フォーサイト社労士講座のデメリット|(不)合格経験者のひとりごと

社労士試験に挑戦する。
通信講座を探していて、フォーサイトが良さそうだな。
でも、本当に申込んでいいか不安だ…
元受講生から、フォーサイト社労士講座のデメリットを聞きたいな。

こういった悩みに寄り添います。

このページの内容
  • フォーサイト社労士講座のデメリット
  • デメリットを踏まえたフォーサイトの教材の活用法
  • フォーサイト社労士講座に向いていない人

この記事を書いている私は、2016年11月〜2018年8月までの約2年間、フォーサイト社労士講座を受講していました。

フォーサイト社労士講座のテキスト

1年目は、選択式で3点足らず不合格。
2年目も引き続きフォーサイトを受講し、合格をつかみました。

社会保険労務士試験の合格証書

ネットで通信講座を探していると、キラキラした明るい情報ばかりアピールしてきて、「…ホントに?」と疑心暗鬼になりますよね。
私は疑り深い性格(笑)なので、フォーサイトに申込む前に、綿密にリサーチしました。

このページでは、フォーサイト社労士講座のデメリットについて、お話しします。

私はフォーサイトで、不合格・合格の両方を経験しました。
中立的な視点から、デメリットをお伝えできるかと思います。

申込み前の最終チェックに、お役に立てば幸いです。m(_ _)m

フォーサイト社労士講座の総合的なレビュー(体験談)を知りたい方は、【元受講生】フォーサイト社労士講座の「口コミ評判」を読んでみた をどうぞ。

フォーサイト社労士講座のデメリット

フォーサイト社労士講座のデメリットは、4つあると思います。

  1. 問題の分量が少ない
  2. 教材の配送ペースが遅い
  3. 質問回数に制限がある
  4. 学習経験者向けのコースがない

順に見ていきましょう。

1. 問題の分量が少ない

フォーサイトの講座には、問題の分量が少ない特徴があります。
”合格点主義”を掲げて、教育サービスを展開しているからです。

合格するために必要なことは満点を取ることではなく、合格ラインをクリアすることなのです。

最短の時間で合格できる 合格点主義のテキスト|フォーサイト 社会保険労務士通信講座より引用

上記は、フォーサイト公式サイトからの引用。

フォーサイトでは効率的に合格をめざすために、あえて”少ない分量の教材を繰り返す”という教育法を採用しています。

そのため、人によっては、

この量でホントに大丈夫?
いくらなんでも少なすぎない?

と、不安を覚えるかもしれません。

私もこの ”フォーサイト・メソッド” に則って、テキスト・過去問集を徹底的に繰り返しました。

その結果として私は、過去問の ”問と答え” を覚えてしまいました。
問題文の1行目をパッと見ただけで、読まなくても反射的に、

あぁ、Dが答えの問か(細かい理屈は忘れたけど)。

こんな感じで、答えが分かってしまうレベルになってしまったのです。

答えが分かってしまうため、過去問題集で現状の理解度・習熟度を測りたくても測りづらいな…と思うことがありましたね。

以上のようにフォーサイトには、問題の分量が少ないデメリット(特徴)があります。

2. 教材の配送ペースが遅い

フォーサイトを利用していた当時、教材が送られてくるペースが遅いな…と感じていました。

中には、7月に入ってようやく届いた教材も。
ただでさえ翌月に試験を控えている大事な時期。正直ちょっと、焦りは生じました。

あと1ヶ月ちょっとで、新たに届いた教材も終わるかな?
ホントに間に合うかな…?

ジョジョに高揚感・緊張感が高まる7月ごろ、上記のような不安がありました。

フォーサイト
フォーサイト

直前対策講座だから、あえて試験直前に送るよ。
直前期だから、今まで以上に頑張って勉強してね!

