【本質】社労士の選択式問題の攻略に「コツ」はありません

社労士試験の選択式問題が難しい…難しすぎる
こんなの安定して得点できる気がしないぞ…
社労士の選択式問題を攻略するコツがあれば、教えてほしい

こういった悩みに寄り添います。

このページの内容
  • 社労士試験の選択式問題の攻略に「コツ」はない
  • 社労士試験の選択式問題の勉強法

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

2021年には、事務指定講習を修了しました(※登録はしていません)。

社会保険労務士事務指定講習の修了証

社労士試験における鬼門中の鬼門、選択式問題。
どれだけ勉強しても安心できず、言いようのない不安に囚われてしまいますよね…。

このページでは、選択式問題に臨む際のスタンスについて言及しています。
やや抽象的な内容ですが、その分、本質に触れていると思います。

社労士試験の選択式対策で、途方に暮れている受験生のために書きました。
よかったらほんの少しだけ、お付き合いください。

何度くじけても、あきらめずに合格を目指しましょう。

社労士の選択式問題の攻略に「コツ」はない

残念ながら、選択式問題を攻略する「コツ」は、ありません
受験生にできるのは、ただただ愚直に知識を蓄えることだけです。

コツはないって…
じゃあ結局、受かるも落ちるも「運」ってこと?

その通りです。
社労士試験、特に選択式の問題は、最終的に「運」に左右されます。

理不尽です。やりきれません。
けれどそれが、社労士試験です。

こんなこと聞いたら、勉強なんてやってられないですよね。
どれだけ勉強しても「運」で落とされるなんて、マジでなんなの?って思います。

思うに、「運」の要素を受け入れて、なお学び続けられる人が、合格をつかむのではないでしょうか。
逆境を越えて学び続けるには、社労士合格をめざす強い「動機」や「目的」が、何よりも重要になります。

崇高な理念をかかげる必要はありません。俗っぽい、自分のための動機で十分です。
他人のため、社会のために尽くすのは、社労士になってからでも遅くはありません。

社労士試験の選択式対策に焦りを覚えたら、勉強をはじめた頃の自分を思い出してみてください。
「動機」や「目的」の再認識が、苦しい選択式対策に取り組む際のエンジンになります。

社労士の選択式問題を攻略する勉強法

選択式問題の勉強法をご紹介します。
受験当時を振り返り、本質にフォーカスしました。下記のとおり。

選択式の勉強法
  • 繰り返す
  • 勇気を持つ
  • 論点を学ぶ

順に見ていきます。

繰り返す

テキスト・過去問を繰り返しましょう。
知識が深まり、有機的につながります。

後述する「論点」の話にも通じるのですが、テキストや過去問は繰り返さなければなりません。
何回も同じ文言・同じ問題に触れて、はじめて論点が見えるようになるからです。

繰り返すべき周数は、理解力によって異なります。
私は合格までに、テキスト・過去問を少なくとも10周は回しました。

私の理解力では、2〜3周したところで、ようやく準備体操が終わった感覚でした。学習の本番は、その後ですね。

一周目(初めてテキストを開いた時)に覚える知識と、十周目(試験直前)にテキストから覚える知識は、まったく違います。同じテキスト・同じ過去問を繰り返して、学習を進めましょう。

また、択一式の学習を、選択式対策としても活用しましょう。

たとえば、択一式の過去問を解く場合、

  • 正解肢を導く
  • 論点を明らかにする
  • 問題文、各肢の文章のうち重要な語句、特徴的な語句を覚える

択一式の過去問学習における上記のすべてが、選択式の対策にもなります。

すべての学習を、選択式対策に帰結させましょう。

勇気を持つ

勇気を持って学びましょう。
運命は勇者に微笑みます。

※「運命は勇者に微笑む」は、将棋棋士・羽生善治さんの座右の銘です。

勇気?何のこと?って感じですよね。
整理しつつ、お話ししますね。

社労士試験の範囲は、膨大です。
膨大かつ難解で、おまけに基準点なんてシステムまであります。

先ほど「繰り返しが大切」とお伝えしました。
3〜4周も繰り返してみると、自分の記憶力・理解力が分かってきます。

これくらいのペースで一周を回せば、次の周回でも知識が残っているぞ…
よし、このペースを保とう!

ちょっとストップ。
次の周に知識を残すだけでは、合格はできません。

ここで重要なもの。それが、勇気です。

間違える勇気を持ちましょう。
忘れる勇気を持ちましょう。

あなたの目的はなんですか?
受験勉強で、過去問に正解することですか?知識をキープすることですか?

違いますよね。
社労士試験に合格することです。

問題に正解する瞬間は、快感です。
エンドルフィンだか何だか知りませんが、自分が認められたような、妙な多幸感が体を駆け巡ります。

逆に、間違えた時はひどくミジメです。
ソワソワして、自分が情けなく、穴があったら入りたくなります。

何周も何周も過去問を繰り返すうちに、目的が「合格」から「正答」にすり替わってしまうことがあります。恥ずかしながら、私がそうでした。

何度でも間違えてください。何度でも忘れてください。
あなたが無力感に打ちひしがれるのは、あなたが真剣に受験に臨んでいる、何よりの証です。

間違えた問題は、強く記憶に残ります。
忘れた知識は、覚え直せばいいのです。

「こんな細かい知識、出るわけない…」
「ここまで勉強したら、他科目の知識を忘れちゃう…」

運命は勇者に微笑みます。
もう一歩だけ勇気を出して、学んでください。

論点を学ぶ

問題の「論点」に意識を向けましょう。
効率よく、知識をインプットできます。

選択式対策の勉強をしようと思ったら、まず過去問に着手すると思います。

択一式でも選択式でも同じですが、過去問に取り組むとき、正解をめざすだけでは不十分です。
その問題で、出題者は受験生に何を問いたいのか?論点を考えるクセをつけましょう。

問題の論点を見抜ければ、社労士試験に対する嗅覚が鋭くなります。

社労士試験の出題者って、〇〇は鬼のように難しい問題を出すよなぁ。
でも△△では、ひねった問題は出してこないはず…。
よし、ここは思考のアプローチを変えて考えよう。

こんな感じ。
論点や傾向が分かってくると、自分と出題者の間に、ある種の信頼関係が芽生えます。
そしてその信頼関係が、正答を導くヒントになり得ます。

特に選択式では、長い文章がスッポリ空欄になって問われることがありますよね。

テキスト・過去問・条文を、すべて暗記しなきゃいけないのか…

絶望するかもしれませんが、すべて暗記する必要はありません
鋭敏な嗅覚で「クサイ」と感じる部分から、優先的に覚えていけばOKです

そして嗅覚を鋭くするためには、本番と同じ形式で、たくさんの選択式問題にぶつかる必要があります。

私は選択式対策として、受講していた通信講座(フォーサイト)の直前問題集 “選択対策編” を、繰り返し解きました。

なぜ自分が「無理ゲー」といわれる社労士の選択式を突破できたのか?正直、いまだによく分かっていません。
でも少なくとも、選択式形式の問題をこなした回数には、自信があります。

結局、選択式の攻略に、コツなんてありません。

愚直に、ひたむきに、ただただ積み上げる。
地味でつまらない作業を、いかに続けられるかが、合格・不合格の分水嶺なのかなと。…エラそうにすみません m(_ _)m

フォーサイトを受講していない人でも、この “選択対策編” は個別に申し込めます。

独学で不安な人は、大手通信講座の質の高い教材で、対策を立ててみてはいかがでしょうか?
単発的な利用であれば、十分コスパは高いと思いますよ。

>> フォーサイト社会保険労務士|直前対策講座 2022年試験対策

落ちたときに一番イヤなのは、「やり残しがあった」と感じる瞬間です。
自分に嘘はつけません。悔いの残らないように、受験勉強のラストスパートをかけてください。

選択式問題を対策して社労士試験を攻略

「選択式を制する者が社労士試験を制す」と言っても、過言ではありません。
それほど社労士試験の選択式は難関であり、鬼門です。

はじめに述べたように、社労士合格には運も必要です。
「運も実力の内」と割り切っても、やはり、やりきれない気持ちは残ります。

それでも、運命は勇者に微笑みます。
苦しい時は初心を思い出し、勇気を出して学び続けてください。

タイトルとURLをコピーしました