【座椅子】「ポケットコイル」「ウレタン」の違い【※主観注意】

先日、ポケットコイルの座椅子を買いました。

「タンスのゲン」の座椅子

以前使っていた座椅子はウレタンで、ポケットコイルは初挑戦になります。

このページでは、ポケットコイルとウレタンの座椅子の違いに言及しています。
座椅子を購入する前に、2つの違いをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ポケットコイルとウレタンの座椅子の違い

はじめに、ポケットコイルとウレタンの客観的な違いについて。

ポケットコイルとは
  • コイル(=針金などを ”らせん状” に巻いたもの)を、個別に袋に入れて並べたクッション
  • 「点」で体を支え、圧力の分散性が高い
  • ウレタン座椅子と比べると、へたりにくい
ウレタンとは
  • プラスチック素材のクッション。ポリウレタンの略。加工次第で、様々な表情を見せる。
    • フォーム:発泡処理を施したもの。軟質ウレタンフォーム、硬質ウレタンフォームなどに細分される
    • 非フォーム:発泡処理を施さないもの。ゴム、合成皮革、接着剤などに細分される
  • ポケットコイル座椅子と比べると、安価

上記のとおり。

ポケットコイルもウレタンも、マットレス(寝具)のクッションに用いられます。
ポケットコイルは、旅館のマットレスによく用いられるそうです。
どちらかというとポケットコイルは、高級品のイメージですね。

また調べて分かったのですが、台所のスポンジ(軟質ウレタンフォーム)も、車のタイヤ(ゴム、エラストマー)も、ウレタンの一種なんですね。
全然知らなかったので、ウレタンの汎用性に驚きました。

↑ウレタンについて詳しく知りたい人は、こちらのページが分かりやすかったですよ。

ポケットコイルとウレタンの、客観的な違いは以上です。

使用感の違い

ここからは主観強めの内容になります。
「ポケットコイル座椅子」と「ウレタン座椅子」の使用感の違いは、下記のとおりです。

ポケットコイルの使用感
  • やや硬く感じる
  • 安定感・フィット感◎
ウレタンの使用感
  • 良くも悪くも、グダ〜っとなる
  • なかなか座椅子から立ち上がれない

上記のとおり。

※ポケットコイルが硬く感じるのは、私がやせ体型だからかもしれません。

ポケットコイル座椅子は、「しっかりした」「丈夫な」などの言葉が合っていて、しっかりと体を支えてくれる感覚があります。

対してウレタンは、もっと「ゆるゆる」ですね。笑
「人をダメにする〜〜」系が好きな人は、ウレタン素材が向いてそうです。

それぞれ、おすすめの人

主観的な意見になりますが、ポケットコイル座椅子がおすすめの人、ウレタン座椅子がおすすめの人は、それぞれ下記のとおり。

ポケットコイル座椅子がおすすめの人
  • 一つの座椅子を長く使い続けたい人
  • 硬めの座り心地が好きな人
ウレタン座椅子がおすすめの人
  • 安く座椅子を買いたい人
  • より「グデ〜ン」と、くつろぎたい人

上記のとおり。

ポケットコイル座椅子の商品紹介に、

\\ 長時間すわってもラク! //

と書かれることがあります。

個人的には今使っているポケットコイル座椅子に、長時間は座り続けないですね。
長く座り続けると、腰を痛めてしまうので。

むしろ、ポケットコイル座椅子を使いはじめて、コマメに立ったり座ったりするようになりました。

購入前にイメージしていた「グデ〜ンとしたリラックス感」は、ポケットコイル座椅子から得られませんでした。

ただ、かえって健康には良いのかなと。
そもそも ”座り続ける姿勢” は、体にあまり良くないですからね。

製品によって、いろんな違いはあると思います。
一人のユーザーの感想として、お受け取りください。m(_ _)m

ポケットコイル座椅子とウレタン座椅子の違い|まとめ

ポケットコイルはへたりにくい、比較的高価なクッション材です。
ウレタンは身の回りの様々なモノに使われている、汎用性の高い素材です。

またポケットコイル座椅子は、体をしっかりと支えてくれます。
ウレタン座椅子は、ダラ〜っとくつろげます。

とは言え、製品によって座り心地は異なります。
主観的な内容でしたが、座椅子選びの参考になりましたら幸いです。m(_ _)m

※私が使用しているポケットコイル座椅子は、↓こちらの製品です。

タイトルとURLをコピーしました