【失敗しない】モニターのVESAマウントとは?必要性・注意点を解説

外付けモニターを買いたい
よく見かける ”VESAマウント” って何?
”VESA” だとどんなメリットがあって、
どんな点に注意すればいいの?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • VESAマウントの意味
  • VESA対応モニターでできること
  • VESA対応モニター購入時の注意点

この記事を書いている私は、先日、21.5型のVESA対応モニターを購入しました。

購入したアイ・オー・データのディスプレイ

私にとって、初めてのモニター選び。
多くの専門用語に圧倒されて、思ったより疲れました…。

このページでは、モニター情報でよく見かける ”VESA” について説明します。
失敗しないモニター選びのため、VESAの理解を深めましょう。

スポンサーリンク

モニターのVESAマウントとは?

VESAとは、ネジ穴の間隔に関する共通ルールのこと。
ビデオ周辺機器の業界標準化団体「VESA」が定めた、国際的な規格です。

VESAは、”Video Electronics Standards Association” の略。

  • Video Electronics:ビデオ機器
  • Standards Association:標準化組織

そのまんまですね。

私のモニターで、実際のVESA穴を確認しましょう。

100mm × 100mm のVESA穴

上図のとおり。
”100mm × 100mm” のVESA規格です。

何の変哲もないただの穴ですが…正真正銘、VESA規格に対応しています。
この間隔が重要なんですね。

「穴の間隔を標準化」って、あらためて考えると面白いなぁと。
おかげで製品選びがラクになり、消費者としてありがたい限りです。(-人-)

以上のようにVESAとは、標準的なネジ穴の間隔を意味します。

マウントとは?

次に、マウントについて。英単語 “mount” の意味は、

登る、乗る、またがる、乗せる、(…に)据えつける、装置する、(…に)はる、(…に)はめる、固定する、開催する

Weblio辞書 英和辞典 より引用

上記のとおり。ディスプレイ関連では、

  • 据えつける
  • はめる
  • 固定する

このあたりが当てはまりますね。

以上から ”VESAマウント” は、

標準的なネジ穴の間隔で(機器を)据えつけること

こんな意味合いになります。

ついでに、

  • インターフェイス(interface):接点、境界面
  • ブラケット(bracket):取りつけ部品

このあたりの用語も押さえれば、モニター関連の情報収集がスムーズになるかと。日本語でおkだよ

まずはVESAマウントの意味を、きちんと理解しましょう。

VESA対応モニターでできること

モニターには、VESA対応製品と、非対応の製品が存在します。
VESA規格に対応していると、どんなメリットがあるのでしょうか?

  • モニターアームを取りつけできる
  • ミニPCを取りつけできる

順に見ていきましょう。

モニターアームを取りつけできる

モニターがVESA規格に対応していれば、モニターアームを利用できます。

モニターアームとは、

こういう器具ですね。
モニターを持ち上げて固定するための器具です。

モニターアームを使えば、モニターを空中に浮かせて、机の上を広々と活用できます。
また、モニターの位置や角度を微調整できる利点もあります。

クルッと90°回転させれば、縦型モニターに早変わり。
生産性アップ間違いなしです。

なおモニターアームの他に、モニタースタンドという器具も存在します。

モニターアームを設置できないデスク環境の人は、代わりにモニタースタンドを検討しても良いですね。

このようにVESA対応モニターは、便利なモニターアームやモニタースタンドを利用できます。

ミニPCを取りつけできる

VESA規格対応モニターなら、ミニPCも設置できます。

ミニPCとは、

こんなパソコンのこと。
「デスクトップPCのコンパクト版」と捉えると分かりやすいですね。

モニター背面にミニPCを据えつければ、あたかも一体型PC(ALL-IN-ONE PC)のように使用できます。すっきりとした、スタイリッシュなデスク周りも夢じゃありません。

以上のように、VESA対応モニターには、

  • モニターアーム/モニタースタンドを取りつけできる
  • ミニPCを取り付けできる

こんな使い道があります。
デスク環境の改善に欠かせない、縁の下の力持ちです。

VESA対応モニター購入時の注意点

VESA対応モニターを買う前には、注意すべき点もあります。

  • 「モニター側」「設置機器側」の両方がVESA対応かチェックする
  • VESAの寸法をチェックする

「モニター側」「設置機器側」の両方がVESA対応かチェックする

VESA規格に対応しているか、「モニター」「設置機器」両方をチェックしましょう
片方だけ対応しても、意味がありません。

VESA規格に対応したモニターを活用するには、当然、VESA規格に対応した機器(モニターアームやミニPC)が必要になります。

基本的にモニターアームはVESA対応だと思いますが…中にはVESA非対応の製品もあるかもしれません。

モニターもブラケットも、VESA規格に対応しているかチェックしましょう。

VESAの寸法をチェックする

VESA規格の寸法もチェックしましょう。
異なる寸法では、適合しません。

VESA規格のネジ穴の間隔には、

  • 75mm × 75mm
  • 100mm × 100mm
  • 200mm × 200mm
  • 200mm × 100mm

など、様々な寸法があります。
これはモニターのサイズ(型・インチ)によって、支えられる重量が異なるためだと思われます。

たとえば、100mm × 100mmのVESA対応モニターを買った場合。
200mm × 200mmのVESA対応モニターアームを買ってしまったら、モニターと寸法が合わないですよね。

せっかくお金を出して買ったのに、
寸法が合わなくて使えなかった…

こうなったら残念すぎです…。

モニターやモニターアームを買う前には、VESA規格の寸法までご確認ください。

VESA対応モニターで利便性を拡張しよう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • ”VESAマウント” とは:国際標準のネジ穴の間隔で据えつけること
  • VESA対応モニターでできること
    • モニターアーム/モニタースタンドを利用できる
    • ミニPCを据えつけられる
  • VESA対応モニター購入時の注意点
    • 「モニター側」「設置機器側」両方がVESA対応かチェックする
    • VESAの寸法までチェックする

国際的なVESA規格によって、消費者の利便性は高まりました。

モニター選びで、何を重視するのか?
どんなデスク周りにしたいのか?

先々を見据えながら、VESA対応・非対応を選択してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました