【体験談】@スマート光に事業者変更で乗り換えた具体的な流れ

光コラボを利用中
@スマート光に、事業者変更で乗り換えたい
事業者変更の流れは、具体的にどんな感じかな?
実際の体験談を聞いてみたい

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • @スマート光への事業者変更の具体的な流れ
  • 事業者変更の注意点

この記事を書いている私は、@スマート光を利用しています。

以前利用していた光コラボは、enひかりでした。
enひかり → @スマート光 へ、事業者変更による乗り換えです。

「光回線、乗り換えても大丈夫かな?」
「事業者変更、無事にできるかな…」

乗り換え前は、不安に襲われますよね。
私もドキドキしながら、手続きを一つずつ進めました。

このページでは、私自身の事業者変更の体験を、記録として残しておきます。

具体的な日付や、業者さんとのやり取りにも言及しています。
当ページで、申込み前後のイメージを膨らませてみてください。

光回線乗り換えの、お役に立てば幸いです。

@スマート光に事業者変更で乗り換えた流れ

「enひかり → @スマート光」に、事業者変更で乗り換えた流れは、下表のとおり。

情報収集、サービス・料金の比較検討2022年1月下旬〜2月上旬
事業者変更承諾番号の取得
事業者変更でweb申込み
2月7日(月)
@スマート光から電話着信2月8日(火)
@スマート光と電話で詳細すり合わせ2月9日(水)
開通日をenひかりに電話連絡2月10日(木)
書類の到着2月18日(金)
開通。乗り換え完了2月19日(土)

それぞれ、具体的に見ていきます。

情報収集、サービス・料金の比較検討|1月下旬〜2月上旬

2022年1月下旬に、@スマート光を初めて知りました。

@スマート光のサービス内容や料金など、まずは情報を集めます。
ネットで解決できない疑問点は、@スマート光に直接問い合わせました。

情報収集・比較検討の結果、@スマート光に乗り換えれば、わが家では月々およそ300円安くなると分かりました。

  • 事業者変更なら縛り期間なし
  • 「ひかり電話」や「v6プラス」も今まで通り利用可能

「それならば」ということで、乗り換えを決意しました。

事業者変更承諾番号の取得|2月7日(月)

2月7日(月)に、事業者変更承諾番号を取得しました。

事業者変更承諾番号とは、事業者変更で乗り換えるときに必要な番号です。
「乗り換え先」ではなく、「乗り換え元」に発行してもらいます。

わが家のケースでは ”enひかり” ですね。

enひかりのカスタマーサポートに電話を入れ、「事業者変更承諾番号を発行してほしい」と申し出ます。すると本人確認の後、すぐに対応(=発行)してくれました。

そのまま電話口で伝えられるので、番号をメモ。_φ(・_・
後の申込みで必要になります。番号はしっかりと確認しておきましょう。

なお発行にあたって、下記の2点にご注意ください。

  1. 発行手数料がかかる
  2. 有効期限が決まっている

1. 発行手数料がかかる

事業者変更承諾番号の発行には、手数料がかかります。
発行手数料の支払い先は、「乗り換え元」の光コラボです。

enひかりでは3,300円でした。
この金額は、光コラボによって異なるようです。

あらかじめ金額を確認し、落ち着いて手続きを進めましょう。

2. 有効期限が決まっている

事業者変更承諾番号には、有効期限の定めがあります。15日以内です。

期限が切れると、その番号は無効となり、再発行しなければなりません。

乗り換えの意志を固めてから、事業者変更承諾番号を取得しましょう。
そして期限内に事業者変更を行うよう、注意してくださいね。

事業者変更でweb申込み|2月7日(月)

事業者変更承諾番号を取得した同じ日に、@スマート光へwebで申込みました。

ここに ”事業者変更承諾番号” の入力欄があります。
あらかじめメモした番号を入力しましょう。

また、NTTの ”お客様ID” の入力欄もありました。

「お客様ID?何それ??」と焦ったのですが…
enひかりと契約した当時に送付された「開通のご案内」に記載されていました。

NTTのお客様ID

こんな感じ。完全に忘れてた…。

お客様IDは、”CAF” や ”COP” から始まる英数字です。
事前に、NTTの ”お客様ID” を用意しておきましょう。

つづけて、

  • 東日本エリア/西日本エリア
  • ホーム/マンション
  • 通常プラン/格安プラン
  • オプション
  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 電話連絡に都合のよい時間帯
  • クレジットカード情報

等々を入力していきます。

ひかり電話に付けるオプション(ex. 番号表示サービス)の入力欄は、web上に用意されていませんでした。細かなオプションは、後ほど電話確認の際にすり合わせます。

一つずつ入力し、入力内容を確認。
申込みボタンを押して、申込みが完了しました!

@スマート光から電話着信|2月8日(火)

web申込みの翌日(2月8日)、@スマート光から着信がありました。

私が希望した時間帯にお電話をいただいたのですが、折り悪く出られず。m(_ _)m
翌日(2月9日)に、こちらから連絡を入れました。

@スマート光と電話で詳細すり合わせ|2月9日(水)

2月9日(水)、@スマート光にお電話しました。

電話でのやり取り内容は、下記の3点。

  1. 申込み内容の確認
  2. オプションなどの詳細をすり合わせ
  3. 開通日について

1. 申込み内容の確認

web申込みの内容に間違いはないか、相互確認します。

2. オプションなどの詳細をすり合わせ

オプションサービスなど、詳細をすり合わせます。

私は「v6プラス」「ひかり電話」「(ひかり電話の)番号表示サービス」のオプションを付けました。

  • ひかり電話(固定電話)の電話番号は、そのまま引き継いで使いたい
  • ひかり電話に「番号表示サービス」オプションを付けたい

上記2点について、ここで申し出ました。

3. 開通日について

開通日について、@スマート光から、

@スマート光
@スマート光

開通日(切替日)は、最短で2月19日(土)になります。

と説明を受けました。
いまは2月9日(水)なので、ちょうど10日後ですね。

ただし同時に、

@スマート光
@スマート光

2月19日(月の途中)に開通させると、2月分の料金が二重にかかってしまう可能性があります。開通日をずらして対応も可能ですが、いかがいたしますか?

このようなアドバイスをもらいました。
いったん電話を切り、ちょっと考えてみることに。

…うーんなるほど、たしかにそうなりますね。

@スマート光の、契約月の料金計算は「日割り」です。

本サービスの料金計算期間は毎月1日から末日までです。計算期間の途中での契約または解約の場合は日割り計算となります。

@スマート 光|重要事項説明 より引用

しかし、仮に「乗り換え元」の解約月の料金計算が「月割り」だとすると、2月19〜28日の期間は、「乗り換え元」「乗り換え先」の両方に通信料を支払うことになります。「乗り換え元」の解約月が「日割り」計算であれば、この問題は生じません。

このとき二重の支払いを避けるには、開通日を、2月/3月の「月の切り替わり」に合わせればOK。@スマート光は、その提案をしてくれました。

調べてみたら、enひかりの解約月は「月割り」計算でした。

解約月の月額基本料は日割計算とはならず一月分満額のご請求となります。

enひかり 重要事項説明書 より引用

つまり2月19日に開通させると、(@スマート光の担当者さんが心配した通り、)私には二重の費用が発生してしまいます。

「どうしようかなー」と悩みましたが…(~_~;)
乗り換え作業をはやく終わらせ、気持ちをスッキリさせたかったので、開通日は「2月19日」に決めました。

再度@スマート光に電話をかけ、「開通日は2月19日でお願いします」と申し出ました。

@スマート光との電話のやり取りは、こんな感じですね。
乗り換えのコストを抑えたい人は、「月(≒ 料金計算期間)の切り替わり」に合わせて、開通日を指定すると良いでしょう。

担当者さんの、ユーザー目線のアドバイス。ありがたかったです。(-人-)

開通日をenひかりに電話連絡|2月10日(木)

開通日が決まった翌日(2月10日)に、enひかり(乗り換え元)に電話をかけました。
事業者変更承諾番号を発行した時、「開通日が分かったら連絡してください」と言われていたためです。

電話で「@スマート光の開通日は、2月19日に決まりました」と報告しました。すると、

enひかり
enひかり

ご連絡ありがとうございます。
解約月は月割り計算となっております。2月は、1か月分の料金が丸々かかってしまいますが…よろしいですか?

と確認を受けました。「承知しています」と伝えると、

enひかり
enひかり

かしこまりました。
他に何か疑問などはございますか?
それでは、これまでのご利用、誠にありがとうございました。

このように、丁寧に送り出してくれました。

乗り換えたものの、enひかりは最初から最後まで、さわやかで気持ちの良い業者さんでしたね。
enひかりさん、1年8ヶ月間ありがとうございました。m(_ _)m

書類の到着|2月18日(金)

2月18日(金)、@スマート光から封筒が届きました。

@スマート光から届いた封筒

書類は、全部で6枚。
書面であらためて、契約やサービスの内容を確認します。

契約状況別・インターネット設定方法の説明も、同封されていました。
親切ですね。これで安心して、翌日の開通を待てます。

開通。乗り換え完了|2月19日(土)

2月19日(土)。
訪問工事もなく、@スマート光が開通しました。
これにて乗り換え完了です!

私の場合はひかり電話v6プラスのオプションを付けたため、面倒なルーター設定もありませんでした。人によっては、ルーター設定が必要なケースもあると思います。

必要に応じて、@スマート光から送付された「インターネット設定方法」の紙や、ルーターの取扱説明書を参考に、初期設定をしましょう。

以上、@スマート光に事業者変更した、一連の流れでした。
長くなってしまいましたね。お疲れさまでした。m(_ _)m

@スマート光に事業者変更で乗り換えた流れ|まとめ

ページの内容をまとめます。
「enひかり → @スマート光」の事業者変更の流れは、下表のとおり。

情報収集、サービス・料金の比較検討2022年1月下旬〜2月上旬
事業者変更承諾番号の取得
事業者変更でweb申込み
2月7日(月)
@スマート光から電話着信2月8日(火)
@スマート光と電話で詳細すり合わせ2月9日(水)
開通日をenひかりに電話連絡2月10日(木)
開通。乗り換え完了2月19日(土)

@スマート光に事業者変更する際の注意点は、下記のとおり。

  • お問い合わせを利用して、サービスや料金の疑問・不安を解消する
  • 事業者変更承諾番号について、
    • 発行手数料がかかる
    • 有効期限に注意する
  • NTTの ”お客様ID” を用意しておく
  • ひかり電話に付けたいオプションは、電話確認の際に伝える
  • 「乗り換え元」の解約月の料金計算について、事前に確認しておく

@スマート 光の公式ホームページには、料金シミュレーションも用意されています。
いくら位かかるのか、事前にチェックしておきましょう。

ーーー

先の見えない状態に立たされると、ドキドキ不安に襲われます。
でも全体の流れが分かっていれば、その一歩を踏み出せるのではないでしょうか。

申込みをしたら、あとは流れに身を任せればOK。
@スマート光は、きっとあなたの不安にも寄り添ってくれますよ。

乗り換えの成功を祈っています!

追記

2022年9月8日現在、「@SMART スタートキャンペーン」が開催されています。

最大4つの初期費用が無料になるチャンスです。
この機を逃したら、もったいないですね。

忘れずにチェックしておきましょう。
>> @SMART スタートキャンペーン|詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました