Google Keepメモの便利な使い方9選【賢くダラけよう】

Google Keepメモを使いはじめた
でも、イマイチ使い方が分からないな…
Keepメモの便利な機能や、活用のコツを知りたい

こういった悩みに寄り添います。

このページの内容
  • Google Keepメモの便利機能、使い方のコツをご紹介します

この記事を書いている私は、Google Keepメモを2年ほど愛用しています。
クラウド型のメモアプリ・Google Keepは、今や私の生活に欠かせないツールになりました。

このページでは、Keepメモの便利な使い方を9つご紹介します。
Keepメモを使いこなせば、毎日の生活でダラダラする時間リフレッシュ・タイムを創り出せます。

Keepメモの使い方を覚えて、日々にゆとりを生みましょう。

スポンサーリンク

Google Keepメモの便利な使い方9選

Google Keepメモの便利な使い方を、「基本編」「応用編」に分けてご紹介します。

まずは、基本編から。

Google Keepメモの便利な使い方|基本編
  1. 複数のデバイスで使う
  2. 写真(画像)を追加する
  3. メモを色づけする
  4. チェックボックスで管理する

順に見ていきます。

1. 複数のデバイスで使う

スマホ2台など、複数のデバイスでKeepメモを使いましょう。
クラウドの特性を生かせます。

先述したとおり、Google Keepはクラウド型のメモアプリです。
作成したメモはクラウド上、つまりインターネット上に保存されます。

ネット環境が整っていれば、どのスマホでも同じようにメモを確認したり、追加したりできます。
インターネット上で、自動的に同期されるためです。

もちろんスマホだけでなく、パソコンやタブレットでも利用可能。
複数のデバイスで、クラウド同期の利便性を体感してください。

2. 写真(画像)を追加する

Google Keepには、写真や画像もメモとして残せます。

やり方はカンタン。
メモ作成画面で、「+」をタップして「写真を撮影」または「画像を追加」をタップ。これだけです。

Google Keepメモに画像を追加する方法

私は、気に入った商品の外観をKeepメモで撮影して、メモとして保存しています。

写真(画像)を追加したGoogle Keepメモ

視覚的に分かりやすいので、買い物のシーンで重宝します。

3. メモを色づけする

メモの色づけも可能です。
色づけの方法は、「パレット」のアイコンをタップすればOK。

Google Keepメモを色づけする方法
色づけしたGoogle Keepメモ

こんな感じ。
「赤・黃・青」→「重要度:高・中・低」など、色づけに「自分ルール」を決めても良いですね。

カラフルな見た目に、気分も明るくなってきます。

4. チェックボックスで管理する

チェックボックス機能も便利です。

チェックボックスは、リスト形式のメモのこと。
チェックマークを付けて、作業の完了/未完了を管理できます。

やり方は、「+」→「チェックボックス」をタップ。

チェックボックスのGoogle Keepメモを作成する方法
Google Keepメモで作成したチェックボックス・リスト

こんな感じで、お買い物やToDo管理に役立ちます。
作業を一つずつ完了させれば、達成感も味わえますよ。

基本編はこんなところで。
つづいて、応用編を見ていきましょう。

Google Keepメモの便利な使い方|応用編
  1. メモを検索する
  2. ピンで固定する
  3. 箇条書きでメモする
  4. リマインダーで通知する
  5. メモを仲間と共有する

5. メモを検索する

検索機能を活用しましょう。
スムーズに、過去のメモを探せます。

Keepメモを長く使っていると、徐々にメモがたまってきます。
すると、古いメモは埋もれ、なかなか見つからなくなってしまいます。

Keepメモは、Google製のアプリです。
Googleといえば ”検索” ですね。Keepメモにも、検索機能はちゃんと備わっています。

検索は、メモ一覧画面の最上部「メモを検索」から行います。

Google Keepメモで検索する方法

「あのメモ、どこいった?」と思ったら、キーワード検索を活用しましょう。

6. ピンで固定する

メモのピン留め(固定)も便利です。
ピン留めされたメモは、メモ一覧画面で、先頭に固定表示されます。

やり方は、メモ作成画面でピン(画びょう)アイコンをタップするだけ。

Google Keepメモをピン留めする方法

緊急度の高いメモをピンで固定して、優先的に取り組めばスマートです。

7. 箇条書きでメモする

箇条書きでメモを残しましょう。
グッと、見やすくなります。

先述した ”チェックボックス” でも、「箇条書きっぽいメモ」は作れます。
しかし ”チェックボックス” では、「文章」と「箇条書き」を併用できません。

チェックボックスのGoogle Keepメモはすべて箇条書き

そこで、「文章」と併用可能な「箇条書き」の方法をご紹介します。
メモの記入時、次のように入力しましょう。

「* 」半角アスタリスク + 半角スペース
「- 」半角ハイフン + 半角スペース

上記のとおり。
これなら「文章」と「箇条書き」を併用できます。

文章・箇条書きを併用したGoogle Keepメモ

文章・箇条書きを効果的に取り入れて、見やすいメモを残しましょう。

8. リマインダーを活用する

リマインダー機能を活用しましょう。
作業の「やり忘れ」を防げます。

リマインダー(reminder)とは、「思い出させるもの」の意味。
忘れてはならない予定や作業を、時期が到来したタイミングにお知らせする機能です。

たとえば、知人の誕生日をリマインダーに設定しておきましょう。
すると毎年、忘れずに「誕生日おめでとう!」とお祝いできますね。

誕生日の2ヶ月前にもリマインダーを設定しておけば、

「お、そうだった。そろそろプレゼントを用意しなきゃ」

こんな風に準備できますね。

リマインダーは、ベルのアイコンから設定します。

Google Keepメモでリマインダーを設定する方法

詳細設定は、「日付と時刻を選択」から。

Google Keepメモでリマインダーを詳細設定する

リマインダー設定を活用して、作業をテキパキこなしましょう。

9. メモを仲間と共有する

Keepメモは、Googleアカウントを持っている仲間と共有できます。

おすすめの活用例は、買い物リストの共有
「メモの共有」と「チェックボックス」の合わせ技です。

「帰りに、スーパーで買い物よろしく。Keepの買い物リストを見てネ m(_ _)m」

こんな感じで家族に連絡を入れておけば、役割分担しながら、効率よく家事をこなせますね。

共有方法は、「︙」をタップして「共同編集者」をタップ。
相手のGoogleアカウント(Gmailアドレス)を入力・保存すればOKです。

Google Keepメモを知人と共有する方法

Google Keepの共有機能を、コミュニケーションにも役立てましょう。

Google Keepメモを便利な使い方|まとめ

ページの内容をまとめます。

Google Keepメモの便利な使い方
  1. 複数のデバイスで使う
  2. 写真(画像)を追加する
  3. メモを色づけする
  4. チェックボックスで管理する
  5. メモを検索する
  6. ピンで固定する
  7. 箇条書きでメモする
  8. リマインダーで通知する
  9. メモを仲間と共有する

Google Keepは、直感的に使えるメモアプリです。
気になった機能から一つずつ、実際に試してみてください。

Keepメモを使い倒して、ゆとりある日々を過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました