【どっち?】@スマート光の格安プラン・通常プランの違いを整理

当ブログは、@スマート光を提供する株式会社NEXTのアフィリエイト・パートナーです。

光サービス乗り換えを検討中

@スマート光が良さそうだ
へー、格安プランもあるんだ
安いなら使いたいな
格安プランと通常プランは、どう違うんだろう?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • @スマート光「格安プラン」「通常プラン」の比較
  • 「格安プラン」と「@SMART スタートキャンペーン」について
  • 「格安プラン」がおすすめの人

この記事を書いている私は、@スマート光ユーザーです。

@スマート光に申込む前、”格安プラン” が目に留まりました。
「格安?いいじゃん、それにしよう!」と思ったのですが、残念ながら私は利用できませんでした。

このページでは、格安プランの条件、通常プランとの違いなどを解説します。

ざっくり結論を言うと、次のとおり。

ざっくりいうと…

格安プランは、新規申込みの人向け。
開通工事費を一括払いすることで、月々の利用料金が330円安くなる。

では、@スマート光の格安プランについて、具体的に見ていきましょう。

この記事は、2022年7月2日現在の情報に基づいています。
申込みの際は、@スマート光 公式HP にて、料金などをご確認ください。

金額は、税込み価格で表示しています。

@スマート光の格安プラン・通常プランの違い

@スマート光の「格安プラン」は、新規申込みの人向けの料金プランです。
開通工事費の一括支払いを条件に、毎月の利用料金が安く設定されています。

格安プランの対象者:新規申込みの人

格安プランは、新規申込みの人向けのプランです。

@スマート光(光コラボ)の申込みは、次の3種類に分けられます。

  • 新規
  • 転用
  • 事業者変更

@スマート光の格安プランを選択できるのは、3種類のうち「新規」申込みの人だけ。
「転用」または「事業者変更」で@スマート光に申込む人は、格安プランを利用できません。

「新規」申込みに当たるのは、”フレッツ光・光コラボ以外から乗り換える人” です。

3種類の申込みについて詳しく知りたい人は、【新規?転用?事業者変更?】具体例とともに光回線の申込みを整理 をご覧ください。

冒頭で ”私は格安プランを利用できなかった” と言いました。
この理由は、私が他社光コラボから、事業者変更で@スマート光に乗り換えたためです。

結果、わが家は通常プランで契約。
それでも安いので、満足しています。

このように格安プランは、新規申込みの人向けに用意されています。
@スマート光に申込むすべての人が利用できるわけではありません。ご注意ください。

格安プランの条件:開通工事費の一括払い

格安プランの利用条件として、開通工事費を一括で支払わなければなりません。

@スマート光に新規申込みする場合、光回線の開通工事が必要になります。
NTTの光ファイバーケーブルを、自宅まで引っ張ってくる工事ですね。

2022年7月2日現在、@スマート光の開通工事費は、次のとおり。

回線タイプ開通工事費
マンション16,500円
ホーム(戸建て)19,800円

開通工事費16,500円または19,800円の一括支払いが、格安プランの条件となります。

2022年7月2日現在、@SMART スタートキャンペーン が開催されています。
「格安プラン」との関係については、後述します。

格安プランの効果:月々の利用料金が安くなる

格安プランの月額利用料は、通常プランよりも安く設定されています。
通常プランとの差額は、月々330円 です。

回線タイプ通常プラン格安プラン差額
マンション3,630円3,300円330円
ホーム4,730円4,400円330円
ホーム(10ギガ)6,380円6,050円330円

月額利用料の違いは、上表のとおり。
どの回線タイプでも、月330円の差額は同じですね。

以上のように、@スマート光の格安プランは、

  • 新規申込みの人を対象として、
  • 開通工事費の一括払いを条件に、
  • 月々の利用料金が330円おトク

こんな料金プランです。

@SMART スタートキャンペーンについて

2022年7月2日現在、@SMART スタートキャンペーンが開催されています。
4つの初期費用が無料になるキャンペーンで、開通工事費も無料となります。

ただし「格安プラン」と「開通工事費の割引」は、重ねて適用されません。

新規に格安プランをお申し込みの場合、開通工事費は割引対象外です(その他の割引は適用されます)。

@スマート スタートキャンペーン より引用

上記のとおり。

他方、「格安プラン」と「開通工事費以外の割引」は、重ねて適用されるようです。
これはありがたいですね。

@SMART スタートキャンペーンの詳細は、公式HP をご覧ください。

以上をまとめると、@SMART スタートキャンペーンを受けながら新規申込みする人は、次のどちらかを選択することになります。

  • 格安プランで申込み、開通工事費を一括で支払う
  • 通常プランで申込み、開通工事費を無料にする

これは言い換えると、

  • 毎月の固定費を安くしたい →格安プランを選択する
  • 初期費用を安くしたい →通常プランを選択する

こんな選択になります。

計算してみた

「格安プラン」を選ぶべきか?
「通常プランで開通工事費の無料」を選ぶべきか?

短期的に見れば、通常プランを選ぶ方がおトクです。
16,500円または19,800円の開通工事費が、キャンペーンで無料になるので。

では長期的に考えると、どうでしょうか?
格安プランは、月々330円安いのでしたね。

損益分岐点を計算してみました。
結果は、下記のとおり。

回線タイプ損益分岐点
マンション4年2ヶ月
(50ヶ月)
ホーム(戸建て)5年
(60ヶ月)

短期的な利用であれば「通常プランで開通工事費無料」の方がおトク。
4年2ヶ月または5年以上にわたって利用するのであれば、「格安プラン」の方がおトク。

長期利用の損益分岐点は、以上の計算結果となりました。

補足:計算式

利用月数をxとする。

●マンション
16500 + 3300x = 0 + 3630x
330x = 16500
x = 50

●ホーム
19800 + 4400x = 0 + 4730x
330x = 19800
x = 60

●ホーム(10ギガ)
19800 + 6050x = 0 + 6380x
330x = 19800
x = 60

@スマート光の格安プラン・通常プランの違い|まとめ

@スマート光の格安プランは、新規申込みの人向けのプランです。
開通工事費を一括で支払うことで、月々の利用料金が330円安くなります。

2022年7月2日現在、@SMART スタートキャンペーンが開催されています。
@SMART スタートキャンペーンのうち ”開通工事費の無料” は、格安プランと併用できません。

臨時ボーナスが入った。
今は懐が暖かいけど、これから毎月支払うことになる固定費は、なるべく安く抑えたいな。

初めて一人暮らしをするわが子。
初期費用は親の自分が援助して、子どもが支払う毎月の利用料は、なるべく安くしてあげたいな。

こんな人は、格安プランがおすすめです。
初期費用にお金をかけた分、ゆったりした気持ちで、毎日を過ごせるのではないでしょうか。

それでもなお「決められない…」と悩むようなら、@スマート光に相談してみてください。
自社の利益より、私たちユーザーの便益を優先してくれる業者さんです。
きっと、親身なアドバイスをもらえますよ。

自分の気持ちを整理しながら、プランを決めていきましょう。
>> @スマート光|公式HPはこちら

タイトルとURLをコピーしました