こんなメッセージなんだろうなと、理解はできました。
できましたが…不安は不安でしたね。(;´∀`)

フォーサイトのデメリットとして、教材が届くペースが遅い点が挙げられます。

3. 質問回数に制限がある

フォーサイトの質問回数には、制限があります。

当時、私が受講したバリューセットでは、質問は約10回まででした(細かな数字は失念m(_ _)m)。

フォーサイト以外の通信講座を見ると、「質問回数:無制限」の会社も存在します。
単純に比べると10回の質問回数は、ちょっと少ないなと感じてしまいますね。

4. 学習経験者向けのコースがない

フォーサイトには、学習を経験した人向けのコース(カリキュラム)が用意されていません。

フォーサイト以外の会社には、学習経験者向けに、専用のハイレベルコースを用意しているところもあります。…まぁこれは、初学者の人には無関係の話ですね。

他方、不合格ながらひと通り学習を終えて、フォーサイトを選ぼうとしている人は要注意。

…あれ?
意外と、当たり前のことしか教えてくれないぞ…?

と、手応えを感じられないかもしれません。

フォーサイト社労士講座の活用法

ここまで、フォーサイトのデメリットを4つ挙げました。

  1. 問題の分量が少ない
  2. 教材の配送ペースが遅い
  3. 質問回数に制限がある
  4. 学習経験者向けのコースがない

もしフォーサイトに申し込むのなら、まず、こうした欠点がある事実を受け止めましょう。
私はその上で、次の意識を持って、フォーサイトの教材を活用しました。

  • テキスト・過去問を繰り返す覚悟を決める
  • 教材発送のスケジュールをチェックして、心にゆとりを持つ
  • 選択したコースの質問回数を把握しておく
  • 質問する前に調べたり考えたりして、自己解決に努める

特に繰り返し学習は、絶対に欠かせません。
分量が少ないフォーサイトの教材を1〜2周やった程度では、合格は厳しいでしょう。

私はテキスト・過去問を、10周以上は回しました。

同じ内容を繰り返すので、正直飽きます。つまらないです。
でもそれ以上に、知識が身についていく成長の実感があります。

なお、先ほど「繰り返し学習によって、過去問を覚えてしまう」と言いました。あまりにも ”問と答え” を覚えてしまうと、勉強にすらなりません。

その対策として私は、

  • 過去問の最後のページから、さかのぼって解く
  • 1ページ飛ばしで解いていく

上記のように工夫しながら、過去問に取り組んでいました。
順番を変えるだけでも、意外なほど解けなくなります。その度に、

まだまだ合格は遠いな…

と、自身の ”ザコさ加減” を痛感させられました。(;´∀`)
でも、この「間違えたタイミング」が、何気に一番楽しいんですよね(変かな?)。

社労士受験は、つまらないけど楽しいですよ。

フォーサイト社労士講座のデメリット|まとめ

ページの内容をまとめます。
フォーサイト社労士講座のデメリットは、次の4つです。

フォーサイト社労士講座のデメリット
  1. 問題の分量が少ない
  2. 教材の配送ペースが遅い
  3. 質問回数に制限がある
  4. 学習経験者向けのコースがない

以上のデメリットを踏まえ、フォーサイトに向いていない人は、下記のとおり。

フォーサイトに向いていない人
  • 豊富な分量の問題演習をこなしたい人
  • すべての教材を早めに手元に置きたい人
  • 回数の上限なく、質問したい人
  • 繰り返し学習のつまらなさに耐えられない人

上記のとおり。

対して、フォーサイトの教材が向いているのは、繰り返しの反復学習ができる人です。

たしかにフォーサイトには、「分量が少ない」などのデメリットが存在します。
豊富な分量の問題集で、安心して学習を進めていきたい人には、向いていないかもしれません。

しかし分量が少ないおかげで、他の通信教育会社と比べて、金銭コストは節約できます。さらに要点を絞っているため、何周も繰り返し学びやすく、確実な基礎力が身につきます。

現に私も、フォーサイトで合格しました。
繰り返し学べるコツコツ型の人にとってフォーサイトは、コスパの高い選択になりますよ。

人それぞれ、合う・合わないはあります。
まずは実物資料を取り寄せて、フォーサイトの雰囲気に合いそうか判断してみてください。

あなたの挑戦を応援しています!
>> フォーサイト社会保険労務士講座|2023年試験対策

タイトルとURLをコピーしました