【新規?転用?事業者変更?】具体例とともに光回線の申込みを整理

光回線の乗り換えを検討中
…新規?転用?事業者変更?なんだコレ?
私はどれに該当するの?混乱してきたぞ…
新規、転用、事業者変更について整理したい

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 光コラボへの申込み種別「新規」「転用」「事業者変更」の解説
  • 申込み時の注意点

この記事を書いている私は、ここ数年で2回ほど、光回線を乗り換えています。

光回線を乗り換えようと情報収集していると、「新規」「転用」「事業者変更」の言葉に出くわします。
いきなり専門用語を目にしたら、「…??」と戸惑ってしまいますよね…(~_~;)

「新規」「転用」「事業者変更」の意味。
結論から言うと、下記のとおりです。

新規申込みフレッツ光・光コラボ以外から、光コラボに乗り換える
転用フレッツ光から、光コラボに乗り換える
事業者変更光コラボから、光コラボに乗り換える

上記のとおり。
なお、光回線サービスの全体像は、下図のとおりです。

光回線サービスの全体像

当ページでは、具体的なサービス名も例示しながら、新規/転用/事業者変更の違いを整理します。

業界用語を理解して、自分にぴったりの乗り換え先を見つけましょう。

スポンサーリンク

新規/転用/事業者変更|光コラボ申込み種別を整理

「新規」「転用」「事業者変更」。

これらは、光コラボへの乗り換え(申込み)で登場する概念です。
光コラボへの申込みは、必ず3種類のどれかに該当します。

光コラボへの申込み種別
  • 新規申込み
  • 転用
  • 事業者変更

そもそも ”光コラボ” って何?

光コラボとは、プロバイダ業者などがNTTフレッツ光の光回線を借り受けて、ユーザーに光サービスを提供する形態。

光回線の種類について深く理解したい人は、【図解ですっきり】光回線の種類や違いを「全体像」から理解するをどうぞ。全体像を俯瞰しながら、具体的なサービス名とともに解説しています。

それでは、新規/転用/事業者変更について、順に見ていきましょう。

新規

NTT光回線の申込み種別:新規

新規申込みは、フレッツ光・光コラボ以外から光コラボに乗り換える、申込み種別です。

  • 乗り換え元:フレッツ光・光コラボ以外
  • 乗り換え先:光コラボ

「フレッツ光・光コラボ以外」は「NTTライトファイバー以外」とも表現できます。サービス例は、

フレッツ光・光コラボ以外 のサービス例
  • auひかり
  • NURO光
  • コミュファ光
  • eo光
  • MEGA EGG

上記のとおり。
ダークファイバー系、電力系などが該当します。

ライトファイバー?
ダークファイバー?
電力系?

このあたり、光回線の分かりにくい点ですよね…。
先ほどと同じ記事ですが、詳細は【図解ですっきり】光回線の種類や違いを「全体像」から理解するをどうぞ。m(_ _)m

光コラボのサービス例は、

光コラボのサービス例
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • BIGLOBE光
  • @スマート光

上記のとおり。
したがって、新規申込みの具体例は、

  • NURO光 → ソフトバンク光
  • eo光 → @スマート光

こんな感じですね。

このように新規申込みは、フレッツ光・光コラボ以外 → 光コラボ の申込み種別です。

転用

NTT光回線の申込み種別:転用

転用は、フレッツ光から光コラボに乗り換える、申込み種別です。

  • 乗り換え元:フレッツ光
  • 乗り換え先:光コラボ

光コラボサービスの例は、

光コラボのサービス例
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • BIGLOBE光
  • @スマート光

こうでしたね。
なので転用による乗り換え例は、

  • フレッツ光 → ドコモ光
  • フレッツ光 → 楽天ひかり

上記のとおり。
乗り換え元がフレッツ光だけなので、理解しやすいと思います。

以上のように転用は、フレッツ光 → 光コラボ の申込み種別です。

事業者変更

NTT光回線の申込み種別:事業者変更

事業者変更は、光コラボから光コラボに乗り換える、申込み種別です。

  • 乗り換え元:光コラボ
  • 乗り換え先:光コラボ

再三の説明になりますが、光コラボの例は、

光コラボのサービス例
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • 楽天ひかり
  • BIGLOBE光
  • @スマート光

こうでした。
なので、事業者変更の乗り換え例は、

  • ドコモ光 → ソフトバンク光
  • 楽天ひかり → @スマート光

上記のとおりです。

以上、光コラボへの申込み種別 ”新規/転用/事業者変更” の説明でした。

なるほど
申込む際の注意点は?

新規申込みでは、工事が必要になります。

理由は、今までと異なる光回線を利用することになるため。
今までとは別の光ファイバーケーブルを、自宅まで引っ張ってこなければならないのですね。

転用・事業者変更では、原則として工事は不要です。
光コラボで利用する回線は、フレッツ光と同じだからですね。

しかし申込むサービス内容によっては、転用や事業者変更でも、工事を要する場合があります

あなたのケースで工事が必要かどうかは、業者さんに直接お問い合わせください。m(_ _)m

また事業者変更で申込む際は、事業者変更承諾番号を発行しなければなりません。長ったらしい名称ですね…(*_*;

事業者変更承諾番号の発行には、手数料がかかります。
私が事業者変更した際は、3,300円でした。事務手数料とは別ですよ。

事業者変更承諾番号の発行手数料。
見落としがちな費用なので、ご注意ください。

なお、私が体験した事業者変更は、【体験談】@スマート光に事業者変更で乗り換えた具体的な流れにまとめています。事業者変更の流れをイメトレしておきたい人は、参考にどうぞ。

まとめ|光回線の新規/転用/事業者変更を整理

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ

◆新規申込み
 フレッツ光・光コラボ以外 → 光コラボ

NTT光回線の申込み種別:新規

◆転用
 フレッツ光 → 光コラボ

NTT光回線の申込み種別:転用

◆事業者変更
 光コラボ → 光コラボ

NTT光回線の申込み種別:事業者変更

光回線の背景を知れば、理由や仕組みを理解できます。
遠回りに感じるかもしれませんが、知識を身につければ、納得できる乗り換え先を見つけられますよ。

当ブログが少しでも、あなたのお役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました