【社労士受験】勉強スケジュールは不要でした【ノルマは一つ】

社労士試験に挑戦する。
勉強スケジュールを立てた方が、やっぱり効率的かな?でも、どうやって計画を作ればいいのか…そもそも、社労士受験で勉強スケジュールって、本当に必要?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 社労士受験で勉強スケジュールは不要
  • スケジュールなしで学ぶ上で課したノルマ
  • 勉強スケジュールを立てる時の注意点

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

2度の受験で、私は社労士試験に合格しました。
その間、学習のスケジュールは立てていません。

詳細な学習スケジュールがなくても、社労士合格は可能です。

…とはいえ、ただ無計画に突進したわけではなく、自分に”あるノルマ”を課していました。

私のやり方が「正解だ」とは思いません。
「へぇ、こんな勉強法で合格した人もいるんだ」と、一つの事例としてお読みください。m(_ _)m

スポンサーリンク

社労士受験で勉強スケジュールを立てなかった理由

繰り返しになりますが、私は社労士受験で、学習のスケジュールを立てませんでした。

…いや、最初は「計画的に学ぼう!」と思っていたのですが、すぐに諦めました。
立てたスケジュールに縛られるのがイヤになったからです。

この理由をさらに掘り下げてみたら、次の3点が浮かび上がってきました。

  1. 各科目の勉強に没頭したかった
  2. メンタルコントロールのため
  3. ほどよいペースで教材が送られてくる

順に見ていきます。

1. 各科目の勉強に没頭したかった

一つひとつの科目に集中するために、学習スケジュールを立てませんでした。

スケジュールを立てると、良くも悪くも、そのスケジュールに縛られます。

例えば「10時間」で、労働基準法を1周する計画を立てたとしましょう。
でも、その「10時間」って数字には、根拠がありませんよね。

なぜ「12時間」じゃないのでしょうか?
頑張れば「6時間」で終わるかもしれないのに?

理解力も集中力も、人それぞれ違います。
さらには、学習時の体調や環境にも左右されます。

そんな風に考えると、「そもそも完璧なスケジュールなんて、存在しないんだな」と思うようになりました。

計画を立てずに、その都度考えて、自分にできる最善を尽くす。
ノイズを消して、一つひとつの科目に没頭するために、私は勉強スケジュールを立てませんでした。

2. メンタルコントロールのため

メンタル面も意識していました。

スケジュールを立てると、「計画を守らなきゃ…」といった意識が強まります。
そのプレッシャーを力に変え、ゴリゴリ学べればいいのですが、私はそういうタイプじゃありません。

「あぁ、せっかくスケジュール作ったのに守れなかった。もうダメだ…おしまいだぁ…」

こんな感じで自己嫌悪に陥り、前向きに学習に取り組めなくなってしまいます。
勉強を「義務」や「重荷」にしたくなかったんですよね。。

なるべく前向きに学習したかったので、「それなら、最初っからスケジュールは不要かな」と考えました。

反対に、スケジュール通りに学習できれば、「よっしゃ!」と思います。
ただ、これも言ってしまえば、自己満足にすぎませんよね…(・・;)

感情に振り回されるのは精神衛生上よろしくないかなと、結局スケジュールを立てなくなりました。

3. 程よいペースで教材が送られてくる

良いペースで教材が送られてきたため、スケジュールを立てる必要がなかったのかもしれません。

私は通信講座(フォーサイト)を受講して、勉強しました。
フォーサイトでは1ヶ月に1科目くらいのペースで、テキスト・過去問などの教材が送られてきます。

学習が停滞したまま次の科目が手元に送られてくると、「あぁ、もっとペース上げなきゃな」と焦ります。教材発送スケジュールが、ペースメーカーとして機能してくれたんですね。

程よいペースで教材が送られて、学習の進み具合をチェックできたため、あえてスケジュールを立てなくて良かったのかもしれません。

以上の理由から、次第に私はスケジュールなしで学習するようになりました。

社労士受験で勉強スケジュールを立てる代わりに

勉強スケジュールを立てずに、社労士合格をめざす。…やっぱりちょっと、心もとないですね。

そこで、一つだけノルマを課しました。
本試験までに1,000時間学ぶ」です。

社労士受験を決意した2016年11月、ネットで「合格の目安は800〜1,000時間」と見かけました。

1,000時間。
自分には想像のつかない世界でしたが、だからこそやってやろう、挑戦しようと思い、「本試験までに1,000時間」のノルマを課しました。

結果として2017年8月の本番までに、1,000時間のノルマはクリア。
勉強スケジュールを立てることなく、1年目は「あと3点で合格」まで迫りました。

「あと3点で合格」は、成功でしょうか?失敗でしょうか?
私は、「とりあえず方向性はOKかな」と受け止めました。

なお、勉強時間に関する失敗については、【データあり】社労士合格までの実際の勉強時間【失敗談も語る】の記事で言及しています。

また2年目も、特にスケジュールは立てませんでした。
再び「本試験までに1,000時間」の目標を掲げ、「今できること」に集中して学び続けました。

とはいえ、ただ1,000時間をぼーっと浪費しても仕方ないですよね。
そこで私は、現状と合格との隔たりを見つめるように、意識していました。

  • 足りないものは何か?
  • どうすれば合格に近づけるか?

学習がマンネリ化してきたら、上記について考え、ノートに書き出して課題を明確にしました。
”自分の弱さ”と向き合うためしんどいですが、効果は大きかったですよ。

そっかー
でもやっぱり、スケジュールなしだと不安だな…

そうですよね。

”スケジュール不要説”は、あくまで私の主観的な意見です。
なので、あなたにもフィットするかは、正直分かりません。

スケジュールを立てて、勉強に臨んでもいいと思います。
ただ、実際にスケジュールを立てる前には、2〜3ヶ月ほど学習してみてください。

ある程度学ばないと、自分の学習ペースや、得意・不得意を把握できません。
根拠のない計画は、実現可能性に乏しく、自己効力感を低下させてしまいます。

計画が”絵に描いた餅”にならないよう、まず2ヶ月ほど学びましょう。

社労士受験の勉強スケジュール|まとめ

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 勉強スケジュールは不要
  • 代わりに、総勉強時間のノルマをクリアする
  • 学習では、現状と合格との隔たりに目を向ける
  • スケジュールを立てるなら、2ヶ月ほど学んだ後で

性格的に合わなかったので、私は勉強スケジュールを立てずに学びました。

スケジュールの有無に関わらず、合格には試行錯誤が欠かせません。
勉強との向き合い方も、具体的な勉強法も、ダメ元でチャレンジする必要があります。

PDCAを回して、一歩ずつでも合格に近づいていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました