社労士試験対策に「判例集」は不要です【根拠+失敗談を語る】

社労士試験の勉強中。
判例問題をよく見かけるけど、判例集は買うべきかな?
合格した人の意見を聞いてみたいな。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

受験回数は2回。
およそ2年間、通信講座を受講して、合格をつかみ取りました。

このページでは、社労士試験対策における「判例集」の必要性に言及しています。

判例集が欲しくなる心理を、掘り下げて考えてみました。
独学の方にも、参考になれば幸いです。m(_ _)m

スポンサーリンク

社労士試験対策に「判例集」は必要か?

はじめに結論から。

個人的に、判例集はいらないと思います。
「判例問題」の切り口で個別に対策しても、効果的とは思えないからです。

たしかに社労士試験では、判例も覚えなければなりません。
特に労働科目において、判例・事例にまつわる問題は、よく出題されますね。

しかし、わざわざ「判例集」を使ってまで、学ぶ必要はあるのでしょうか?

「合格」と「自分の現在地」の隔たりを見つめたとき、「判例問題で得点できていない」と気づいたのであれば、判例集を買って、集中的に苦手をつぶすのもアリでしょう。

しかし、

「社労士試験では判例問題も出題される」

「だから判例集を買って勉強しよう」

こういった思考の流れは、ちょっと危険かと。

目的は、あくまで ”合格” です。

判例集という ”教材の存在” に引っ張られて受動的に学ぶのではなく、合格のために、能動的に学んでいきましょう。

特に独学の人は、要注意。

私は他資格を独学で勉強していた時、人気の問題集をネットで調べてから書店に足を運び、購入していました。そして、問題集を購入しただけで、気持ち的には9割くらい満足してしまいました。

いえ、もう少し正確にいうと、「その問題集を買わなければならない」と、いつの間にか思い込んでいたのです。焦燥感に急き立てられながら、義務として、問題集を買っていたように思います。結局、問題集は使いこなせませんでした。

あなたが私と同じだとは言いません。
しかし私は、どうして「問題集を買わなきゃ」と思い込んでしまったのでしょうか?

独学は、とにかく不安です。
不安を紛らわすためには、検索窓に悩みを打ち込んで、同様の悩みを抱える人の経験を参考にします。

「過去から学ぶ」といえば、聞こえは良いですね
しかしネット上の悩みは、最大公約数的に一般化されています。

つまり、ネット上の解決策が、あなたの解決策になるとは限らないのです。
今さら当たり前の話ですが、不安が大きい時には、この「当たり前」は見過ごしがちかと。

ではどうすれば、こうしたミスマッチを防げるのでしょうか?

不安と闘う

受験勉強では、不安と闘う必要があります。

独学者の不安の大きさは計り知れません。
しかし同時に、独学者に限らず全ての受験生が、なにかしら不安を抱えています。

不安の解決法に、正解なんてありません。
状況は刻一刻と変わりつづけ、不安も少しずつ変質していきますから。

社労士受験を終えた私が思うのは、「信じること」の大切さです。

「信じる」なんていうと胡散臭いですが、試験本番で「自分」と「教材」をどれだけ信じられるかが、合否を分ける1点につながります。これは実体験ですね。

使用中のテキスト・問題集を信じられないのであれば、独学はやめましょう。

私は最初から、市販のテキスト・問題集を使って社労士試験に合格する自分の姿を、思い描けませんでした。だから、通信講座を選択しました。

「市販のテキストの質」を信じられないのではなく、「市販のテキストで社労士の知識を理解している自分」が、どうしてもイメージできなかったんですよね。理解力も要領も悪いので、まぁ仕方ない。

独学を続けるのなら、自分自身を貫いてください。
誰に何を言われてもブレない、”断固たる決意” が必要です(by 安西先生)。

その上で、自分の間違いを素直に認め、修正する対応力も持って…やはり私には難しそうですね。(*_*; 独学を選択する人を、心から尊敬します。

信じる力を勇気に換えて、不安と闘い続けましょう。

自分で考える

ネットで調べる前に、まず自分の頭で考えましょう。

先述したように、ネット情報があなたの悩みを解決してくれるとは限りません。

「ブログを書いてるお前が言うな」って感じですよね。
でも、そう思っています。

先の話に出てきた「他資格の問題集」も、”ネットでおすすめされていたから”、私は購入しました。
当時の私は、少しネットに頼りすぎていたように思います。

ネット情報に振り回されないで目的(=合格)を達成するには、目的から逆算して、タスクを細分化すると良いでしょう。

  • 目的:社労士試験に合格する
    • タスク:労災保険法の基準点を確保する
      • タスク2:業務災害の認定問題の苦手をつぶす
        • タスク3:テキストの事例・判例部分を2回どおり読む
        • タスク3:過去問の事例・判例問題を解く
        • タスク3:新たに判例集を買って対策する

上記のとおり。
目的から逆算すれば、今すべきことが明確になります。

「判例集を買う」選択は、数ある選択肢のうちの一つです。
判例集を買う意外にできることは、たくさんあります。

たとえ間違っていたとしても、自ら考えて出した結論には、価値があると思いますよ。

社労士試験対策に「判例集」は必要か|まとめ

重要なのは、基本です。
「判例集を買おうかな」と悩んでいる人は、まず、お手元の教材の基本的な判例を、完璧にしてください。

奇問対策は不要です。
基本を固めるために、時間と労力を使いましょう。

基礎・基本の学習は地味で退屈ですが、「当たり前の1点」を積み重ねれば、合格はたぐり寄せられます。

タイトルとURLをコピーしました