【失敗談】PCディスプレイの解像度とは?【要チェック】

PCディスプレイを購入する。
解像度って何だろう?
とりあえず、解像度の高いディスプレイを選べばいいのかな?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ディスプレイの解像度とは?
  • 主な解像度の種類
  • 高解像度ディスプレイのメリット・デメリット
  • 解像度にまつわる私の失敗

この記事を書いている私は、先日、PC用の外付けディスプレイを買いました。

購入したアイ・オー・データのディスプレイ

初めてのディスプレイ選び。
ディスプレイ用語を一つひとつ理解するのは、地味に大変でした…。

このページでは、ディスプレイの解像度について説明します。

解像度にまつわる、私自身の失敗にも触れています。
同じ轍を踏まないよう、ぜひ最後までお読みください。m(_ _)m

解像度を理解して、納得のいく買い物をしましょう。

スポンサーリンク

ディスプレイの解像度とは?

ディスプレイにおける解像度とは、画面上の ”点” の数を意味します。

デジタル・ディスプレイは、画面に数え切れないほどたくさんの ”点” を並べることで、文字や画像を表示しています。

たとえば、フルHDを例にあげましょう。
フルHDの解像度は「1920 × 1080」です。

「1920 × 1080」の数字は、「横 × 縦」の ”点” の数を表しています。つまり、

  • 横:1,920個
  • 縦:1,080個
  • 画面全体:1,920 × 1,080 = 2,073,600個

これだけの ”点” で、画像や映像を表示しているのです。

4Kの解像度なら、「3840 × 2160」なので、

  • 横:3,840個
  • 縦:2,160個
  • 画面全体:3,840 × 2,160 = 8,294,400個

上記のとおり。
フルHDの4倍の ”点” が、画面上に存在します。

以上のように解像度とは、画面上の ”点” の数を意味します。

解像度の種類

主な解像度の種類は、下表のとおり。

HD1,280 × 720
フルHD1,920 × 1,080
WQHD2,560 × 1,440
4K3,840 × 2,160
8K7,680 × 4,320

上表のとおり。
ちょっと前まで、フルHDが高解像度の代名詞だったのに…技術の進歩はすごいですね。

よく見かける「フルハイビジョン」って何?

フルハイビジョン = フルHD(1,920 × 1,080)です。
フルHDは ”FHD” と表記されることもあります。

色んな名称があって、ややこしい…。(~_~;)

高解像度ディスプレイのメリット・デメリット

解像度の高いディスプレイには、次のメリットがあります。

  • 高精細できめ細かな、美しい画像・映像を堪能できる
  • ディスプレイに表示される情報量が多い

上記のとおり。

画面上の ”点” の数が増えるほど、画像や文字はより微細に、なめらかに表示されます。

また画面上の情報量が多くなり、ひと目で「パッ」と認識できる情報も増えます。
作業効率アップにもつながりますね。

対するデメリットは、

  • 価格が高い
  • マウスカーソルの移動距離が長い
  • 文字(アイテム)が小さく表示される
  • 投影元の機器が高解像度の出力に対応していないと、宝の持ち腐れ

こんな感じ。
デメリットも、わりと存在しますね。

とはいえ、基本的に高解像度のディスプレイの方が便利だと思います。
「文字小さいな…」と感じたら、ディスプレイ設定で解像度を下げればOKですし。

お財布と相談しながら、ディスプレイ選びを進めましょう。

解像度にまつわる私の失敗

ちなみに私は、フルHDのディスプレイを購入しました。
実はこれ…ちょっと失敗でした。

というのも、「ノートPCの画面の解像度=ディスプレイ外付け時の解像度」と思い込んでいたからです。

製品の仕様をチェックしましょう。

私が使っているノートPC「Lenovo Chromebook S330」の場合。
Lenovo公式のLenovo Chromebook S330製品仕様書に、次の記載があります。

LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶 (1920×1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし

Lenovo Chromebook S330製品仕様書 より引用

上記のとおり。
画面解像度については「FHD、1920×1080ドット」と明記されていますね。

また同じ仕様書に、次の記載もあります。

外部ディスプレイ出力 – デジタル接続時 – 最大 3840×2160ドット

Lenovo Chromebook S330製品仕様書 より引用

上記のとおり。
私はこの「最大 3840×2160ドット」を見落としていました。

つまり、「ノートPC画面の解像度」と「外付けディスプレイに接続したときの解像度」が違ったのです。

私は「どっちも解像度は同じで、フルHDだ」と思い込んでいました。
そのため外付けディスプレイ選びの際にも、何の疑いもなく「フルHDのディスプレイ」を探してしまいました。

ご注意ください。
「ノートPC本体の解像度」と「外付けディスプレイ接続時の解像度」は、異なる場合があります。

…当たり前では?

知ってる人からしたら ”当たり前” の内容でしょうね。笑
それでも、この記事をお読みのあなたに、私と同じ失敗をしてほしくありません。

そのため、恥を忍んで、失敗談を公表した次第です。m(_ _)m

ディスプレイ選びの際は、お使いの機器の最大解像度を、きちんとチェックしましょう。

なお、購入したディスプレイについて詳細は、【快適】Chromebookで使える国産ディスプレイを導入してみた をどうぞ。解像度選びでミスしたものの、満足して使っています。

解像度に注意してディスプレイを選ぼう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • ディスプレイの解像度とは、画面上の ”点” の数のこと
  • ノートPCの場合、「画面の解像度」と「外部ディスプレイ接続時の解像度」は違うこともある
高解像度ディスプレイのメリット高解像度ディスプレイのデメリット
・高精細できめ細かな、美しい画像・映像を堪能できる
・ディスプレイに表示される情報量が多い
・価格が高い
・マウスカーソルの移動距離が長い
・文字(アイテム)が小さく表示される
・投影元の機器が高解像度の出力に対応していないと、宝の持ち腐れ

使用目的をハッキリさせて、賢くディスプレイを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました