在します。そして、それらのジェスチャーを使いこなすには、何よりも知っていることが最重要です。

どれも直感的でカンタンなので、知らないとそれだけでソンですよ。ここで右クリック以外のタッチパッド・ジェスチャーも覚えてしまい、Chromebookの作業効率を向上させましょう。

Chromebook使用歴400日以上の筆者が、便利なタッチパッド・ジェスチャーを厳選してご紹介します。

このページの内容
  • Chromebookタッチパッドのジェスチャー
  • Chromebookタッチパッドの詳細設定
スポンサーリンク

Chromebook右クリック以外のタッチパッド・ジェスチャー

Chromebookのタッチパッドをマスターしましょう。
Chromebookの便利なジェスチャーを、厳選してご紹介します。

  • 履歴の前のページに戻る
  • 履歴の次のページに進む
  • すべてのウィンドウを表示する
  • 新しいタブ「で」開く
  • タブを閉じる
  • タブを切り替える

順に見ていきます。

履歴の前のページに戻る

履歴の前のページに戻りたいときは、2本指で左にスワイプしましょう。

タッチパッドの代わりに、キーボードの戻るキーを使っても良いですね。

タッチパッドでもキーボードでも、ブラウザ左上の「戻るボタン」までカーソルを持っていく必要がないので、時短になってありがたいです。

履歴の次のページに進む

履歴の次のページに進む場合は、2本指で右にスワイプします。「戻る」の反対ですね。

同様にキーボードの進むキーでも、次のページに進みます。

すべてのウィンドウを表示する

開いているすべてのウィンドウを一覧表示したいときは、3本指で上にスワイプします。

Chromebookのタッチパッドで概要モードを表示する

このジェスチャーをすると、「概要モード」と呼ばれる俯瞰画面が表示されます(下図)。ウィンドウをたくさん開いているとき、目的のウィンドウに一発でたどりつけて便利です。

Chromebookの概要モード

また、キーボードのウィンドウ表示キーでも、同様のアクションになります。

新しいタブ「で」開く

リンク先を新しいタブで開きたいときは、リンクを3本指でタップします。

「リンクを右クリック → ”新しいChromeタブでリンクを開く”を選択する」という手間がなくなるので、便利ですね。

タブを閉じる

タブを閉じたいときは、閉じたいタブにカーソルを合わせて3本指でタップします。

こちらのジェスチャーもキーボード・ショートカットが用意されており、 ctrl + w でタブを閉じることができます。

個人的には、左手でササッとできる ctrl + w を多用しています。
3本指タップだと、カーソルをブラウザ左上のタブまで持っていかなければならず、面倒なので。

タブ切り替え:3本指で左右にスワイプ

タブを切り替えたいときは、3本指で左右にスワイプします。

これ、タブを開きまくる私には非常にありがたい機能です。(^_^)
スワイプ中にタブがほのかに光る点も、直感的でわかりやすいですね。

以上のジェスチャーをまとめます。

履歴の前のページに戻る2本指で左にスワイプ戻るキー
履歴の次のページに進む2本指で右にスワイプ進むキー
すべてのウィンドウを表示する3本指で上にスワイプすべてのウィンドウを表示キー
新しいタブ「で」開くリンクを3本指でタップ
タブを閉じるタブを3本指でタップctrl + w
タブを切り替える3本指で左右にスワイプ

ぜひ、日々の作業に取り入れてみてください。

つづいて、タッチパッドの設定項目をチェックしましょう。タッチパッドの設定をカスタマイズすることで、Chromebookがさらに使いやすくなります。

Chromebookタッチパッド|設定編

ここからは、タッチパッドの設定について見ていきます。
タッチパッドの設定を変更する手順や無効化の方法、タッチパッドが反応しない場合などをチェックしましょう。

タッチパッドの設定を変更する

タッチパッド設定の変更手順は、下記のとおりです。

  1. シェルフの時刻付近をクリック
  2. 「設定(歯車アイコン)」をクリック
  3. 「デバイス→ マウスとタッチパッド」をクリック

設定画面のうち「クリック」「ドラッグ」「タッチパッドの速度」は、なんとなく分かりますよね。
ここではタッチパッド アクセラレーション逆スクロールについて、簡単に説明します。

タッチパッド アクセラレーション

タッチパッド アクセラレーションは、タッチパッド上を滑らせる指の速さによって、カーソルが動く距離を変化させる機能です。

タッチパッド アクセラレーションをオンにすると、指を素早く滑らせたときに、カーソルの移動距離も大きくなります。
オフのままだと、「指の速さ」と「ポインタの移動距離」は無関係です。

個人的には、タッチパッド アクセラレーションはオンにしています。より直感的な操作が可能となり、使っていて気持ちいいので。

逆スクロール

逆スクロールは、画面をスクロールする際の挙動に関する設定です。

逆スクロールがオフの状態だと、タッチパッドを2本指で下にスワイプした場合に、ページの下にスクロールします。

逆スクロールをオンにすると、タッチパッドを下にスワイプしたときに、ページの上にスクロールするようになります。さらに、左右にスワイプさせたときの挙動も、通常と逆になります。

指と画面がシンクロする感覚が気持ちいいので、私はオフで使っています。
どちらも試してみて、ご自身の感覚に合う方をお選びください。

タッチパッドを無効にする

デフォルトの設定ではタッチパッドは有効、つまり使える状態になっています。でも、

マウスで十分だから、タッチパッドは無効にしたいな

なんて思うこともありますよね。
そんなときは、次の手順でタッチパッドを無効に変更できます。

注意:下記で紹介するchrome://flags/ には、次の警告文が記載されています。

警告: 試験運用版の機能です。 これらの機能を有効にすると、ブラウザのデータが失われたり、セキュリティやプライバシーが侵害されたりする可能性があります。

Chrome Experiments より引用

タッチパッドの無効設定は、自己責任の上、行ってください。

1.chrome://flags/#ash-debug-shortcuts を開く
2.Debugging keyboard shortcuts の項目を Disabled から Enabled に変更
3.Chromebookを再起動

4.再起動後、「虫眼鏡 + shift + p」を押すとタッチパッドが無効化される。
再び有効化したい場合は、もう一度「虫眼鏡 + shift + p」を押す。

タッチパッド機能を無効にしたい方は、参考にしてください。

Chromebookのタッチパッドが反応しないとき

最後に、Chromebookのタッチパッドが動かない・反応しない際の対処法について。

  1. Chromebookを再起動する
  2. 再起動しても改善しない場合は、
    Chromebookヘルプ「タッチパッドに関する問題を解決する」を参考に、対処する

なにか不具合が起きたとしても、再起動すれば直ることが多いかなと感じます。もし再起動しても改善しなかった場合は、Google公式のChromebookヘルプページを参考に対処してください。

“右クリック”などChromebookのタッチパッドを使い倒そう

Chromebookを買った直後は、「右クリックできない!」などの戸惑いもあるかと思います。

ですが、覚えてしまえばこっちのもの。一度Chromebookの合理的な設計に慣れると、他のOSが使いにくく感じるくらいですよ。

タッチパッド・ジェスチャーをマスターして、Chromebookをバリバリ使い倒していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました