【本質】社労士試験2年目の勉強方法

社労士試験、一発合格できなかったな。これから2年目に突入だけど、どうやって学べばいいだろう?社労士試験2年目の、効果的な勉強方法を知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 社労士試験2年目の勉強方法「答え」と「ヒント」

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

2021年には、事務指定講習を修了しました(※登録はしていません)。

社会保険労務士事務指定講習の修了証

社労士の本試験、本当にお疲れさまでした。m(_ _)m

暑い日に、クーラーのガンガン効いた室内で、4時間50分も闘いぬく。
気力・体力を酷使するので、試験の後しばらくは、燃え尽きてしまってもおかしくありません。

一度試験に落ちると、「さて、2年目はどう勉強したものか…」と、悩んでしまいますよね。

私自身、2度目の受験で合格しました。
不合格の悔しさ・苦しさは、身をもって体験しています。

当ページが、社労士受験に再挑戦する人の参考になれば幸いです。m(_ _)m

社労士試験2年目の勉強方法の「答え」

「2年目、どうやって勉強したらいいんだろう…」と悩んでいる人は、1年目の試験本番を振り返り、反省点を書き出してください。

ネット上には「ヒント」しかない

2年目の勉強方法。
残念ながら、ネット上にあなたが求める「答え」はありません。

ネット上にあるのは、再現性に乏しい「ヒント」だけです。

2年目に受かった私でも、「あなたに最適な勉強法」は提案できません。m(_ _)m

「答え」は、あなたの中にあります。
2年目の勉強法を見つけるため、あなた自身の手で、反省点を書き出してください。

本試験を振り返る

本試験を経験すると、様々な思いがあふれてきます。

  • 思ったよりクーラーが涼しかった。むしろ寒かった
  • 凡ミスがなくて良かった
  • 労災はわりと余裕だったけど、一般常識はてんでダメだった
  • 途中で集中力が切れた

こんな感じ。

試験を終えたら、この生々しい「思い」や「感触」を言語化しましょう。
実際に書き出すことで、2年目に何をすべきかが見えてきます。

私は1年目の試験翌日に、Wordに書き出しました。

社労士試験の反省点

上図のとおり。
EvernoteでもGoogle Keepでも、大学ノートに手書きでも構いませんよ。

反省点を書き出す際のポイントは、現状把握→原因分析→打ち手の決定 を意識すること。

昔の私は、「反省 = 自分を責めること」と勘違いしていました。
そうじゃなくて、失敗の原因を直視して、「どうすれば改善できるか?」まで考えましょう。

自分の弱さを認めなければならないので、ちょっと苦しい作業ですけどね。(・∀・;)

現状把握→原因分析→打ち手の決定。
私の具体例は、下記のとおりです。

【現状把握】
1年目、試験本番では100%以上の力を発揮できた。それでも、選択式で3点足りなかった。不正解の問は、単純に知識がなかった。「忘れていた」ではなく「知らなかった」。けれどテキストには、しっかりと記載されていた。

【原因分析】
勉強時、「こんな細かいトコロ出ないだろ」と、無意識に切り捨てていた。結果、本番で「知らない問題」に悩まされたのだろう。

【打ち手の決定】
2年目は、1年目より深く、細かく学ぶ。そうなると、「忘れること」が増えそうだ。なので、スキマ時間に暗記カードを多用する。そのために、自宅内のあらゆる場所に、暗記カードを置いておく。

上記のとおり。
もう一つ、例を挙げますね。

【現状把握】
1年目の労働一般常識。試験当日に新聞を読んでいれば、それだけで正解できる時事問題が出題された。けれど私は、その問に不正解だった。

【原因分析】
時事問題に不正解だったのは、学習手段を「テキスト・過去問」に絞りすぎたためかもしれない。

【打ち手の決定】
2年目は、日頃から、労働・経済ニュースに対してアンテナを高くする。くわえて、試験当日の朝に新聞を買い、新幹線の中で目を通す。

上記のとおり。

実際に2年目の朝は、駅で新聞を買いました。
「無意味かな…」とためらいましたが、後悔だけはしたくなかったので。

自分で考えた原因と対策が、「絶対に正しい」とは限りません。
ときには、遠回りになる場合もあります。

それでも、ネットで漁った勉強法よりも、確実に有益です。

1年目を振り返り、あなた自身の手で、2年目の道すじを決定しましょう。

ちなみに私は、「世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく」という書籍を読んで、「現状把握→原因分析→打ち手の決定」のフレームワークを知りました。


世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

このフレームワークは、社労士受験に限らず、人生のあらゆる場面で生きています。
中学生でも読めるようなやさしい文章なので、1時間でサクッと読了しますよ。

1年目を終えて燃え尽きてしまった人は、「ちょっと寄り道」と思って、読んでみてはいかがでしょうか。

社労士試験2年目の勉強方法の「ヒント」

2年目の受験勉強で、私が特に気をつけた点・改善した点を列挙します。

…まぁこれも、ネット上の「ヒント」にすぎませんね。
参考程度に、流し見してください。m(_ _)m

スタンスの変化
  1. 不合格通知書を掲示する
  2. 忘れてもいいと割り切る
  3. 勉強の質を高める

1. 不合格通知書を掲示する

勉強机の前、よく見える位置に「不合格通知書」を貼りました。

学習の調子が良くて、有頂天になりそうな時でも、

不合格通知書
不合格通知書

いや、キミ合格してないから。
不合格だから。

と、無言で圧力をかけてきます。笑

おかげで、

見てろよ
絶対に合格してやるからな…!

こんなモチベーションで、勉強に臨めました。

2. 忘れてもいいと割り切る

2年目は、「忘れてもいいや」と開き直りました。
細かな論点まで学ぶうちに、記憶し続けることが難しくなったためかもしれません。

忘れたら覚えなおす。
一度の学習で、完璧を目指さない。

そんな風に、暗記学習に取り組むようになりました。
個人的には「忘れる工程」をはさむことで、より強く記憶に残った気がします。

暗記について詳細は、【社労士受験】暗記できない人へ。忘れても大丈夫です。をどうぞ。

3. 勉強の質を高める

1年目は「勉強時間」を意識しすぎて、失敗しました。
そこで2年目は、勉強の「質」を高めることに、意識をシフトしました。

私の2年間の勉強時間については、【データあり】社労士合格までの実際の勉強時間【失敗談も語る】のページをご覧ください。

2年目の「スタンスの変化」は、以上です。

つづいて、「勉強法の変化」について。

勉強方法の変化
  1. より深く、細かな論点まで学ぶ
  2. 新聞記事のスクラップ・ノートを作る(失敗)
  3. 苦手な論点をまとめる

1. より深く、細かな論点まで学ぶ

先述したとおり、2年目は、より細かな論点まで学びました。

「どの程度の深さまで学べば良いか」は、明確な答えがありません。
自分の中でアクセル・ブレーキを踏み分けつつ、模索しながら勉強を進めました。

2. 新聞記事のスクラップ・ノートを作る(失敗)

1年目の労働一般常識の失敗から、時事問題の対策に試行錯誤しました。
その一環として、新聞記事のスクラップ・ノートを作ったのですが…結果的にうまくいきませんでしたね。

労働・社会保険関連の新聞記事を切り抜いて、ノートにのり付けする。
さらに、一言コメントを書き込む。

上記の作業を、1〜2ヶ月ほど続けました。

でも、時間はかかるし、成長の実感はないし…モチベーションはダダ下がり。
「スクラップ・ノートの作成作業そのものに、自己満足しているだけかも…」と思いはじめたところで、スクラップをやめました。

3. 苦手な論点をまとめる

WordやExcel、PowerPointに、苦手な論点を集中的にまとめました。

このやり方は、功を奏しました。
自分の手でまとめ上げるので、記憶に残りやすかったですね。

社労士受験の苦手項目はExcelファイルにまとめた

上図は「届出規定」に関する、自作Excelファイルです。
時間はかかりますが、こんな感じで、いくつも教材を自作しました。

WordやExcel、PowerPointを受験勉強に活用

印刷した紙を試験当日に持参するなど、結果的にとても役に立ちましたよ。

2年目の変化は、こんな感じですね。
ダメ元でいろんな勉強法を試して、自分に合う方法を探しつづけましょう。

社労士試験2年目の勉強方法|まとめ

一度落ちてしまうと、不安に駆られて、ネット上のあらゆる情報を盲信してしまいがちです。

しかし、あなたに合った勉強法は、あなたにしか分かりません。

失敗と向き合う作業には、苦痛が伴います。
それでも勇気を出して、1年目の反省点を書き出してみてください。

すでに「不合格」という大きな失敗を経験したあなたは、些細なことでは動じないはず。
2年目は「いくらでも失敗してやる!」くらいの気持ちで、いろんな勉強法を試していきましょう。


世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

タイトルとURLをコピーしました