【実体験】光コラボの事業者変更にかかった料金・費用はいくら?

光コラボを乗り換える
事業者変更、不安だなぁ…
実際の費用は、いくらかかるんだろう?
事業者変更にかかる金額を知りたいな

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 事業者変更にかかった実際の費用
  • 乗り換え月の注意点

この記事を書いている私は、2022年2月に、事業者変更を経験しています。

事業者変更、いざ申込むとなると不安ですよね…
特に ”おカネ” に関しては、シビアになってしまいます。

このページでは、具体的な数字を交えながら、事業者変更の費用に言及しています。

これから光サービスを乗り換えるあなたへ。
読みながら、今後のイメージを膨らませてみてください。

スポンサーリンク

事業者変更にかかった料金・費用

今回、事業者変更にかかった費用は、3,300円でした。
以下、内訳です。

乗り換え元事業者変更承諾番号の発行手数料3,300円
解約金0円
乗り換え先事務手数料3,300円
→キャンペーンで0円
開通工事費18,000円
→キャンペーンで0円
ひかり電話の工事費・番号継続2,200円?3,300円?
→キャンペーンで0円

上表のとおり。
乗り換え元に3,300円、乗り換え先に0円です。

「乗り換え元」への支払い:3,300円

「乗り換え元」には、事業者変更承諾番号の発行手数料・3,300円を支払いました。

事業者変更承諾番号は、事業者変更の手続きで必要な番号です。
具体的には、事業者変更の申込みのタイミングで、番号の入力欄が用意されています。

番号は、乗り換え元の光コラボ業者が発行してくれます。
カスタマーサポートに電話で問い合わせたところ、すぐに対応してくれました。

発行手数料は、私のケースでは3,300円でした。
けれど業者によって、金額は異なります。
調べたところ、5,500円の業者も存在しますね。

利用中の光サービスで、承諾番号の発行手数料はいくらか?
事前に調べておきましょう。

また私は、解約金がかかりませんでした
元々、縛りなしのプランを契約していたためです。

いつ解約しても0円なので、自由で気楽ですね。

「乗り換え先」への支払い:0円

「乗り換え先」に支払った費用はありませんでした。
乗り換え先で、キャンペーン中だったためです。

  • 事務手数料
  • 開通工事費
  • ひかり電話の工事費・番号継続費用

このあたりの費用が、キャンペーンで無料になりました。これはラッキーでしたね。(´ー`)

なお先ほど「元々、縛りなしプランを契約していた」と言いましたが、乗り換えた先の光コラボでも縛り期間・解約金はありません。
私が利用している光コラボについて詳細は、【@スマート光の評判は?】現ユーザーが主観的にレビューしてみたをご覧ください。

以上のように、今回の事業者変更でかかった費用は、3,300円だけでした。
事業者変更は何回か経験していますが、いつも「やっぱり手軽だな〜」と感じます。

乗り換え月の「二重支払い」に注意

手軽な事業者変更ですが、二重支払いに気をつけましょう。
二重支払いとは、乗り換え月のサービス料金を、乗り換え元・乗り換え先の両方に支払うことを意味します。

どういうことか?
具体的な数字とともに、説明しますね。

わが家が支払っている光サービスの月額料金は、次のとおりです。

「乗り換え元」の光コラボ6,028円
「乗り換え先」の光コラボ5,720円

それぞれの、乗り換え月の料金計算は、次のとおり。

「乗り換え元」の光コラボ解約月は「月割り」
「乗り換え先」の光コラボ契約月は「日割り」

そして、今回の事業者変更で私は、2月19日に乗り換え(=開通)を完了しました。

以上をまとめると、事業者変更の乗り換え月(=2月)に支払ったサービス料金は、次のようになります。

乗り換え元の光コラボ6,028円1ヶ月分 丸々
乗り換え先の光コラボ2,043円5,720円 × 10日/28日
合計8,071円

上記のとおり。

「乗り換え元」は、月割り計算です。
なので、いつ解約しても、その月の料金は丸々1ヶ月分かかります。

他方、「乗り換え先」は日割り計算です。
しかし私は、2月19日(=月の途中)に乗り換えました。

そのため「乗り換え先」に対しても、10日分(2月19〜28日分)のサービス料金を支払わなければなりませんでした。

つまり今回の事業者変更では、乗り換え月に2,043円分の「二重支払い」が生じたことになります。

乗り換え手続きを早く終わらせて、スッキリしたかったので。
あえて「月の途中」を、開通日に指定しました。

こういった二重支払いを避けるには、月末に乗り換え(=開通させ)ればOKかと思います。

料金の「二重支払い」を避けたい人は、まずはカスタマーサポートに相談してみましょう。
ユーザーが損しない方向で、対応してくれると思いますよ。

光サービスを乗り換える際は、乗り換え月の「二重支払い」にご注意ください。

事業者変更にかかった料金・費用|まとめ

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 事業者変更にかかった費用は、事業者変更承諾番号の発行手数料の「約3,300円」
  • キャンペーン情報は要チェック
  • 乗り換え月の「二重支払い」に要注意

手続きの流れが分かれば、事業者変更は手軽に行えます。

当ブログでは、私自身の実体験に基づいて情報発信しています。
少しでも、光サービス乗り換えの参考になれば幸いです。

それでは、快適なインターネットライフを。m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました