行政書士合格までの実際の勉強時間【目安にどうぞ】

行政書士、受けてみようかな。
でも、どれくらい勉強すべきだろう?
合格者は何時間勉強してるの?
行政書士合格までの、実際の勉強時間を知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 行政書士受験当時の勉強時間データ
  • 勉強時間メモのすゝめ
  • 受験勉強で気をつけるべきこと

この記事を書いている私は、2016年度の行政書士試験に合格しています。

行政書士試験の合格証書

パソコンのHDD内を探したら、2016年当時にメモした ”生々しい勉強時間データ” が残っていたので、公開いたします。…ちょっと恥ずかしいですけどね。(´∀`;)

これから行政書士試験に挑戦しようと思っている、あなたへ。
勉強時間の目安になれば幸いです。

スポンサーリンク

行政書士合格までの実際の勉強時間【目安にどうぞ】

結論からいうと、2016年の6ヶ月間(5月末〜11月半ば)の勉強時間は、658時間でした。

勉強時間グラフは、下図のとおり。

行政書士試験の勉強時間グラフ(折れ線・棒)

赤色の折れ線グラフは、左軸の勉強時間(週あたり)に対応しています。
「0時間」から「40時間弱」まで、ギザギザしていますね。

青色の棒グラフは、右軸の勉強時間(累計)に対応。
コツコツ積み上がっていく様子がわかります。

元データは、下記のとおり。

時間(週)累計
5月23日〜24.024.0
5月30日〜36.160.1
6月6日〜26.386.4
6月13日〜33.6120.0
6月20日〜31.5151.5
6月27日〜35.2186.7
7月4日〜24.3211.0
7月11日〜28.8239.7
7月18日〜19.3259.0
7月25日〜0.0259.0
8月1日〜5.3264.3
8月8日〜27.4291.7
8月15日〜18.8310.6
8月22日〜16.5327.1
8月29日〜36.3363.4
9月5日〜32.1395.5
9月12日〜15.9411.4
9月19日〜38.4449.8
9月26日〜30.2480.0
10月3日〜37.9517.9
10月10日〜24.0541.9
10月17日〜29.8571.6
10月24日〜27.3598.9
10月31日〜37.0635.9
11月7日〜22.1658.0

毎週末にExcelに記入して、グラフ化していました。

以上、私の2016年当時の勉強時間は、658時間でした。

とはいえ…

とはいえ、この658時間の数字は、あくまで2016年の勉強時間です。

実は、2016年の行政書士受験は、私にとって2回目。
初めての行政書士受験は、2014年でした。

2014年の初受験では、124点(300点満点)で不合格でした…。

で、2014年の勉強時間なのですが…残念ながらデータはありません。
2014年当時は、勉強時間をメモしなかったので。

体感ですが、2014年の勉強時間は500〜800時間くらいだったと思います。
なので、私が行政書士試験に合格するまでの総勉強時間は、

1,158時間 〜 1,458時間

このくらいですね。
幅のある数字ですが、リアルな情報として参考になれば幸いです。

つづいて、勉強時間メモの効用を見ていきましょう。

行政書士受験、勉強時間メモのすゝめ

行政書士受験では、勉強時間をメモすることをオススメします。
理由は下記の2点。

  1. 勉強量を客観的に把握できるから
  2. 積み上げた努力量が可視化されるから

順に見ていきます。

理由1:勉強量を客観的に把握できる

勉強時間をメモすれば、勉強量を客観的な数値で把握できます。

たとえば、試験まで残り200日の「Aさん」と「Bさん」がいるとします。
2人とも、目標に掲げている勉強時間は ”800時間” です。

Aさん
Aさん

試験まであと200日。
800時間は大変そうだなぁ…。
うん、今日もけっこう頑張ったし、これからとにかく頑張ろう!

勉強時間をメモしないAさんは、こんな感じ。
意気込みは良いとして、ちょっとフワッとしていますね。

対して、勉強時間をメモするBさんは、下記のとおり。

Bさん
Bさん

試験まであと200日。
目標は800時間だから、1日あたり4時間か…。
今日わりと頑張ったつもりだけど、それでも ”2時間20分だけ” なんだな。
よし、それじゃあ「あと1時間40分」の壁をどうやって乗り越えるか、考えてみよう。

上記のとおり。

Aさんと比べて、Bさんのほうが ”取り組むべき課題” を具体的にイメージしていますよね。
どちらが合格に近いかは、言うまでもないかと。

勉強量を「数値」で客観的に把握して、戦略的に受験に挑みましょう。

理由2:積み上げた努力量が可視化される

勉強時間をメモすると、積み上げてきた努力量がハッキリと見えます。

長い受験期間には、挫折も経験します。

もうダメだ…
おしまいだぁ…

私も何度も、このように絶望しました。
けれど、勉強時間をメモしておけば、

…でも、いつの間にか300時間も勉強してたのか
ここで諦めたら、せっかくの300時間がもったいないな…
もうちょっと、頑張ってみるかな

こんな風に立ち直れます。
挫折して自信をなくすと何も信じられなくなりますが、積み重ねてきた勉強時間だけは裏切りません。

しんどい時は、歩んできた道を振り返りましょう。
挫折を防ぐために、勉強時間メモは役立ちますよ。

勉強時間メモのデメリット

勉強時間をメモするデメリットは、面倒くさいことですね。

勉強時間を正確に測定するには、勉強の開始/終了時刻を、それぞれメモしなければなりません。

開始:20時35分
終了:22時10分
勉強時間:1時間35分

こんな感じ。
ノートのスミなどに開始/終了時刻を書いておいて、勉強が終わったら勉強時間を算出します。

慣れれば気になりませんが、最初は面倒に感じるかも…。
個人的には、「デメリット」に比して「受けられる恩恵」のほうが大きいと思いますけどね。

行政書士受験に、勉強時間メモはオススメです。

【行政書士特化】1分1秒の勉強時間をムダにしないために

1分1秒の時間をムダにしないために。
私が心がけたのは、次の3点。

  • 自分で考える
  • 分からなくても先に進む
  • 何周も繰り返す

自分で考える

自分のアタマで考えるクセをつけましょう。
暗記だけでは、行政書士試験を攻略できません。

行政書士試験には、記述式問題がありますよね。
この記述式問題に解答するには、条文や規定、当事者の状況などを、深く理解する必要があります。

理解しないと、文章を作ることなんてできませんから。

また ”法律系の試験” なので、判例問題も出題されます。
判例は、丸暗記しても仕方ありません。判例の結論を覚えたら、

  • なぜ、その結論になるのか?
  • この判例は、何を争ったものなのか?
  • 類似判例とは、何がどのように違うのか?

こういった深いところまで、ちゃんと理解しましょう。

「…なぜ?」
「…つまり?」
「…とすると?」
「…じゃあ、どうする?」

日頃から、自分のアタマで考える訓練をしておくと良いですよ。

分からなくても先に進む

分からなくても、どんどん先へ進みましょう。
悩んでいる時間がもったいないです。

法律の学習は、難解です。
分からないところで立ち止まってウンウンうなっても、時間は流れていきます。

行政書士試験は範囲が広いので、分からなくてもガンガン先に進んだほうが、結果的に効率は良いのかなと思います。

1周目はチンプンカンプンでも、一通り全範囲を学んだ後の2周目なら「スルッ」と理解できる、ということもあります。

分からなくても立ち止まらず、勇気を出して先に進みましょう。

何周も繰り返す

全範囲を何周も繰り返しましょう。
1周目、2周目はウォーミングアップです。

先ほど「分からなくても先へ進む」と言いましたが、同時に繰り返すことも大切です。

1周の学習で完璧をめざすとか、ムリですから。
5周、10周と繰り返しつつ、着実に精度を上げるほうが現実的です。

5〜6周も繰り返すと、学習を避けている論点の存在に気づきます。これが苦手分野ですね。
本試験までの残り日数を意識しながら、苦手分野にも取り組んでください。

苦手分野の克服には、エネルギーが要ります。
気力も体力も消費して、とても疲れます。…できればずっと、目を背け続けていたい。

でも苦手を克服すれば、確実に得点はアップします。
取り組む価値は、十二分にありますよ。

また、苦手分野を克服できた!という経験は、自信をもたらしてくれます。
かなりのモチベーションアップにつながるので、気力・体力がある時に頑張りましょう。

ちなみに私は、商法・会社法が超苦手でした…。
克服のために勉強した時には、貧乏ゆすりが止まらなかったことを覚えています。

ストレスと闘いながらの学習は大変ですが、努力は人を裏切りません。
全範囲を繰り返し学びながら、少しずつ苦手をつぶしてください。

まとめ|行政書士合格までの実際の勉強時間

私は行政書士受験に際して、6ヶ月間で658時間学びました。
不合格だった時の勉強時間を加味すると、およそ1,158時間〜1,458時間が、合格までの総勉強時間になります。

勉強時間のメモは、

  • 勉強量を客観的に把握できる
  • 積み上げた努力量が可視化される

上記の理由からオススメです。

また、1分1秒の勉強時間を有効活用するために、

  • 自分のアタマで考える
  • 分からなくても先に進む
  • 何周も繰り返す

こういった点に気をつけて、学習を進めてください。

自分なりの学習法を模索しながら、行政書士試験を攻略していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました