資格の勉強が進まない…壁を乗り越えるためにできること

資格の勉強が、なかなか先に進まない…
このままじゃ本番に間に合わないぞ
マズいな。どうすれば良いのか
なんとかしなきゃ…

こういった悩みに寄り添います。

この記事を書いている私は、資格を7つほど保有しています。
これまでの人生で資格取得のために、時間とエネルギーをわりと割いてきました。

資格試験の勉強って、なかなか先に進まなくてツライですよね。
焦れば焦るほどドツボにハマり、自分を責める悪循環に陥ってしまいます…。

このページでは、勉強が進まない理由について深掘りしています。
主観的な内容ですが、何かヒントになれば幸いです。

心のコリをほぐして、少しでもエネルギーを充電していってくださいね。

スポンサーリンク

資格の勉強が先に進まない理由

「勉強がなかなか先に進まない…」

こんな悩みには、何かしら原因があると思います。
受験当時を振り返り、個人的に思い当たる原因は、下記のとおり。

資格の勉強が進まない原因
  1. 最初から完璧を求めているから
  2. そもそも勉強していないから
  3. 同時に複数の課題に取り組んでいるから

一つずつ、順に見ていきます。

1. 最初から完璧を求めているから

「勉強が進まない…」と悩んでいるあなたは、テキストを一回読んだだけで、すべてを理解しようとしていませんか?

一回の学習ですべて完璧に覚えるなんて…はっきり言って無謀です。

あなたが天才でなければ、一発で覚えるのは諦めましょう。
まずは、その ”完璧主義” を捨て去ってください。

そもそも、新しい理論や概念を学ぼうとしているのですから。
一回で理解できなくて、当たり前です。むしろ、

ここ理解できないぞ…
難しいな

そう気づいたとしたら。
それだけで確実に、大きな前進ですよね。

同じテキスト・過去問を ”繰り返す” 意識を持ってください。

「繰り返すなんて、つまらない」と思いますか?
そうですね。資格の勉強なんて、地味で味気ないものだと思います。

たとえばテキスト(参考書)を、5周繰り返すとしましょう。
すると試験本番までの、限られた時間の使い方が変わります。

1周目は、分からなくて当然です。
これから、どんなことを学ぶのか?まずは全体像の把握に努めます。

2周目も、まだまだ不明点だらけのはず。
2周で50%理解していたら、上出来すぎですね。

3周目あたりから、細かな論点にも気を配ります。
分からない論点にも向き合って、一つずつ苦手をつぶしましょう。

4周目には、合格点の確保に努めます。
基本を確実に押さえつつ、合格レベルをめざしましょう。

5周目は、総仕上げ。
試験までの残り時間を意識しながら、優先順位をつけて走り抜けましょう。

一例は、上記のとおり。

「一回で覚えなきゃ…」というプレッシャーが弱まれば、勉強に着手するハードルが下がります。
すると、気楽にテキストを開けるようになります。

自分に限界を設けず、限界を超えようとする力強さも、たしかに必要かもしれません。
でも、自分の限界を客観的に受け入れると、今やるべき課題が明確になります。

当面の目標は ”合格” のはず。
試験当日に合格レベルに達していれば、OKです。
いま合格レベルに達していなくても、何の問題もありません。

最初から完璧を求めないで、現実的に合格をめざしましょう。

2. そもそも勉強していないから

勉強が進まない原因は、そもそも勉強していないからかもしれません。

「…当たり前だろ」と言われてしまいそうですね。笑
でも堂々巡りで悩んでいる最中には、そんな ”当たり前” に気付けないこともあります。

合格をめざしているのに、なぜ勉強していないのでしょうか?
まずは、あなた自身の ”心の声” に耳を澄ませてください。

  • 勉強時間を確保できていないから
  • 勉強に着手するまでの障害が多いから
  • 疲れているから

いろんな理由があると思います。
理由がわかったら、あとは解決法を考えて実行すればOK。

  • どうやって勉強時間を捻出する?
  • 勉強の障害を取り除くには?
  • 疲れを癒やすには?

上記のとおり。

ポイントは、自分で考えることです。

ネットで調べれば、それっぽい原因や対処法は見つかると思います。
けれど、あなたの問題は、あなたにしか解決できません。

このとき、”頭” で考えるだけでは、解決は難しいと思います。

自分の ”心” に寄り添ってあげて、醜くても見苦しくても、本音を吐き出しましょう。
自分の弱さを直視できる人は、強いと思いますよ。

紙とペンを用意して、あなたの課題に集中してください。
合格に近道なんてありません。コツコツ地道なルートが、最短です。

3. 同時に複数の課題に取り組んでいるから

勉強が進まない人は、資格以外の課題にも、同時に取り組んではいないでしょうか?
たとえば、

資格以外の課題
  • ダイエット
  • 筋トレ
  • ジョギング
  • 禁煙
  • 他の習い事

上記のように。

私は、資格取得をめざすのであれば、他の課題はいったん忘れるべきだと思います。
”二兎追う者は一兎も得ず” のことわざ通りに。

これには反論もあると思います。

「いろんな課題に同時に挑戦して、相乗効果で乗り越えよう!」とか。
やり方は、必ずしも一つではないでしょう。

でも個人的な感覚としては、取り組む課題を絞ったほうが、目標達成の可能性は高まる気がしますね。
まぁこのあたりは、人それぞれ、タイプによって異なるのかなと。

「アレもコレも」と欲張らず、「コレだけ」に集中してみましょう。
一つひとつの積み重ねは、やがて大きな力になります。

※最後に、もう一つだけ

勉強が進まないのは、当初の目的を忘れているためかもしれません。

勉強は手段であって、目的ではありません。

苦しい思いをしてまで、なぜ資格に挑戦しているのか?
初心に返り、純粋な “あの頃の気持ち” を思い出してください。

資格の勉強が先に進まない理由|まとめ

ページの内容をまとめます。

資格の勉強が先に進まない理由
  • 最初から完璧を求めているから
  • そもそも勉強していないから
  • 同時に複数の課題に取り組んでいるから
  • 当初の目的を忘れているから

資格の勉強が進まない現象には、必ず原因があります。

焦りを覚えると、ネットで検索して、てっとり早く ”答え” を探しがち。
でも、”答え” を知っているのは、他ならぬあなた自身です。

あまり躍起になって、ネット上に ”答え” を求めないようお気をつけください。
ネット上にあるのは「ヒント」に過ぎず、「あなたの答え」とは限りません。

…ブログで情報発信している、私が言うのもアレですけどね。笑

間違いながら、迷いながら、前に進んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました