私がiVDR「レコーダー」を買わない理由

iVDRレコーダーがほしい。
でも今、本当にiVDRレコーダーを買っても良いのかな?
高い買い物だし、慎重に決めたい…

こういった悩みに答えます。

こんにちは、わいあーるです。
7年ほど、日立・Woooのテレビを使っています。

しかしここ1年ほど、Woooの調子が悪くなってきました。
HDDを読み込まなかったり、録画できていなかったり。

そんな状況もあって、今まで録画した番組をどうしよう?と考えるようになりました。
その時、iVDRレコーダーの存在を初めて知ったのですが、わが家ではiVDRレコーダーを買わないことに決めました。

もしもあなたがiVDRレコーダーの購入を検討していたら、一度このページに目を通してみてください。3分ほどで読み終わります。

その上で、レコーダー購入が必要かどうか、改めて考えてみてください。

それではどうぞ。m(_ _)m

スポンサーリンク

私がiVDRレコーダーを買わない理由

繰り返しになりますが、私はiVDRレコーダーを買いません。
理由は、iVDR依存の録画から脱却するためです。

詳しく説明していきますね。

iVDRレコーダーを買うということは、テレビ番組の録画を、iVDRに頼ることを意味します。

Woooを製造している日立は2018年、薄型テレビの国内販売から撤退しました。
すると今後「Woooの調子が悪い…」と思った人が、Wooo本体に保存している録画番組を、iVDRカセットに移し替えようとする動きが予想されます。

しかし日立の子会社・マクセルも、2018年にiVDRカセットの販売を終了しました。
2020年現在、iVDRカセットは、在庫品や中古品のみ市場に出回っている状況です。

そうなると、iVDRカセットへの需要が高まるものの、iVDRカセットの供給量は増えないため、iVDRカセットの市場価格は高騰していきます。

つまり今後は、iVDRカセットの入手に、ますますコストがかかるようになるのです。
言い換えると「テレビ番組の録画コストが増える」ということですね。

今、大枚をはたいてiVDRレコーダーを買う。
そしてその元を取るために、価格が高騰したiVDRカセットを将来泣く泣く購入する。

そんな、意地を張っている未来の自分がふと思い浮かび、「あ、レコーダーは買わないほうがいいな」と私は考えました。

私がiVDRレコーダーを買わない理由は、録画コストが増える未来を避け、iVDR依存の録画体制から脱却するためです。

iVDR「レコーダー」は買わない

「iVDR依存の録画体制から脱却する!」とは言ったものの、せっかく録りためた番組と、今すぐサヨナラするのは心情的になかなか難しいですよね。

そこで落とし所として私は、iVDR「レコーダー」ではなく、iVDR「プレーヤー」を買いました。

iVDRプレイヤー・VDR-P400

ここ1年ほど調子の悪いわが家のWoooですが、現在も引き続きiVDRカセットに録画しています。
iVDRプレーヤーを買ったからです。

Woooが壊れてテレビを買い替えても、iVDRプレーヤーがあれば、iVDRカセット内の録画データを当面は楽しめます。

もしも、iVDRプレーヤー(ないしはiVDRカセット)が壊れたら、その時はその時。
割り切って、録りためた録画データとお別れしよう。
と、考えました。

Woooが壊れそうだけど壊れていない今すぐに、録りためた番組とバイバイするのは難しい。
代わりにiVDRプレーヤーを買い、iVDR関連機器が壊れるまでの間に心の準備をしておく、という感じです。

Woooが壊れた後、徐々にiVDR依存からフェードアウトすべく、iVDRレコーダーではなくiVDRプレーヤーを買うことにしました。

iVDRレコーダー、本当に必要か考えてみて

以上、長々と自分語り失礼しました。m(_ _)m
ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • iVDRレコーダーを買わない
    • iVDR依存の録画体制から脱却するため
    • 将来、録画にかかるコストが高くなるため
  • 代わりに、iVDRプレーヤーを買った
    • 録画した番組たちと別れる心の準備をするため

iVDRレコーダーですが、一部の通販サイトでは既にものすごい高値が付いています。
このページで述べた内容はあくまで私の一意見ですが、あなたはどう思いますか?

iVDRレコーダーを買う前にもう一度、本当に「レコーダーが」必要か、考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました