IPv4 over IPv6とは?【シンプルにざっくり解説】

Wi-Fiの速度を改善したい。IPv4 over IPv6が良いらしいけど、何のこっちゃ?細かいことはいいから、IPv4 over IPv6とは何か知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • IPv4 over IPv6とは何か、ザックリ解説しています
    • IPv4・IPv6
    • PPPoE・IPoE
    • IPv4からIPv6への過渡期

こんにちは、わいあーるです。
IPv4 over IPv6で、快適にWi-Fi通信しています。

以前は1Mbps未満だった通信速度も、IPv4 over IPv6にしてから安定して200Mbps以上出るようになりました。

インターネット速度の改善

…さっきから出てくるIPv4 over IPv6、意味分かんないですよね。
初めて目にする用語が多すぎて、頭がパンクしてしまいます。

このページは、自分用の備忘録の意味も込めて作りました。
余計な情報を削ってシンプルにまとめているので、ここでIPv4 over IPv6を理解してしまいましょう。

スポンサーリンク

IPv4 over IPv6とは?

先に結論から。

結論

IPv4 over IPv6とは、IPv6 IPoEの高速通信で、IPv4サイト・IPv6サイトにアクセスする技術である。

は?って感じですよね。
大丈夫です。一つひとつ順を追って見ていきましょう。

IPv4、IPv6について

はじめにIPv4、IPv6について整理しましょう。

IPv4とIPv6、「IPv」までの文字が共通しています。
これは、インターネット・プロトコル・バージョン(Internet Protocol version)の略です。

バージョン4がIPv4、バージョン6がIPv6。

それじゃあ、IP(インターネット・プロトコル)って何?

と思いますが、IPは、インターネットに接続する際のルール・決まりごとです。

とりあえず「IPv4は古いバージョン、IPv6は新しいバージョンの通信ルールだ」といった認識でオッケーです。

  • IPv4 :古い
  • IPv6 :新しい

PPPoE、IPoEについて

IPv4、IPv6という異なる通信ルールがあることが分かりました。

単純に、新しいIPv6の方が良いんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、実はそうカンタンではありません。
IPv6には、PPPoEIPoEという2つの接続方式があるからです。

何やら見慣れない英語がまた出てきました。
難しい話は置いておいて、インターネット接続において「PPPoEは遅い、IPoEは速い」といった認識でオッケーです。

  • PPPoE:遅い
  • IPoE :速い

先ほど「IPv6には2つの接続方式がある」と言いましたが、IPv4はどうなんでしょう?
実は、IPv4にはPPPoEの接続方式しかありません

つまりWi-Fi通信を速くしたいのであれば、IPoEを使えるIPv6に変更しなければならないのです。

勘の良い人はここまで読んで、

なるほど。
IPv4はPPPoEしかなくて、IPv6にはPPPoEとIPoEがある。
んで、PPPoEよりIPoEの方が速いのか。
それじゃあ、IPv6のIPoEを選べば良いじゃん!

と思われたかもしれません。

ですが、すみません。
残念ながら、まだ問題があるのです。

IPv4からIPv6への過渡期

ややこしくなってきました。
ここまでを図にまとめると、下記の通り。

IPv4,IPv6,PPPoE,IPoEを整理

最初に、IPv4(古いルール)とIPv6(新しいルール)があると説明しましたよね。

実は現在は、IPv4からIPv6への過渡期に当たる時代。
そのためインターネット上には、IPv4のwebサイトとIPv6のwebサイトが混在しています。

と言っても、ほとんどは古いIPv4のwebサイトです。
IPv6 Deployment Statusの調査によると、日本の主要webサイトにおけるIPv6対応率は16%です(2020年10月13日現在)。

またIPv4とIPv6の間には、互換性がありません

したがってIPv4通信では、IPv6のwebサイトにアクセスできません。
同様に、IPv6通信に切り替えたら、IPv4のwebサイトにアクセスできなくなってしまいます

そのため、安易に高速なIPv6 IPoEに変えると、

IPv6 IPoEで高速通信を実現したぜ!
世の中のほとんどのwebサイトを見れなくなったけどな!

という悲しい事態が起こりえます。
IPv6通信への変更は、慎重に行わなければなりません。

  • 現在、ほとんどのwebサイトはIPv4サイト
  • IPv6 IPoEに変えると、IPv4サイトを見れなくなる

改めてIPv4 over IPv6とは?

以上の複雑な問題を解決するのが、IPv4 over IPv6という通信技術です。
IPv4 over IPv6では、IPv6 IPoE通信をしながら、IPv4サイトにもアクセスします。

つまりIPv6 IPoEの高速通信を利用して、IPv4サイト・IPv6サイトのどちらにもアクセスできるのです。
画期的な技術ですね。

冒頭のIPv4 over IPv6とは何かについて、もう一度見てみましょう。

結論

IPv4 over IPv6とは、IPv6 IPoEの高速通信で、IPv4サイト・IPv6サイトにアクセスする技術である。

以上かなりザックリですが、IPv4 over IPv6技術について見てきました。

IPv6への完全移行は、これから何年かかるか分かりません。
「夜になるとWi-Fiが遅い…」と悩んでいる方は、ストレスフリーな毎日のため、IPv4 over IPv6に切り替えることをオススメします。

それでは、快適なインターネットライフを。

タイトルとURLをコピーしました