【超大作】徳川家康(山岡荘八)全巻を読破した感想

超大作。
ブログタイトルで大げさな単語を使うのは好きじゃないのですが、今回ばかりはご容赦ください。

小説・徳川家康。
作家・山岡荘八が17年の歳月をかけて著した、全26巻の歴史小説です。


徳川家康 文庫 全26巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)

原稿用紙1万7,400枚、文庫本にして26巻という、圧倒的な超長編小説です。
これを超大作と言わずして、なんと表現しましょうや。

「長いなぁ…」と思っていたら、それもそのはず。
なんと、ギネス世界記録に認定されているのですね。

日本一長い時代小説は、山岡荘八の『徳川家康』。ギネスブックでも「世界最長の小説」のひとつに認定されています。

世界一長い小説と日本一長い小説とは? – ブックオフオンラインコラム より引用

上記のとおり。

私は全26巻を、およそ1年2ヶ月かけて読破しました。
2020年5月末にスタートして、2021年8月上旬に読了。
単純計算すると、月1〜2冊のペースですね。

でも2020年の秋〜冬頃は、まったく読まなかった期間が数ヶ月ありました。
反対に2021年の春頃には、一ヶ月で一気に5〜6冊読みました。

読書スピードは人によりけりですが、月5〜6冊は、私にしてはハイスピードでした。

ハマるとページをめくる手が止まらなくなる。
小説・徳川家康は、そんな魔力を持った作品です。

小説・徳川家康(山岡荘八)で歴史の奥深さにふれる

繰り返しになりますが、「徳川家康」は歴史小説です。
歴史小説の面白さを知らなかった私でも、楽しみながら最後まで読めました。

たとえば、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。
この三英傑について、学校で習ったので存在は知っていました。
ただ、今回小説を読んだことで、同じ時代に生きていた事実を「理解」して、部屋の片隅で衝撃を受けました。

ちょっと考えれば当たり前の話なんですけどね。



平安時代
鎌倉時代
室町時代

学校で習ったこれらの時代を、「別個」の「独立したもの」と、私は捉えていたようです。
…分かりにくいですね。もう少し具体的に説明します。

歴史をデジタルに捉えていた

これまで私は、歴史の表面しか見ていませんでした。

1590年:豊臣秀吉による天下統一
1600年:関ヶ原の戦い(徳川家康 vs 石田三成)

たとえばですが、私は上記の出来事「だけ」を覚えていました。
出来事の起きた年と、その概要だけです。

「1590年に、豊臣秀吉が天下を統一したんだ」
「1600年に関ヶ原で、徳川家康と石田三成が戦ったんだな」

こんな感じ。

今回「小説・徳川家康」を読んでみて、初めて歴史のストーリー(≒連続性)を味わいました。
1590年〜1600年の「10年間」に、意識が向いたんです。

そっか。
豊臣秀吉の忠臣・石田三成と、秀吉の家臣じゃない徳川家康。
秀吉が亡くなったら、次の天下人の座を狙って、両者が衝突するのもムリはないよな。
そりゃあ治部少(=三成)からしたら、家康に敵意を持つわ。

こんな感じですね。
今までは ”ただの知識” でしかなかった「石田三成」や「徳川家康」が、私の中で ”歴史上たしかに存在した人物” として息づきました。

この小説に出会うまで、私の知っている「歴史」とは、離散的な、デジタルな、機械的に出来事を覚えただけの、薄っぺらいものだったのです。

本当にお恥ずかしい限りで…
つまり私は、歴史を ”考えていなかった” んですね。

子どもの頃に覚えた断片的な知識たちが、壮大な歴史のストーリーの中でリンクして、命を芽吹く。
小説・徳川家康は、大人になった私に、歴史の面白さ・奥深さを教えてくれました。

小説・徳川家康(山岡荘八)の楽しみ方

元々私は、徳川家康の御遺訓が好きでした。
徳川家康の遺訓とは、次の言葉のこと。

まっさらな状態で小説を楽しみたい人は、この遺訓は読み飛ばしてください。
「歴史」なのでネタバレも何もありませんが、念のため。m(_ _)m



人の一生は重荷を負ひて遠き
道をゆくが如し いそぐべからず
不自由を常とおもへば不足なし
こころに望おこらば困窮したる
時を思ひ出いだすべし 堪忍は無事
長久の基 いかりは敵とおもへ
勝事ばかり知しりてまくる事をしら
ざれば害其身みにいたる おのれ
を責めて人をせむるな 及ばざる
は過ぎたるよりまされり

御遺訓 – 徳川家康公について – 久能山東照宮 より引用

上記のとおり。

家康さんの信条であり、私の ”座右の銘” です。
事あるごとに、この言葉を思い返して自戒しながら、生活してきました。

それで、ふと純粋な疑問として、

こんな考え方をする徳川家康って、どんな人だったんだろう?

