【失敗談】座椅子の選び方のポイントを語る

先日、座椅子を買いました。

「タンスのゲン」の座椅子

当初は1〜2日ほど調べて、ササッと買うつもりでしたが…
座椅子について調べるうちに「ん?」と思うカベに何度もぶつかりまして。

結局、2〜3週間も、事前リサーチに費やしてしまいました。

座椅子選びの過程で、アレコレ思うことがあったので、忘れないうちにメモに残しておきます。

あなたの座椅子購入の、参考になれば幸いです。m(_ _)m

スポンサーリンク

座椅子の選び方|はじめに

はじめに、「座椅子選びに絶対失敗しない!」というのは、正直難しいと思います。理由は、

  • 実店舗で座椅子に座っても、長時間(30分〜1時間)の使い勝手までは分からない
  • 数ヶ月後・半年後のへたり具合や、それに伴う使い勝手の変化は、その時まで分からない
  • ましてや通販購入だと、最初の座り心地すら分からない

上記のとおりです。

身長も、体重も、足の長さも、腰の位置も、持病も、座椅子の用途も、人それぞれ異なります。買ってみて使ってみないと、その座椅子が自分に合っているかは判断できません。

高い買い物なので、”失敗したくない気持ち” は、イタイほど分かります。
でも「まー失敗するかも」くらいの気持ちの方が、精神衛生上いいのかなと。

初めて真剣に座椅子選びをしてみて、私はこう考えるようになりました。

では、どう選べば良いのか。
具体的に見ていきましょう。

イメージしよう

座椅子選びの最重要ポイントは、イメージを描くことです。

なんで座椅子を買うのか?
座椅子を買って、どうしたい/どうなりたいのか?

こういった ”イメージ” を、頭の中でモワンモワンと膨らませましょう。
スムーズに、ほしい座椅子を絞り込めます。

”イメージ” があいまいなまま、「座椅子ほしいなぁ→買おう」と探しはじめると、すべて魅力的に見えてきます。

  • なにこれ超おしゃれ
  • こっちは腰にやさしい!
  • 包み込まれるような座り心地…良さそう…

こんな感じで、まったく絞れません。

私は ”イメージ” があいまいだったため、必要以上に座椅子選びに時間がかかってしまいました。売り手の思惑に振り回されて、自分が何を求めているのか迷子になったんですよね…(^_^;)

ただただ商品一覧ページをスクロールし続ける、不毛な時間でした。
…まぁ買う前の、この不毛な時間が楽しいんですけどね。笑

で、いったん落ち着いて、イメージを膨らませてみました。
「自分はどんな風に、座椅子を使いたいのか?」

すると私の場合は、

くつろぎながら読書したい

のだと判明しました。

たとえば、こちらの座椅子。

よい姿勢で休めることを、アピールしていますね。

この商品説明を見て私は、

腰にやさしい!いいね!

と思いつつ、

でも、グデ〜ンと寄りかかれないな…

と感じるようになりました。
この ”主観的な視点” は、イメージを膨らませたおかげで獲得できたのかな、と思います。

何かを ”選ぶ” ことは、別の何かを ”捨てる” ことを意味します。
私は ”よい姿勢” を犠牲にしてでも、ダラ〜っとくつろぎたかったのです。

商品を否定する意図はありません。
単に、私のニーズに合わなかっただけです。念のため。m(_ _)m

「目的」や「欲求」を自覚すると、スムーズに座椅子を絞り込めます。
商品を探しはじめる前に、目をつぶって、購入後の自分をイメージしてみてください。

座椅子の選び方|ポイント

つづいて、座椅子を絞り込むポイントについて。

  • クッションの種類
  • 背もたれの高さ

順に見ていきましょう。

クッションの種類

座椅子のクッションは、大きく2種類に分けられます。

  • ウレタン
  • ポケットコイル

この2つ。それぞれの特徴は、

ウレタンポケットコイル
比較的、安い
柔らかめ
ヘタれにくい
硬め

上表のとおりです。

さらにウレタンの場合は、

  • 低反発
  • 高反発

と細分されることも。

低反発:お尻がクッションに深く沈み込む
高反発:あまり沈み込まない

違いは上記のとおり。

つまり、クッションの柔らかさをまとめると、

柔← 低反発ウレタン < 高反発ウレタン ≦ ポケットコイル →硬

こんな感じです。

柔らかめの座椅子は、「包み込まれる」「ふわふわ」といったキーワードで訴求しています。
対して、硬めの座椅子は、「ヘタリにくい」「丈夫で長持ち」などが売り文句。

お好みで、クッションの種類をお選びください。

背もたれの高さ

背もたれの高さも、チェックしましょう。

高い背もたれ低い背もたれ
頭や首を、背もたれに預けられる
「ハイバック」とも呼ばれる
比較的、安い
「ローバック」とも呼ばれる

特徴は、上表のとおり。

中くらいの背もたれは、「ミドルバック」とも呼ばれます。

では、背もたれが高いほど、リラックス効果も高まるのでしょうか?
そうとも限りません。

「低い背もたれ」なら、背もたれの上に頭を載せられる場合があります。
これは ”高すぎる背もたれ” ではできない姿勢です。

こんな感じ。

また、あまりにも高すぎると、寄りかかった時に後ろにひっくり返る可能性もあります。

背もたれの高・低も、好みは人それぞれ異なります。
お好みのものを選びましょう。

その他

その他にも、

  • リクライニング(角度調整)機能
  • ひじかけ(アームレスト)の有無
  • カバーを洗える?/交換できる?

この辺りまで考慮すれば、かなり絞れますよ。

※一点だけ、注意

最後に一点だけ。

費用に関しては、厳格に絞り込みすぎないようにしましょう。
後悔しながら、使い続けることになってしまいます。

私が買ったのは、こちらの座椅子です。

そして同じメーカーの上位品に、こんなものもあります。

「なるべく安く」の意識が強かったため、私は上位品に手を出せませんでした。
けれど今思うと、上位品を買っても良かったですね。

数千円の上乗せで「ひじかけ&ハイバック」が付くなら、アリだったなぁと。
座椅子は長く使い続けるモノなので、ちょっぴり後悔しています。

おサイフとの相談になりますが、快適な時間・空間のために、悔いのない選択をしてくださいね。

座椅子の選び方|まとめ

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 座椅子選びで大切なこと
    • 購入後の自分をイメージする
    • 使用目的、優先順位をハッキリさせる
  • チェック事項
    • クッションの種類
    • 背もたれの高さ
  • あまり値段に妥協しないで

最初に言ったように、座椅子選びを確実に成功させるのは、難しいのかなと思います。

私にも、いくつか失敗がありました。
今回の失敗を生かして、次はよりよい選択をしたいですね。

当ブログが、あなたの座椅子選びの参考になれば幸いです。m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました