ブリッジモード・ルーターモードの違い【シンプルにざっくり解説】

ルーターを買い替えた。
今まで気にしてこなかったけど、ルーターの「ブリッジモード」「ルーターモード」の違いって何だ?
どんな時に、どっちのモードにすればいいの?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ブリッジモードとルーターモードの違いが分かります。
  • ルーターの機能、ブリッジモードにすべきタイミングが分かります。
スポンサーリンク

ブリッジモード・ルーターモードの違い

ブリッジモード・ルーターモードの違いは何でしょう?
結論は、下記の通り。

結論
  • ブリッジモードは、ルーターのルーター機能をオフにしたモード
  • ルーターモードは、ルーターのルーター機能をオンにしたモード

ルーターのルーター機能??
ルーター機能をオフにしちゃったら、そもそもルーターは何のために存在するの??

よく分からないですよね。一つひとつ見ていきましょう。

ルーターの2つの機能

ルーターの機能について整理しましょう。
ルーター、ルーターと言いますが、自宅にルーターを設置する場合、それは無線LANルーターだと思われます。

無線LANルーターを設置すると、スマホやPCを使って、インターネットを楽しめるようになります。
この時にWi-Fiを、つまり無線の電波を利用しています。

無線LANルーターとは、無線でインターネットを楽しむための機械なのです。

この無線LANルーターには、大きく2つの機能が備わっています。

  • ルーター機能
  • アクセスポイント機能

一つずつ見ていきましょう。
まず、無線LANルーターのルーター機能について。

ルーター機能

ルーター機能とは、「データの交通整理」機能です。

「ルーター」には、ルート(route):道 という言葉が含まれています。

Q. 何の道か?
A. データが通る道です。

つまりルーター機能とは、データが通る道を交通整理する機能を意味します。

もう少し踏み込むと、ルーターは「インターネットの世界」と「家庭内の世界」の中間で働いています。
インターネットの世界から送られてきたデータを、ルーターが

あぁ、このデータはお父さんのスマホ行きだな

と判断したら、データに

こっちの道を通ってね

という風に、最適な道案内をします。

以上のようにルーター機能とは、データの交通整理機能です。

次に無線LANルーターのもう一つの機能、アクセスポイント機能について見ていきましょう。

アクセスポイント機能

アクセスポイント機能とは、「電波の受発信」機能です。
電波を使い、無線接続する際に必要になります。

アクセスポイント機能がないと、スマホやPCを無線で利用できません。
アクセスポイント機能がない場合は、LANケーブルを使って、有線でインターネットに接続することになります。

無線LANルーターのアクセスポイント機能とは、電波を受発信する機能です。

以上、ルーターの2つ機能を整理すると、下図の通り。

ルーターの2つの機能

ルーターの機能について理解を深めたところで、冒頭の「ブリッジモード」の説明を、もう一度見てみましょう。

結論
  • ブリッジモードは、ルーターのルーター機能をオフにしたモード

つまりブリッジモードとは、ルーター機能をオフにして、アクセスポイントとしてのみ機能させるモードということになります。
PCやスマホを、とりあえず無線で使えるようにするモードですね。

そしてルーターモードとは、ルーター・アクセスポイントのどちらの機能も利用するモードです。
PCやスマホを無線で使えるようにするし、さらにデータの交通整理も行うよ、というバリバリ働くモードですね。

以上、ルーターのブリッジモードとルーターモードの違いを説明してきました。

では次に、どんな時に、どちらのモードを使えば良いのか、見ていきましょう。

ブリッジモード・ルーターモードを使うタイミング

ブリッジモードやルーターモードは、どんなタイミングで切り替えれば良いのでしょうか?

ルーターをブリッジモードにすべきタイミングは、より上位にルーター機能を備えた機械がある場合です。

「上位に」という言葉が出てきました。
これはどういうことかと言うと、「インターネットに近い」という意味です。

LANの図

上の画像は、光回線が開通している場合のネットワーク図です。

無線LANルーターよりもインターネットに近い位置に、「?の機械」がありますよね。
この「?の機械」がルーター機能を備えている場合、無線LANルーターはブリッジモードにするべきです。

なぜなら、2つの機械でルーター機能をオンにすると、二重ルーターと呼ばれる状態になってしまうからです。

二重ルーターの状態では、通信速度が遅くなったり、通信が混乱したりするリスクが高まります。

データの交通整理は、1つの機械に任せれば十分です。
「?の機械」がルーター機能を備えている場合は、無線LANルーターをブリッジモードにして使いましょう。

それでは、この「?の機械」は何なのでしょうか?

これは、モデム、ONU、ホームゲートウェイ、ひかり電話ルーターなどと呼ばれる機械です。

この機械は、「インターネットの世界」と「家庭内の世界」でやり取りできるように、データを変換する役割を担っています。
また契約内容によっては、ひかり電話を使うためにも働いてくれます。

一度家庭内の機械を、カンタンな図に描き起こして整理してみましょう。
そしてルーター機能を持った機械が複数ある場合は、最もインターネットの近くに位置する機械だけに、ルーター機能を任せるようにしましょう。

ブリッジモード・ルーターモードの違いを押さえてネットワークを楽しもう

お疲れさまでした。ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 無線LANルーターには2つの機能がある
    • ルーター機能:データの交通整理
    • アクセスポイント機能:電波の受発信
  • ブリッジモードは、アクセスポイントのみ機能するモード
  • ルーターモードは、ルーター・アクセスポイントのどちらも機能するモード
  • ブリッジモードは、よりインターネットの近くに、ルーター機能を備えた機械が存在する時に使う

無線LANルーターによっては、ブリッジモード・ルーターモードを自動的に切り替える「AUTOモード」もあります。
AUTOモードを活用すれば、ここまで細かなことが分からなくても、問題なくネットを楽しめるでしょう。

しかし、ルーターの機能やLANについて理解を深めていくと、ホームネットワークの構築もでき、快適な生活を送れるようになります。

まずは、ブリッジモード・ルーターモードを使い分けるところから、スタートしましょう。
家庭内のネットワークがどうなっているか絵に描いてみると、理解が深まりますよ。

タイトルとURLをコピーしました