社労士試験の合格率が低い理由【論理的に考察する】

社労士試験、挑戦しようか悩むなぁ。
にしても、合格率低すぎじゃない?
社労士試験の合格率が低い理由って、なにか秘密があるのかな…

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 「社労士試験の特徴」「社労士資格の全般的な特徴」に触れながら、社労士試験の合格率が低い理由を探ります

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

社労士試験に興味を持つと、その合格率の低さに驚きますよね。
特に、平成27年試験の2.6%という数字を見てしまった人は、

本当に挑戦して良いものか…

と、社労士挑戦を躊躇うのではないでしょうか。

このページでは、社労士試験の合格率が低い理由を、論理的に探ります。
まずは合格率の ”算定式” を手がかりに、合格率について考えていきましょう。

スポンサーリンク

社労士試験の合格率が低い理由

社労士試験の合格率は、下記の式で算出されます。

合格率 = 合格者数 ÷ 受験者数

令和2年 第52回試験のデータを元にすると、

  • 受験者数:34,845 人
  • 合格者数:2,237 人
  • 合格率:6.4 % = 2,237 人 ÷ 34,845 人)

上記のとおり。

「合格率 = 合格者数 ÷ 受験者数」の算定式に基づいて考えると、社労士試験の合格率が低い要因は、次のどちらか(あるいは両方)です。

  • 受験者数が多い
  • 合格者数が少ない

上記の2要因を、さらに深堀りすると、

  • 受験者数が多い
    • 人気資格
    • 様子見の受験生の存在
  • 合格者数が少ない
    • 試験が難しい
    • 作問側の意図

上記のとおり。
つまり、

社労士試験の合格率が低い理由のツリーマップ

図のような関係になりますね。
順に、一つずつ確認していきましょう。

受験者数が多い

前提として、「合格者数 ÷ 受験者数」の分母が大きくなる、つまり受験者数が多くなるにつれて、社労士試験の合格率は低くなります。

「多い・少ない」は主観的な感覚ですが…
まぁ「多い」とした上で、先に進みますね m(_ _)m

では、なぜ社労士試験の受験者数は多いのでしょうか?
理由を考えたら、次の2つが浮かび上がってきました。

  • 人気資格
  • 様子見の受験生の存在

受験者数が多い理由1. 人気資格

受験者数が多い1つ目の理由は、社労士資格の人気が高いからです。

社労士は、言わずと知れた士業資格。
資格を取れば、独立・開業することができます。

また、一度取得すれば、資格の効果は生涯有効です。
手に職をつけて、会社に縛られずに生きたい人には、社労士合格は切符のようなものですね。

加えて、社労士には ”勤務登録” というユニークな働き方があります。

「社会保険労務士」として活動するには、社会保険労務士会連合会の名簿に ”登録” しなければなりません。
この ”登録” の種類は、

  • 開業登録
  • 勤務登録
  • その他登録

上記の3つ。
”開業” だけでなく、会社員として働きながら、その会社の ”勤務社労士” となって、資格を生かす道も用意されているのです。

「その他登録」は、ここでは詳しく取り上げません。m(_ _)m

このように、自身のキャリアプランを大きく広げられる社労士資格には、根強い人気があります。
人気資格ゆえに、受験者数が多くなっていると考えられますね。

受験者数が多い理由2. 様子見の受験生の存在

社労士受験生の中には、様子見で、とりあえず受験する人もいるのではないでしょうか?
様々な事情から、不合格を前提に受験する人もいるのかなと思います。

「急に仕事が忙しくなって、勉強時間を確保できなかった」
「受験勉強をスタートした時期が遅く、本番に間に合わなかった」
「数年後の合格を見据えて、今年は本試験の雰囲気だけでも味わっておこう」

こんな感じ。
社会保険労務士試験オフィシャルサイトによると、令和2年度試験の受験者数は、34,845人。
この34,845人が、全員、本気で合格を狙っていたか?というと「それはちょっと違うのでは」と私は思っています。

年に1回の、貴重な本試験の機会。
高い受験料も払っちゃったし、後学のために受けておこう

こういった層は、毎年、一定数いるのかなと。
長期スパンでの受験を考えれば、効果的な戦略ですからね。

この ”一定数” の存在が、受験者総数を押し上げて、社労士の合格率の低さにつながっていると考察します。

以上のように、社労士試験の合格率が低い要因として、分母となる受験者数が多いことが挙げられます。
つづいて、分子の ”合格者数” について。

合格者数が少ない

「合格者数 ÷ 受験者数」の分子が小さくなる、つまり合格者数が少なくなるにつれて、合格率は低くなります。

合格者数が少ない理由として考えられるのは、下記の2点。

  • 試験が難しい
  • 作問側の意図

合格者数が少ない理由1. 試験が難しい

社労士試験の合格者数が少ない1つ目の理由。
ミもフタもなくて恐縮ですが、試験が難しいためです。

合格している私が言うのもアレですが、社労士試験は難関です

社労士試験の難しさ
  • 科目数が多い(7〜8科目)
  • 科目ごと&総合得点に、合格基準点が存在する
  • 一発勝負。科目合格制じゃない
  • 真夏の悪環境下で1日がかり
  • 暗記が大変
  • 年金などの法制度が難解

上記のとおり。
完全に「落とし」に来ていますよね…。

特に ”基準点” が厳しくて、合格レベルに達しているであろう受験生たちが、1点だけ足りずに毎年涙をのんでいます。

このように、社労士試験特有の ”難しさ” が、合格者数を少なくしていると考えられます。

合格者数が少ない理由2. 作問側の意図

日本で活躍している社労士さんの総数も、試験の合格者数に影響を与えているかもしれません。

毎年、新たに社労士登録する新人もいれば、登録を抹消する社労士さんもいますよね。
試験問題を作る ”全国社会保険労務士会連合会 試験センター” は、日本における社労士の総数を勘案した上で、作問している可能性があります。

作問する人
作問する人

最近、社労士の数が増え気味だな…
今年は試験を難しくして、合格者数を減らそう

こんな感じ(※あくまで想像です)。

とはいえ、合否を分けるのは試験の結果。
「作問側の意図」は、合格者数を少なくしている直接要因とは言いがたいので、受験生の立場ではそこまで意識する必要はないですね。

以上見てきたように、社労士試験の低い合格率は、「受験者数の多さ」「合格者数の少なさ」が要因となっています。

つづいて、社労士試験に合格するための ”姿勢” について見ていきましょう。

社労士試験の低い合格率を突破するには

社労士試験の合格を目指すのであれば、次の3点に気をつけて受験勉強に臨みましょう。

  • 自分に合ったスタイルで学ぶ
  • 他人ではなく自分と闘う
  • 戦略的に学ぶ

自分に合ったスタイルで学ぶ

自分に合ったスタイルで勉強しましょう。
社労士受験は長期に及びます。

ここで ”スタイル” とは、

  • 通学(スクール、予備校)
  • 通信教育

上記のどちらか。

通学か、通信か。
人によって学びやすいスタイルは違います。
自分のフィーリングに合った学習スタイルで、長い受験期間を乗り切りましょう。

なお、独学はおすすめしません。
どう考えても非効率なので…

私は、通信講座で学習しました。
どちらかというと部屋に引きこもって、一人で静かに学びたい人間です。

私が受講していた通信講座のレビュー(体験談)は、【元受講生】フォーサイト社労士講座の「口コミ評判」を読んでみたからどうぞ。

他人ではなく自分と闘う

自分自身と闘いましょう。

救済制度(=基準点の事後的な引き下げ)もある社労士試験は、完全な絶対評価試験ではありません。
となると、

ライバルに勝たなきゃ…!

と考えがちですね。
でも個人的には、最後は ”他人” ではなく、”自分” との闘いになるのかなと思っています。

  • 昨日より合格に近づいているか?
  • もっと自分を追い込めないか?
  • 今は無理すべき時か?休むべきか?

幻のライバルと比べ、一喜一憂しても仕方ありません。
自分自身に意識を向けて、一瞬一瞬を、常に合格のために使いましょう。

戦略的に学ぶ

戦略的に学びましょう。

社労士合格のために重要な力は、継続力です。
大して理解力のない私でも、コツコツ学び続けたら合格できました。

しかし、ただ闇雲に学んでいるだけでは、なかなか合格にたどり着けません。

どうすれば、本試験までの限られた時間を有効活用できるのか?
本気で合格を目指すのであれば、生活そのものを抜本的に変革する勢いで、学習戦略を立ててください。

社労士試験の合格率が低い理由|まとめ

ページの内容をまとめます。
社労士試験の合格率が低い理由は、下図のとおり。

社労士試験の合格率が低い理由のツリーマップ

そして、社労士試験の低い合格率を突破するには、

  • 自分に合ったスタイルで学ぶ
  • 自分自身と闘う
  • 戦略的に学ぶ

こういった姿勢が重要になります。

難関ですが、社労士は合格できる資格です。
まずは試験に関する情報を集めて、受験するかどうか決めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました