【Chromebook】ユーザー辞書で光速入力

Chromebookでユーザー辞書を使う手順を知りたい。
作業を効率化するための、ユーザー辞書の使い方のポイントってあるのかな?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • Chromebookでユーザー辞書に単語を登録する手順
  • 単語登録のコツ・活用例
  • ユーザー辞書を使う際の注意点

この記事を書いている私は、Chromebook歴1年です。

数えたところ、1年間で125個のワードをユーザー辞書に登録していました。
ちなみに、この記事を書くにあたって、またいくつか増えています。

もはやユーザー辞書なしの作業は考えられない私が、Chromebookでユーザー辞書を最大限活用するためのポイントをご紹介します。

はじめに、単語登録の手順から確認しましょう。

スポンサーリンク

Chromebookのユーザー辞書に単語登録する手順

Chromebookでは下記の7手順で、ユーザー辞書に単語登録を行います。

  1. キーボードの「虫眼鏡キー」
  2. 「設定」
  3. 「詳細設定」
  4. 「入力方法」
  5. 日本語入力欄の「矢印アイコン」
  6. 「ユーザー辞書の管理…」
  7. ユーザー辞書が開く

スクショ画像とともに、説明します。

1. 虫眼鏡キー

Chromebookの虫眼鏡キー

キーボード左側の、虫眼鏡マークのキー(検索キー・ランチャーキー)を押します。

2. 設定

アプリ一覧から、歯車アイコンの「設定」をクリック。

3. 詳細設定

詳細設定をクリックする

Chromebookの設定ウィンドウが開きます。
下にスクロールして「詳細設定」をクリック。

4. 入力方法

入力方法をクリックする

言語と入力方法の項目から「入力方法」をクリック。

5. 日本語入力欄の矢印アイコン

矢印アイコンをクリックする

日本語入力欄の右側にある、矢印アイコンをクリック。

※私のChromebookは英字キーボードなので、画像では「日本語入力(US キーボード用)」と表示されています。日本語キーボードをお使いの方は、「日本語入力(日本語キーボード用)」と表示されるかと思います。

6. ユーザー辞書の管理

日本語入力の設定画面

Chromeブラウザで「日本語入力の設定」ウィンドウが開きます。
「ユーザー辞書の管理…」をクリック。

7. ユーザー辞書

ユーザー辞書画面

お疲れさまでした。ユーザー辞書が開きました。
ここに「よみ」「単語」を登録して、ユーザー辞書を活用していきましょう。

Chromebookのユーザー辞書を活用するコツ

ユーザー辞書に単語を登録するコツをご紹介します。
「今さら聞くまでもないよ」という方も、よかったらお付き合いください。m(_ _)m

ユーザー辞書を使うとき、私は次の3点を意識しています。

  • 全角ローマ字で登録する
  • 最初にひらめいた略語を使う
  • 迷ったら複数、登録する

順に見ていきますね。

全角ローマ字で登録する

「よみ」に入力するワードは、全角ローマ字で入力しましょう。
テンポよく文章を作成できます。

例えば「Chromebook」の単語を素早く出力したいとき、「よみ」にわざわざ「くろーむぶっく」と登録する必要はありません。キーボードを12回も叩いていて、ムダが多いです。

「c」でオッケーです。
「c」→「Chromebook」と登録しておけば、「c」「スペース」「enter」の3回叩くだけで、「Chromebook」と出力できます。

極限まで時間を短縮するため、なるべく全角ローマ字で登録しましょう。

最初にひらめいた略語を使う

「よみ」に登録する略語は、直感的にひらめいた言葉を使いましょう。
スムーズに、悩むことなく文章を作成できます。

「Googleスプレッドシート」を単語登録するケースで考えましょう。

「Googleスプレッドシート」を略すとしたら、どんな風に略せるでしょうか?
「GS」「GSS」「GSP」など、様々な略語が考えられますね。

この時、直感的に、最初にひらめいた略語をユーザー辞書に登録しましょう。
最初にひらめいた略語は、後々思い出しやすいからです。

実際の登録ワードは、
 「GS」なら「gs」
 「GSS」なら「gっs」
 「GSP」なら「gsp」
上記のようになります。

あれ?
『Googleスプレッドシート』って、何てワードで登録したっけ…?

と、忘れる事態を回避できて、忘れたとしても思い出しやすい。
ユーザー辞書に登録する略語は、第一感に従いましょう。

迷ったら複数、登録する

登録する略語に迷ったら、複数登録しておきましょう。
安心して文章作成できます。

先ほどと同様、「Googleスプレッドシート」の例で考えます。

あれ?
『Googleスプレッドシート』って、何てワードで登録したっけ…?

と忘れてしまっても、複数の単語を登録しておけば安心です。

つまり「gs」「gっs」「gsp」の3つすべてを、「Googleスプレッドシート」として登録するのです。
仮に忘れてしまっても、その場でいくつも試すことができます。

「一つだけしか登録してはいけない」なんて決まりはありません。
どの略語で登録するか迷ったら、いくつも登録してしまいましょう。

なるべく全角ローマ字で、最初にひらめいた略語を、複数登録する。
辞書登録時の参考になれば幸いです。

ユーザー辞書の具体的な活用例

つづいて、ユーザー辞書の活用例について。

  • メールアドレスを登録する
  • サービス名を登録する
  • 製品名を登録する
  • 定型文を登録する

メールアドレスについては、何となく分かるかと思います。
「めーる」→「〇〇〇@gmail.com」などと登録しておけば、文字入力の手間がなくなって便利ですよね。

サービス名とは、例えば「YouTube」や「Rakuten UN-LIMIT V」のことです。
ローマ字の大文字・小文字が混在していたりスペースがあったりしても、辞書登録により一発で変換できます。

製品名の登録も便利です。

例えば私は、「WMC-DLGST2-W」という製品名のWi-Fiルーターを使っています。
ですがこんなローマ字の羅列、とても覚えられません。

そこで「るーたー」→「WMC-DLGST2-W」と登録しました。
こうすることで、このルーターに関する情報をネットで調べる際、役立っています。

最後は定型文。

「お」→「お世話になっております。〇〇株式会社△△部□□です。」と登録すれば、メール返信の業務効率が改善されますね。
「n」→「何卒よろしくお願いいたします。」あたりも使えそうなフレーズです。

こんな感じで、ユーザー辞書をどんどん活用していきましょう。

でもChromebookだと、ユーザー辞書を開くまでが地味に面倒なんだよなぁ…

そうなんですよね。

Chromebookでユーザー辞書に単語を登録するには、先ほどの7つの手順を踏まなければなりません。
これがけっこう面倒で、「まぁ登録しなくてもいいや」という気持ちになってしまいます。

そこで「日本語入力の設定」ページを、ブックマークに登録しておきましょう。

Chromebookユーザー辞書ページ

「日本語入力の設定」は、手順6で、ブラウザで開いたページのこと。
このページを、ブックマークバーに保存しましょう。

すると「ctrl + n」でブラウザを開き、すぐに単語登録できるようになります。
ユーザー辞書をガンガン活用できるので、ブックマーク登録はおすすめですよ。

時々エクスポートする

最後に注意点を一つ。
ユーザー辞書は、時々エクスポートしておきましょう。

Chromebookは、気軽にPowerwash(=工場出荷状態に戻すリセット操作)によって本体をリフレッシュできます。

ただ、Powerwashを実行すると、ユーザー辞書のデータは消えてしまいます。

慣れ親しんだオリジナルのユーザー辞書を、再び一から作り直すのは大変です。
特にPowerwashを行う際は、事前にユーザー辞書をエクスポートして、.txtファイルのバックアップを取っておきましょう。

ユーザー辞書のインポート/エクスポートボタン

辞書データのエクスポート/インポートの操作は、上図のとおり、ユーザー辞書画面から行えます。

Chromebookでユーザー辞書を活用しよう

ユーザー辞書を活用すれば、作業効率アップはもちろん、文字入力のミスも防げます。

スマホの「Gboard」でも文字入力を効率化したい方は、Gboardに単語登録する方法【インポートの注意点も解説】をどうぞ。m(_ _)m

なお、さらに生産性を追求したい人は、

  • 外付けキーボード
  • 外付けディスプレイ

を活用しましょう。

以下の記事では、私が使用しているキーボード・ディスプレイの魅力に触れています。
あわせてチェックして、Chromebookのポテンシャルを引き出してください。

それでは、楽しいChromebookライフを!

タイトルとURLをコピーしました