【社労士試験】直前期の過ごし方【不安の霧に包まれても】

社労士試験の直前期の過ごし方を知りたい。
一応勉強してるけど、このままで大丈夫かな…試験が近づくにつれて、どうしたらいいか分からなくなってきたぞ。あぁ不安だ…

こういった悩みに寄り添います。

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

受験経験者としてお伝えしたいのは、直前期でも学習リズムはキープすべきということです。

あくまで学習は、いつも通りに。
いつものテキスト、いつもの過去問題集を、いつものリズムで繰り返しましょう。

大切なのは基礎です。
基礎知識を固めれば、合格は狙えます。

画期的な学習法を実践して、不安を紛らわせたい気持ちはわかります。

けれど残念ながら、裏ワザはありません。不安の霧が晴れる魔法も、ありません。
霧の中を一歩ずつ、地道に進んでいくしかないのです。

直前期だろうと、今までの学習リズムをキープする。とにかく基礎に徹する。
まずはこの鉄則を、心に留めてください。m(_ _)m

社労士試験直前期の過ごし方|学習編

今までの学習リズムをキープ。
その上で、直前期に押さえたい学習項目は、下記のとおりです。

  • 法改正
  • 横断学習
  • 白書対策
  • 模試を受ける
  • 苦手を克服する

順に見ていきます。

法改正

社労士試験では毎年、法令の改正点に関する知識が狙われます。

改正点は、覚えれば得点につながりやすい問題です。
”ラッキー問題”と思って、学習に取り組みましょう。

横断学習

横断学習にも取り組みましょう。

直前期には、すでに全科目を何周もしていますよね。
各科目バラバラに覚えた知識は、”社労士試験”という一つの大枠で捉え直してください。

横断学習によって、労働・社会保険諸法令の理解はグッと深まります。

白書対策

合格には、白書対策も欠かせません。

一般常識では法令だけでなく、時事的な知識も問われます。
中には「ホントに一般常識かな?」と感じるような、マニアックな問題も。

自力で白書対策を行うのは難しいですが、白書の「概要版」に目を通して、情勢の傾向をつかむと良いかと。

模試を受ける

学習が進んだら、模試を受けましょう。

模試を受ける目的は、次の3つ。

  • 本番のイメージトレーニング
  • 苦手な論点の洗い出し
  • 「現状」と「合格」との距離感の把握

「◯点とれた」「間違えた問題は復習した」だけでなく、受験姿勢そのものにも気をつけたいですね。
貴重な模試の機会を、最大限生かしてください。

苦手を克服する

今までフタをしてきた、苦手論点と向き合いましょう。

どうしても、苦手って出てきますよね。
「イヤだなぁ、手を付けたくないなぁ」と、これまでずっと放置してきたかもしれません。

でも、覚悟して取り組めば、得点は確実にアップします。
「苦手が分かっている」ってことは、「どこを学べば得点が上がるか知っている」のですから。

苦手の自覚は、むしろ”強み”です。

苦手を克服すれば、自信がつきます。
知識面でもメンタル面でも有益なので、気力のある時に苦手に立ち向かってください。

ただし、「試験までにすべての苦手を解消!」なんてできません。
優先順位をつけて学び、対応できなければすっぱり諦めましょう。

「できないこと」ではなく「できること」を見つめれば、メンタルは安定します。

よし、今日は苦手論点に挑戦してみるか!

と、やる気の出たタイミングを逃さないようにしましょう。

社労士試験直前期の過ごし方|準備編

直前期にすべきことは、学習だけではありません。
安心・集中して本試験に挑むため、学習以外の準備も整えましょう。

  • イメージトレーニング
  • 持参する勉強道具
  • 新幹線の乗車券
  • 交通情報のチェック

イメージトレーニング

イメージトレーニングをしておきましょう。
本番で、あなたの実力を発揮できます。

前日の準備〜択一式終了(16時50分)までを、ひと通りイメージしておくと良いと思います。

どのかばん、どの鉛筆を持っていく?
どこでお昼ごはんを買う?
その時、どんな感情がわきあがる?

あらかじめイメージを膨らませておけば、

あ、そういえばカーディガン用意してなかった

などに気づけます。

また、トラブル発生時の対処法も考えておくと良いですね。

電車が遅れたらどうする?
緊張で夜眠れなかったら?

想定可能なトラブルは、全部書き出します。

ネガティブかもしれませんが、転ばぬ先の杖です。
対処法まで考えておけば、心にゆとりを持って本番を迎えられますよ。

目をつぶり、本試験を疑似体験しておきましょう。

持参する勉強道具

持参する勉強道具も考えておきましょう。
重くなるので、すべての勉強道具は持っていけません。

試験当日に持っていく勉強道具は、”勉強”よりも”お守り”の意味合いが強いと思います。

私は、苦手論点をWordやExcelで整理・印刷して、一つのファイルにまとめました。
試験当日はそのファイルを持参して、

「大丈夫、これだけやったんだ。苦手もつぶした。…うん、大丈夫だ」

こんな風に、自分に言い聞かせていました。

試験当日に持っていける勉強道具(≒お守り)を、用意しておきましょう。

新幹線の乗車券

あらかじめ、新幹線の乗車券を買っておきましょう。
当日、ゆとりのある朝を過ごせます。

私は田舎暮しなので、近くに試験会場がありませんでした。

そこで、会場への移動には、新幹線を利用しました。
電車でも良かったのですが、体力を温存したかったので。

新幹線の乗車券は、乗車日の1ヶ月前から購入できます。

↓↓JR東日本

原則としてお乗りになる日から有効な乗車券を発売します。指定券と同時にお求めの場合は1カ月前から発売します。

きっぷの発売日:JR東日本より引用

↓↓JR西日本

1ヶ月前~当日分までのきっぷをお取り扱いしています。
※前売り発売については、乗車日の1ヵ月前の午前10時10分からです。

購入できるきっぷについて│みどりの券売機:JRおでかけネットより引用

上記のとおり。

試験当日の朝、余裕を持って行動するために。
あらかじめ、乗車券の購入をオススメします。

交通情報をチェック

試験当日の交通情報も、確認しておきましょう。

また私の体験談で恐縮ですが、別の資格を受験した際、試験当日が「まちのマラソン大会」でした。

しかし、そんなことはつゆ知らず。
いざ試験日の朝に出発したら交通整理にハマり、車で駅にたどり着くまで迂回・迂回の連続でした。

早めに出発したから良かったものの…
あの時は肝を冷やしました。(・∀・;)

本当に、何が起こるか分かりません。

事前に、地元・近隣のイベント情報・交通情報も調べておきましょう。
そして当日は、時間のゆとりをもって、早め・早めの行動をオススメします。m(_ _)m

試験まで残りわずか
今のままじゃ受からない気がする…
もっと教材買わなきゃ…

直前期は不安に襲われるので、「このままじゃダメだ」と自己否定しがちですよね…。

でも、「不安だから」といって教材を買い足すのは、危険です。

教材を買い足したところで、すべて覚えられるとは限りません。
のみならず、今まで使っていた教材と、知識が混乱してしまう危険性もあります。

直前期こそ、ずっと使ってきた教材を信じましょう。
選んだ教材を信じて、イヤになるまで、イヤになっても、繰り返しやり込んでください。

…とはいえ、これってまとまった”パッケージ講座”で学んでいる人向けの話。
「これから初めて白書対策しよう」と思っている人には、そもそも教材がありません

教材がないのに「買い足すな」と言われても…困ってしまいますね…。

私は通信講座(フォーサイト)で学習していました。
直前対策までセットになっている、いわゆる”パッケージ講座”です。

敷かれたレールに乗っかればOKだったので、私はある意味 ”ラク” でした。

通信で学んだ私には、独学者の不安の大きさは想像もつきません。
独学の人はこのタイミングだけ、バラ売りの単科講座を利用しても良いのかもしれません。

フォーサイトの直前対策講座は「単科講座」として提供されています。
つまり、フォーサイト受講生でなくても、申し込めるんです。

フォーサイト直前対策講座の中身
  • 法改正対策編
  • 白書・統計対策編
  • 横断まとめ編
  • 択一対策編
  • 選択対策編

私が直前対策講座に着手したのは7月頃。まさに直前期でした。

繰り返しになりますが、あくまで基本スタンスは自分で選んだ教材のやり込みです。
でも、「安心をお金で買う選択」も、場合によってはアリなのかなと思います。

>>フォーサイト社会保険労務士|直前対策講座 2022年試験対策

フォーサイトの直前対策講座は、7月下旬に発送される予定。
「やれることは全部やった」と確信できるように、やれることは全部やりましょう。

社労士試験直前期の過ごし方|まとめ

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 直前期でも、いつも通りの学習リズムを心がける
  • 直前期の学習
    • 法改正
    • 横断学習
    • 白書対策
    • 模試を受ける
    • 苦手を克服する
  • 直前期の準備
    • イメージトレーニング
    • 持参する勉強道具の用意
    • 新幹線の乗車券を用意
    • イベント・交通情報をチェック

試験直前に、特効薬はありません。
今まで通りの積み重ねこそ、不安を自信に換える方法です。

あなただけでなく、他の受験生もみんな、不安と闘っています。
みんな同じだと思えば、ほんのちょっぴり、心強くなりませんか?

ライバル達は、戦友です。
この不安も、いつかは思い出になります。

本試験までの、残りの日々。
自分の歩みを信じて、悔いのない毎日を送ってください。

タイトルとURLをコピーしました