そんな興味を抱くようになり、小説を読みはじめたのです。

はじめから遺訓を知っていたので、小説の中で遺訓に通ずる思想が出てくると、

あぁなるほど
家康さんはこのタイミングで、これを学んだんだなぁ

と、思いを馳せながら小説を楽しめました。
(もちろん、著者である山岡さんの筋書きだと理解した上で、ですけどね。笑)

読む前に御遺訓を知っておくと、家康さんの成長の過程が感じられるので面白いですよ。
反対に、知らないまま、まっさらな状態で読むのも新鮮で楽しいでしょうね。

長編だからこその楽しみ

1年以上にわたって1作の小説を読み続けたのは、生まれてはじめての経験です。
今回は読書体験そのものに、思い出ができました。

たとえば、海沿いの公園に本を持っていった時。
時間の経過とともにズレていく棕櫚の木陰に合わせ、環状ベンチを座りなおしながら、黙々と読みふけりました。

たとえば、自宅の庭で読んだ時。
キャンプ用の折りたたみ椅子に座って、蚊に刺されながら読み進めるも、モスキートの羽音と痒さで集中できませんでした。

布団に寝転びながら。
ソファであぐらをかきながら。
バランスボールに無理やり寄りかかり、腰を痛めながら。

色んな場所で、色んな姿勢で、読んだ体験そのものに思い出ができたのは、「長編小説ならでは」だなぁと思います。

徳川家康(山岡荘八)、全26巻も読み切れるのか?

「26巻とか無謀かな…」と不安でしたが、想像以上にスルスル読めました。

とにかく文章力が凄まじいんです。
会話文が多かったので、そのおかげでテンポよく先に進めたのかもしれません。

「歴史小説」のくくりで振り返ると、中学生の頃、朝読書の時間に津本陽「下天は夢か」に挑戦しました。


下天は夢か 全4巻セット (講談社文庫)

織田信長を描いた作品ですね。

結局「下天は夢か」は、最後まで読み切れなくて断念。
なんとなくその後も、歴史物の本に、苦手意識を持っていました。

おそらく中学生の頃は、細部まで完璧に理解しようとしたのでしょう。
完璧さを求めるあまり、挫折したんですね。
いつか、津本さんの「夢三部作」にも再挑戦して、戦国時代をより多面的に捉えたいですね。

今回「徳川家康」で、十数年ぶりに歴史小説に再チャレンジ。
「ござる」調の言葉遣いにもすぐに慣れて、無事に最後まで読めました。

十数年の時を経て、私は ”いい加減” な人間になりました。
知らない人物などが登場しても、適当にどんどん先に読み進めたら、苦もなく最後までたどり着きました。次に読む時は、もう少し教養を身につけていたいものです。笑

むしろ、寝る間を惜しんで読んでしまうので、ご注意ください。

一度本を開いたら、そうカンタンに本を閉じられません。
先が気になって、スルスル読めるから先に進んでしまって…。
「もう眠らせてくれ…」と思いながらページをめくり続けたのも、初めての経験です。笑

歴史小説に慣れていない人でも、「徳川家康」は気軽に読める文章だと思います。

自分も読破してみたいなぁ…

こう思った人は、まずは全巻そろえましょう。

ネット通販で一冊ずつ購入もできますが、そのうち購入作業が面倒くさくなると思います。
それで挫折するのは、もったいないですよね。

読みはじめたら結局ハマりますので、安心して全巻そろえてください。

読破のコツ

最後に一つだけ。
僭越ながら、文庫本の26巻を読破するコツをアドバイスさせていただきます。m(_ _)m

読みたい本(巻)を一冊だけ、手元に置いてみてください。

26巻すべてが本棚に並んでいる状態を見ると、

こんなにあるのか…
全部なんて絶対読めない…

このように、分量に圧倒されてしまいます。

けれど、一冊だけが目に入る環境を作れば、その一冊に集中できます。
すると、一冊ずつ読み進めるうちに、

お、いつの間にか10巻まで進んでた…!

こうなります。

本棚に全26巻を並べるのは構いません。
その中から読みたい巻を、一冊だけ取り出してください。
取り出した一冊だけを、別のミニ本棚などに置いておく、といったイメージですね。

目の前の「今」に集中して、最後まで挫折せずに読破するための、脳の活用テクニックです。
よかったらお試しください。けっこう効果ありましたよ!

ーーー

文体に慣れるまでは、読むのがしんどいかもしれません。
しかし慣れてしまえば、読まない方がしんどくなります。

日本が誇る文学作品で、あなたも江戸の風を感じてみませんか?


徳川家康 文庫 全26巻 完結セット (山岡荘八歴史文庫)

追記 2022年5月

2021年8月に「徳川家康」を読破してから、長編小説に挑みたい欲求が続いています。

2022年5月までの間に、トルストイ「アンナ・カレーニナ」カフカ「城」 も読みました。
カフカの「城」は6〜7年積んでいた本だったので、ようやく読み終えることができて感無量です。

避けていた長編小説を楽しめるのも、「徳川家康」を読み切った体験のおかげかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました