ChromebookとAndroidタブレットの違い【買うならどっち?】

ChromebookってAndroidアプリも使えるんだな。
タッチ操作もできて…ってもはやAndroidタブレットじゃん。
ChromebookとAndroidタブレット、一体何が違うの?
私はどっちを買うべき?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ChromebookとAndroidタブレットの違いが分かります
  • 違いを踏まえ、それぞれどんな人にオススメか解説します

この記事を書いている私は、2020年1月からChromebookをメインマシンとして使っています。

使用機種は、Lenovo Chromebook S330。
入門モデルながら、コスパの高い一台です。

このページでは、Chromebookユーザーの視点から、Chromebook・Androidタブレットの違いを解説します。

それぞれ特長のある情報デバイス。
どちらを買おうか悩んでいるあなたの、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ChromebookとAndroidタブレットの違い

ChromebookとAndroidタブレット。
はじめに、両者のカタチの違いを見てみましょう。

↓Chromebook

↓Androidタブレット

上図のとおり。

Chromebookには、

  • ノートPC型
  • コンバーチブル型(キーボードが360°回転する)
  • 取り外し可能型(キーボードを分離できる)

上記のように、様々なカタチが存在します。
一口に ”ノートPC” と言い切れない点が、Chromebookの魅力です。

対するAndroidタブレットは、名称通り「タブレット」のカタチをしています。

では次に、両者の機能の違いをチェックしましょう。
主な違いは、下記のとおり。

  1. Chromeブラウザ・拡張機能
  2. 使えるアプリ

順に見ていきます。

1. Chromeブラウザ・拡張機能

ChromebookとAndroidタブレットは、利用するChromeブラウザの種類が異なります。
Chromebookではデスクトップ版Chromeブラウザを、Androidタブレットではモバイル版Chromeブラウザをそれぞれ利用することになります。

ChromebookとAndroidタブレットは、いずれもGoogleが提供するデバイス。
Googleという共通の親を持っていますが、パソコン・タブレットは別物です。

パソコンとタブレットの2つだけ並べてみると、いかにも似ているように感じます。
けれど、どちらかというとタブレットはスマホの仲間
タブレットは、デカくて電話を使えないスマホと考えると良いでしょう。

  • Chromebookはパソコン
  • Androidタブレットはデカいスマホ

上記を押さえて、Chromeブラウザの話に戻りましょう。

パソコンとスマホの両方でChromeブラウザを使う場合、それぞれで微妙な違いを感じた経験はありませんか?例えば下記のような。

  • 検索履歴を消す時、パソコン版なら「shift + 選択」で素早く複数選択できるけど、スマホだとそれができない。
  • 文字の大きさについて、スマホ版では特に操作しなくても見やすい。けれどパソコン版は、画面をズームしないと読みにくいことがある。

上記はほんの一例で、しかも非常に細かな点です。
しかしChromeブラウザのデスクトップ版・モバイル版にはこのような違いが、確実に存在します。

違いが存在するのは、デスクトップ端末・モバイル端末それぞれの特性に合わせて、Chromeブラウザが開発されているためです。

作業内容や目的にもよりますが、デスクトップ版Chromeブラウザの方が、モバイル版より高性能。
デスクトップ版の性能が高いのは、拡張機能を使えるからです。

Chrome拡張機能

デスクトップ版Chromeブラウザでは、Chrome拡張機能が使えます。
Chrome拡張機能は、Chromeブラウザを自分好みにカスタマイズするためのアドオン・プラグインです。

例えば、次のような拡張機能があります。

  • 一定時間使っていないタブを休止状態にして、パソコンへの負荷を和らげる
  • 複数のタブをグループ化して保存する
  • 「次のページ」を押さなくても自動的に次のページを読み込む

デスクトップ版Chromeブラウザなら、世界中のデベロッパーが開発した上記のような便利機能を無料で使えます。
拡張機能のすばらしさを知ってしまうと、モバイル版よりもデスクトップ版のChromeブラウザの方が使いやすいと言わざるを得ません。

以上、ChromebookとAndroidタブレットの1つ目の違いは、Chromeブラウザの種類と拡張機能の有無です。

次に、ChromebookとAndroidタブレットのアプリの違いを見ていきましょう。

2. 使えるアプリ

ChromebookとAndroidタブレットでは、利用できるアプリが異なります。

上表から分かるように、Chromebookの方が使えるアプリの種類は充実しています。
けれど、使えるアプリの量だけを取り上げて、直ちに優劣が決まるわけではありません
一体どういうことか、Chromeアプリ、Androidアプリ、Linuxアプリについて具体的に見ていきましょう。

Chromeアプリ

Chromeブラウザで動作するChromeアプリですが、残念ながら衰退期を迎えています。

Windows・Mac・Linuxでは2020年12月をもってサポートが終了します。
Chromebookでも、2022年6月にサポート終了が決まっています。

愛用しているChromeアプリがある人は、他のサービスに移行しなければなりません。。

Chromeアプリは衰退期を迎えています。
したがって、「AndroidタブレットでChromeアプリが使えないから、ChromebookよりAndroidタブレットの方が劣っている」とはならないのです。

Androidアプリ

Chromebook・Androidタブレットのどちらでも、Androidアプリを利用できます。

ただしChromebookには、Androidアプリが使える機種・使えない機種が存在します。
また使える機種であっても、アプリによっては使いにくかったり、使えなかったりします。

この辺りは、下記の記事で詳しく解説しています。
よろしければ合わせてご覧ください。

Chromebook・Androidタブレットの両方でAndroidアプリは使えますが、より使いやすいのはAndroidタブレットです。
Androidタブレットであれば大画面・ド迫力で、Androidアプリを思う存分楽しめるでしょう。

Androidアプリをメインに使いたいなら、Androidタブレット一択です。

Linuxアプリ

Chromebookは、Linuxアプリも利用可能です。
ただしAndroidアプリのケースと同様に、Linuxアプリを使える機種・使えない機種が存在します。

2020年12月現在、Chromebookで使えるLinuxはCUI(真っ黒の画面にハッカーがカチャカチャ打ち込む感じのアレです)なので、知識がない人(私です)にはハードルが高く感じてしまうでしょう。

でも、ネット上にLinuxに関する情報は山ほど転がっています。

Linux初心者でも意欲さえあれば、ChromebookでLinuxアプリを使えると思いますよ。

Windows・Macソフトが使えないChromebookユーザーにとって、Linuxアプリは心強い味方です。

以上のようにChromebookとAndroidタブレットでは、利用できるアプリに違いがあります。

ここまでChromebookとAndroidタブレットの違いについて確認してきました。
次にChromebook・Androidタブレットは、それぞれどんな人に向いているか見ていきましょう。

それぞれ向いているのはどんな人?

Chromeブラウザと拡張機能、利用可能なアプリの違いを踏まえると、Chromebook・Androidタブレットのどちらを選ぶべきか見えてきます。

Chromebook向き

Chromebookに向いているのは、作業に集中して取り組みたい人です。

Chromebookではブラウザ版のChromeブラウザを使うため、拡張機能を自由にカスタマイズできます。
作業に集中したい、効率を高めたいといったニーズに対して、探せばきっとピッタリの拡張機能が見つかります。

またChromebookにおける基本的な操作は、マウス・キーボードです。
Androidタブレットのタッチ操作も直感的ですが、長時間の作業には向いていません。
机に向かって行う文書作成のような事務作業では、マウス・キーボードの方が体への負担がありません。

長時間にわたって効率よく作業に取り組みたい人は、Chromebookを選びましょう。

Androidタブレット向き

Androidタブレットに向いているのは、Androidアプリを楽しみたい人です。

Androidタブレットの魅力は、なんといってもその携帯性です。
Chromebookにも小型・軽量なモデルがたくさんありますが、やはり「モバイル端末」には敵わないと思います。

ササッと持ち運び、ソファでリラックスしながらゲーム・動画を楽しむ。
Androidタブレットは、比較的「ライトな」使い方に向いています。

かと言って、ビジネスに使えないわけではありません。
直感的なタッチ操作は、デザイン作成などのクリエイティブな仕事に最適です。

Androidアプリを最大限活用したい人は、Androidタブレットを選びましょう。

違いを押さえてChromebook・Androidタブレットを選ぼう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • ChromebookとAndroidタブレットの違いは2つ
    • Chromeブラウザ・拡張機能
    • 利用可能なアプリ
  • 集中して作業に取り組みたい人は、Chromebook向き
  • Androidアプリを楽しみたい人は、Androidタブレット向き

Chromebookの登場で、Androidタブレットの存在感はやや薄まっています。
しかしChromebookを約1年使ってきて、AndroidタブレットとChromebookは別物だと思うようになりました。
Androidタブレットが市場から消えたら、困る人はたくさんいると思います。

安くて軽量なパソコン・Chromebook。
パソコンとスマホの中間に位置するAndroidタブレット。

違いを理解した上で、あなたに最適なデバイスを探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました