【使途別】PCディスプレイのパネル(TN・VA・IPS/ADS)の違い

PCディスプレイを購入する。
パネルの種類について、 違いを知りたい。
TN?VA?IPS?ADS?
何がどう違うの?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 「ディスプレイ」と「パネル」の違い
  • TN・VA・IPS/ADSパネルそれぞれの特徴と使い道
  • 筆者が購入したパネルについて

この記事を書いている私は、先日、PC用の外付けディスプレイを購入しました。

ディスプレイ選びは初めて。
ネットを見ても専門用語だらけで、チンプンカンプンでした。…。

このページでは、ディスプレイの ”パネルの違い”について解説します。

私のような初心者の方向けに、難しいことは省いて、実際的な内容を記載しています。
参考になれば幸いです。

パネルの違いを押さえて、失敗しないディスプレイ選びをしましょう。

スポンサーリンク

PCディスプレイのパネルの違い

PCディスプレイの、パネルの違いを整理しましょう。

そもそもですが、「ディスプレイ」と「パネル」の違いは、

  • ディスプレイ:フレームも含めた製品全体の呼称
  • パネル:ディスプレイの中でも、画面を映す板の部分

上記のとおり。
これは、なんとなくお分かりかと。

そしてパネルには、いくつか種類があります。

  • TN
  • VA
  • IPS/ADS

上記のとおり。

一応、それぞれの正式名称は、

  • TN:Twisted Nematic
  • VA:Vertical Alignment
  • IPS:In-Plane Switching/ADS:Advanced super Dimension Switch

こんな感じ。
詳しい意味合いなどは、ここでは省略します。m(_ _)m

どうしてIPS/ADSは、ひとくくりなの?

後述する特徴から、上の3グループに分類されます。
「IPSとADSは、同じような特徴をもったパネルだ」ということですね。

液晶分子の駆動方向などの違いから、グループ分けされているようなのですが…すみません。専門的な内容は、他を当たってください。m(_ _)m

では、

  • TN
  • VA
  • IPS/ADS

それぞれの特徴について、チェックしていきましょう。

パネルの種類長所短所おすすめの使い道
TN・応答速度が早い
・安い
・視野角が狭い
・色の再現はイマイチ
・動きのあるゲーム
・スポーツ鑑賞
VA・コントラスト比が強く、黒色が優秀
・視野角はそこそこ
・応答速度が遅い(残像感を覚えやすい)
・見る角度によって、色が変わりやすい
・映画・ドラマなど動画鑑賞
IPS/ADS・視野角が広い
・色の再現度に優れる
・応答速度はそこそこ
・高価
・コントラストが弱い
・画像の編集
・縦置き、マルチディスプレイ

TNパネル

TNパネルの特徴(メリット・デメリット)は、下記のとおりです。

メリット
  • 応答速度が早い
  • 安い
デメリット
  • 視野角が狭い
  • 色の再現はイマイチ

上記のとおり。

「応答速度が早い」という長所から、動きのあるゲームやスポーツ鑑賞に向いています。

対して、「視野角が狭い」という短所から縦置きやマルチディスプレイ用には不向きです。

市場に多く出回っていて、安く買える点も魅力ですね。

TNパネルのおすすめの使い道
  • 動きのあるゲーム
  • スポーツ鑑賞

VAパネル

つづいて、VAパネルの特徴について。

メリット
  • コントラスト比が強く、黒色が優秀
  • 視野角はそこそこ
デメリット
  • 応答速度が遅い(残像感を覚えやすい)
  • 見る角度によって、色が変わりやすい

上記のとおり。

最大の魅力は、コントラスト比が強いこと。
他のパネルと比べて「より深い黒色を出せる」と言われます。

映画やドラマなどを、美しい映像で楽しみたい人にぴったりですね。

ただし応答速度が遅いので、動きのあるゲーム用途には向いていません。

VAパネルのおすすめの使い道
  • 映画・ドラマなど動画鑑賞

IPS/ADSパネル

最後は、IPS/ADSパネルの特徴。

メリット
  • 視野角が広い
  • 色の再現度に優れる
  • 応答速度はそこそこ
デメリット
  • 高価
  • コントラストが弱い

上記のとおり。

視野角の広さから、縦置きマルチディスプレイでも快適に作業できます。

また、色の再現度が高さから、イラスト制作画像編集といったクリエイティブな作業に最適です。

対するデメリットは、価格の高さ。
TN、VAと比べて、少しお値段が張ります。

IPS/ADSパネルのおすすめの使い道
  • イラスト制作、画像編集など
  • 縦置き、マルチディスプレイ

以上の特徴を、あらためて一覧表で確認しましょう。

パネルの種類長所短所おすすめの使い道
TN・応答速度が早い
・安い
・視野角が狭い
・色の再現はイマイチ
・動きのあるゲーム
・スポーツ鑑賞
VA・コントラスト比が強く、黒色が優秀
・視野角はそこそこ
・応答速度が遅い(残像感を覚えやすい)
・見る角度によって、色が変わりやすい
・映画・ドラマなど動画鑑賞
IPS/ADS・視野角が広い
・色の再現度に優れる
・応答速度はそこそこ
・高価
・コントラストが弱い
・画像の編集
・縦置き、マルチディスプレイ

上表のとおり。
それぞれのパネルの長所・短所を押さえておきましょう。

PCディスプレイのパネルの違いを踏まえた個人的なアレコレ

ちなみに私は、ADSパネルのディスプレイを購入しました。
購入目的は、ブログ運営における作業環境の改善です。

以前は、TNパネルのノートPC(Chromebook)を使っていました。
ADSパネルのディスプレイを使いはじめてから、

  • 視野角が広く、斜めからでもしっかり見えて感動した
  • 色の違いがハッキリと分かり、画像編集作業で「赤とピンクはこんなに違うのか…!」と感動した

こういった違いを実感しています。
作業効率が大幅にアップしましたね。

私が購入したディスプレイについて詳細は、【快適】Chromebookで使える国産ディスプレイを導入してみたをどうぞ。使用感や特長、向いていない人にも言及しています。

在宅ワークなど、事務作業に向いているのは?

事務作業に向いているパネル。
個人的には、

  • VA
  • IPS・ADS

のどちらかかなと思います。

理由は、視野角の狭いTNパネルは、マルチディスプレイや縦置きが苦手だからです。

事務作業で求められるのは、効率ですよね。
効率を追求していくと、「デュアルディスプレイ」や「ピボット(画面回転)機能」を実現したくなってきます。

そんなときVAパネルやIPSパネルなら、モニターアームの追加でササッと実現できてストレスがありません。

なお、VA、IPSのどちらを選ぶべきかは、

  • 画像編集を行う→IPS/ADS
  • なるべく安く買いたい→VA

こんな感じでしょうか。
私はADSパネルのディスプレイを買いましたが、VAパネルでコストを抑える選択もアリでしたね。

とはいえ「VA」よりも「IPS/ADS」の方が、視野角が広いみたいなので結果オーライ。
ADSパネル、満足しています。

あくまで私個人の意見ですが、参考になれば幸いです。m(_ _)m

パネルの違いを押さえてPCディスプレイを選ぼう

PCディスプレイのパネルは、種類によって特徴が異なります。
高価なIPS/ADSパネルが、常に最善の選択肢とは限りません。

まずは、あなた自身のディスプレイ購入目的を明確にしましょう。

その上で、当ページの内容が少しでもお役に立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました