社労士試験の労災が難しい…勉強のポイントは?

社労士試験の勉強をしている
労災保険法が難しいなぁ。給付とか覚えられないし…
社労士試験の労災保険法の勉強法・攻略法を知りたい

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 社労士試験、労災保険法の勉強法について、3つのポイントを解説します

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

労災保険法の学習、難しいですよね…
私も受験当時、労基→安衛と順番に学んできて、労災保険で急に雰囲気が変わったなぁと戸惑いました。

このページでは、社労士試験における労災保険法の勉強法について、ポイントをまとめています。

すべて私が実際に意識して、心がけていた勉強法です。
労災保険法を得意科目にして、合格に近づきましょう。

スポンサーリンク

社労士試験の労災保険が難しい…

「労災保険法が難しいなぁ…」と感じる人は、ちょっとだけ、勉強法に気を配ってみてください。

私が労災保険法の学習時に心がけたことは、下記の3点です。

  1. 保険給付を体系的に覚える
  2. ”保険法”の構成を知る
  3. 事例問題の4ポイントを押さえる

順に見ていきます。

1. 保険給付を体系的に覚える

まずは、労災保険全体の保険給付を、体系的に覚えましょう。
後々、知識をスムーズに記憶できます。

休業補償給付は給付基礎日額の100分の60で…

傷病補償年金は療養開始後1年6ヶ月経過した日に…

障害補償給付の第8級は503日分で…

こういった細かな点は、後回しでOKです。
最初は、業務災害・通勤災害に係る保険給付を、ざっくりと、しかし確実に覚えてしまいましょう。

業務災害・通勤災害に係る保険給付
  • 療養(補償)給付
  • 休業(補償)給付
  • 傷病(補償)年金
  • 障害(補償)給付
  • 介護(補償)給付
  • 遺族(補償)給付
  • 葬祭料(葬祭給付)

上記のとおり。
まずはこの体系を、頭に叩き込んでください。

上記の体系を完璧に覚えたら、ようやく細かな知識の学習に取り組みます。

障害補償給付には、年金と一時金があるんだな。

遺族補償年金の受給者の範囲は、…

こんな感じ。

いきなり細かな論点を覚えようとしても、迷子になってしまいます。
全体像を押さえてから、細々した知識の記憶に移ってくださいね。

なお、細かな知識の学習時には、焦らないようご注意ください。
特に、初めて”保険法”に触れた人は、

え、なんか急に難しくなったんだけど…

と、戸惑うかと思います。

私自身、労災保険法は、何周も何周も繰り返してようやく理解しました。
理解には時間がかかるものだと割り切って、焦らずじっくり取り組みましょう。

また、気をつけたい点として、二次健康診断等給付の存在があります。
二次健康診断等給付は、他の保険給付と少し毛色が違いますよね。

社会復帰促進等事業だったかな…?

と勘違いしがちですが、れっきとした労災保険の保険給付です。

「一次」は何なのか?
なぜ「等」が付くのか?

分量が少ないからといって、二次健康診断等給付の学習をおろそかにしてはいけません。
選択式で問われる可能性もありますよ。

まずは保険給付を体系的に覚え、労災保険の全体像をつかんでから、細かな学習に移ってください。

2. ”保険法”の構成を知る

労災保険法の学習で、”保険法” の構成を理解しましょう。
他科目の学習時に役立ちます。

労災保険法で、初めて”保険法”を学ぶ人もいると思います。
労働基準法、労働安全衛生法と学んできて、労災保険法でガラッと雰囲気が変わりますよね。

ここで”保険法”とは、下記の法律を言います。

社労士試験で問われる”保険法”
  • 労災保険法
  • 雇用保険法
  • 健康保険法
  • 国民年金法
  • 厚生年金保険法
  • 国民健康保険法
  • 介護保険法
  • 船員保険法 など

上記のとおり。

これらの”保険法”には、法律の構成に共通点があります。

”保険法”の構成の共通点
  • 保険者、被保険者
  • 適用
  • 給付額
  • 保険給付
  • 通則
  • 費用負担
  • 不服申立て、時効

上記のとおり。
細部に違いはあるものの、労災保険法でも健康保険法でも、この構成はほぼ同じです。

構成さえ知っていれば、法律が変わっても、柔軟に学習できます。
さらには、横断整理学習にも役立ちます。

”法律ごと” に学んだ知識を、”適用ごと” あるいは ”費用負担ごと” に、横断整理するといったイメージです。

保険法の構成を覚えれば、横断学習にも応用できます。
労災保険法の学習時は、保険法の構成に意識を向けてください。

3. 事例問題のポイントを押さえる

事例問題のポイントを押さえましょう。
効率よく、事例問題をさばけます。

労災保険法で頻出のテーマが、事例問題です。
事例問題では、問題文の具体的な事例について、業務災害・通勤災害と認められるかが問われます。

この事例問題、押さえるべきポイントは4つだけです。

  1. ケース
  2. 理由・根拠
  3. 業務災害?通勤災害?
  4. 結論

上記のとおり。単純化した文章で表すと、

事例Aの場合、〇〇のため、業務災害と認められない

こんな感じ。つまり、

ケース事例Aの場合、
理由・根拠〇〇のため、
業務災害?通勤災害?業務災害と
結論認められない

こういうことですね。

4つのポイントを曖昧にしたまま、事例問題に真正面から取り組むと、

なんだか細かくて難しいなぁ…

と挫折する要因になります。

学習時には、この4つのポイントを分解して、論理の流れを意識しましょう。
ここで論理の流れとは、

ケース → 結論
理由・根拠 → 結論
理由・根拠 → 業務災害?通勤災害?

つまり、

事例Aの場合、→ 認められない
〇〇のため、→ 認められない
〇〇のため、→ 業務災害

上記のとおりです。

理由・根拠の部分は、認定・不認定の違いだけでなく、業務災害・通勤災害の違いのヒントにもなります。
「出張時の取り扱い」や「通勤の逸脱・中断」などの論点を、業務災害か?通勤災害か?確実に仕分けられるように、学んでいきましょう。

事例問題のイヤらしいところは、あまり重要でない細部についても、問題文で克明に記載される点です。
重要点を見極める力を身につけるためにも、それぞれの事例を何回も読み込んでください。

社労士試験、労災保険の勉強法|まとめ

労災保険法は、広義の「社会保険」科目であり、同時に「労働」科目でもあります。
はじめは難しく感じるかもしれませんが、慣れれば安定して得点できるようになりますよ。

勉強法を工夫しながら粘り強く取り組んで、労災保険法を得意科目にしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました