【5年分】社労士合格率の年齢層別データまとめ

社労士試験、挑戦してみようかな。
年齢別の合格率って公開されてるのかな?
社労士試験の、年齢層別の合格率データを知りたい。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 5年分の試験データから、年代別の合格率の情報をまとめています

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

合格した当時は、20代半ばでした。

社労士受験の挑戦を決める前には、

「合格者が多い年代は?」
「自分でも合格できるかな…」

こういった点が気になりますよね。

このページでは、厚労省や試験センターが発表しているデータをもとに、社労士試験の合格率を年代別にまとめています。

記事の前半ではデータに基づいた事実を、後半では主観的な意見を述べています。

合格者の属性データについて、「年代」の切り口から知りたい人は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

社労士合格率の年齢層別データ

社労士試験5年分(第48回〜第52回)の、年齢層別の合格率をまとめました。

  • 5年間の全体データ
  • 各年の年齢層別の比率
  • 5年間の年齢層別の推移

以上のデータを、グラフとともにご紹介します。

5年間の全体データ

はじめに、5年間の合格率の全体データは、下記のとおり。

第48回第49回第50回第51回第52回平均
20代以下9.1%10.0%9.2%8.2%12.3%9.8%
30代31.4%30.7%29.5%33.1%30.1%31.0%
40代32.3%31.2%32.8%31.5%30.1%31.6%
50代18.8%19.6%19.2%18.8%18.7%19.0%
60代以上8.4%8.5%9.3%8.4%8.8%8.7%
第48回〜第52回社労士試験の年齢層別合格率の棒グラフ

各年の年齢層別の比率

つづいて、各年の年齢層別合格率の比率は、次のとおり。

第48回(平成28年)

第48回
20代以下9.1%
30代31.4%
40代32.3%
50代18.8%
60代以上8.4%
第48回社労士試験の年齢層別合格率の円グラフ

第49回(平成29年)

第49回
20代以下10.0%
30代30.7%
40代31.2%
50代19.6%
60代以上8.5%
第49回社労士試験の年齢層別合格率の円グラフ

第50回(平成30年)

第50回
20代以下9.2%
30代29.5%
40代32.8%
50代19.2%
60代以上9.3%
第50回社労士試験の年齢層別合格率の円グラフ

第51回(令和元年)

第51回
20代以下8.2%
30代33.1%
40代31.5%
50代18.8%
60代以上8.4%
第51回社労士試験の年齢層別合格率の円グラフ

第52回(令和2年)

第52回
20代以下12.3%
30代30.1%
40代30.1%
50代18.7%
60代以上8.8%
第52回社労士試験の年齢層別合格率の円グラフ

各年の、年齢層別合格率のデータは以上です。

5年間の年齢層別の推移

5年間の、年齢層別の合格率の推移は、次のとおり。

20代以下

第48回第49回第50回第51回第52回
20代以下9.1%10.0%9.2%8.2%12.3%

20代以下の平均合格率:9.8%

20代以下の社労士試験合格率の推移

30代

第48回第49回第50回第51回第52回
30代31.4%30.7%29.5%33.1%30.1%

30代の平均合格率:31.0%

30代の社労士試験合格率の推移

40代

第48回第49回第50回第51回第52回
40代32.3%31.2%32.8%31.5%30.1%

40代の平均合格率:31.6%

40代の社労士試験合格率の推移

50代

第48回第49回第50回第51回第52回
50代18.8%19.6%19.2%18.8%18.7%

50代の平均合格率:19.0%

50代の社労士試験合格率の推移

60代以上

第48回第49回第50回第51回第52回
60代以上8.4%8.5%9.3%8.4%8.8%

60代以上の平均合格率:8.7%

60代以上の社労士試験合格率の推移

以上のデータをまとめると、次のとおり。

  • 20代以下の合格率は、全体の10%前後
  • 30代の合格率は、全体の30%前後
  • 40代の合格率は、全体の30%強
  • 50代の合格率は、全体の20%弱
  • 60代以上の合格率は、全体の10%弱

さらに、

  • 合格者のおよそ6割は、30〜40代
  • 20代以下と60代以上の合格率を合わせても、全体の5分の1に満たない年がほとんど。
    同様に50代の合格率も、全体の5分の1に満たない
  • 合格率について、20代以下 + 60代以上 ≒ 50代

こんな感じですね。
事実ベースでは、以上になります。

ここから先は、個人的な考察です。
あくまで主観なので、「そんな意見もあるんだな」程度にご覧ください。m(_ _)m

考察

20代以下の合格率が低い理由として、そもそも社会保険労務士を知らない人が多い気がします。20代以下の世代では「社会保険」は ”自分ゴト” になりにくく、社労士の認知率も低いのかなと。

30〜40代の合格率が高い理由は、他部署の仕事を経験した後、人事部などに異動する人が多くなるからでは?と見ています。50代も同様で、人事・総務として働きながら、仕事で得た知識・ノウハウを受験に生かしやすいのかなと。

また今後、60代以上の受験生・合格者は増えると思います。
「高齢化」や「定年年齢の引き上げ」が、環境要因として挙げられますね。

定年を迎えた後も、経験や能力を生かして所得を増やすために。社労士に限らず様々な資格試験で、今後は60代以上の受験者割合が増えていくのではないでしょうか。

データを受けての考察は、以上です。
わりと当たり前の内容でしたかね…。

年齢層別の社労士合格戦略

ふーん
…で、私でも合格できるの?

あなたが何歳か分かりませんが、ここからは

  • 低年齢層
  • 高年齢層

の2つに分けて、それぞれの合格戦略を考えてみたいと思います。

低年齢層の合格戦略

低年齢層の受験生の強みは、記憶力です。

社労士試験は「暗記型の試験」と言われます。
知識を機械的に暗記すれば、それだけで得点できる問題は、社労士試験には多く存在します。

細々とした煩雑な知識を、本番までにどれだけアタマに詰め込めるか?

社労士受験において「若さ」は大きなアドバンテージだと、受験を経験した私は感じています。

その意味で、「大学生ってわりと最強では?」と思います。
厳しい大学受験を乗り越えたばかりの ”クリアな脳” と、”豊富な時間” を持っていますからね。

ただ、大学時代の貴重な時間を、社労士受験に投資して良いのか。
ここは十分に検討していただきたいなと思います。

少なくとも私にとって社労士は、片手間で合格できるような資格ではありませんでした。社労士受験には、色んなものを捧げる ”覚悟” が必要かなと思います。

低年齢層の受験生は、その記憶力をいかんなく発揮してください。

高年齢層の合格戦略

高年齢層の受験生の強みは、生きた知識人生経験だと思います。

たとえば、介護保険料について。
40代以上の人なら、ある時点から、

うぉ!
給料から、介護保険料が差っ引かれてる…

こんな経験があるのではないでしょうか。

介護保険料は、40歳から徴収されます。
社労士試験でも問われるこの「知識」について、高年齢層の受験生は、自分の「経験」として捉えられます。「常識」と言っても良いかもしれません。

低年齢層の受験生に、この経験はありません。
あくまで知識として、

低年齢層の受験生
低年齢層の受験生

介護保険料の支払いは、40歳から

このように、一つひとつ覚えなければならないのです。

また高年齢層の受験生は、試験で問われる細かな規定や制度について、その裏側まで考えて理解できるのかなと思います。

これまでに様々なニュースに触れてきて、ご自身でも公私ともに色んな経験を積んでこられて。
受験を通じて学ぶ内容の ”裏側” にまで考えが及び、

なるほど。
この規定は、ああいうケースを想定してるのかもな

こういった深い理解ができるのかなと思います。

※20代の青二才の愚見です。ご容赦ください。m(_ _)m

高年齢層の方は、これまでの経験を、受験でもいかんなく発揮してください。

まとめ|社労士合格率の年齢層別データ

月並みですが、資格試験の合格に、年齢は関係ありません。

第49回試験の最年少合格者:17歳
第50回試験の最年長合格者:84歳

「どうせ自分なんて…」とふてくされる前に、「どうすれば合格できるかな?」と考えてみてください。

あなたの強みは何でしょうか?
反対に弱点は?

自分にとっての ”当たり前” も、受験生全体で俯瞰すると、相対的に ”個性” として浮かび上がってきます。

ほんの少しでも、合格可能性を上げるために。
”個性” を自覚しながら、戦略的に社労士受験に挑みましょう。

タイトルとURLをコピーしました