社労士資格は独学で取れる?【答え:非効率です】

社労士受験に挑戦する。
社労士って独学でも取れる資格なのかな?
難関らしいけど、通学や通信に高いお金を払いたくないな…

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 社労士受験に独学はおすすめしない
  • 独学のデメリット3つ
  • 通学、通信それぞれのメリット・デメリット

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

通信講座を利用して、2度目の受験で合格をつかみました。

このページでは、通信で社労士に合格した私が、独学の難しさをツラツラと語っています。
具体的に掘り下げているので、学習スタイル決定の参考にどうぞ。m(_ _)m

スポンサーリンク

社労士資格は独学で取れる?|3つのデメリット

個人的に、独学で社労士に挑戦することはおすすめしません。
理由はシンプルに、非効率だからです。

独学で社労士に挑戦するデメリットは、次の3つ。

  1. テキスト縛り
  2. モチベーションの維持が難しい
  3. 不明点を解決しづらい

順に見ていきます。

1. テキスト縛り

独学では、テキストだけで学ばなければなりません。
テキストだけでは、知識のインプット効率が悪くなります。

法律用語に慣れていないと、

〇〇もしくは□□
△△および◆◆

こういった法律特有のカタイ文面は、見てるだけで息苦しくなりますよね…。

通学や通信であれば、身振り手振りで動きのある講義を、視覚的に楽しめます。
メリハリの効いた講師の音声も、テキストと相乗効果で、記憶に残りやすくなります。

一方は、文字情報だけ
他方は、文字情報 × 映像 × 音声

どちらが分かりやすいかは、一目瞭然。
テキストだけの勉強では、学習効率にかなりの制限がかかってしまいます。

2. モチベーションの維持が難しい

独学は、モチベーションの維持も難しくなります。

理由の一つは、先述した「テキストだけ」で学ばなければならないため。
文字情報だけだと、どうしても味気ない印象を拭えません。

通学・通信であれば、 ”学習アプリ””メルマガ” など、サポート体制も整っています。

やる気が出ない日に、ゴロンと寝そべりながら、アプリをポチポチ。
ポチポチするだけでわりと勉強になるので、スキマ時間を有効活用できます。

このように独学には、モチベーションの維持が難しいデメリットがあります。

とはいえ、この ”モチベーション” に関しては、そこまで大きな問題じゃないのかも。どんな学び方でも、結局は自分のやる気次第なので。通学・通信生よりも、独学生の方が高いモチベーションを発揮することも、あり得ると思います。

独学最大の問題は、次の ”不明点の解決” です。

3. 不明点を解決しづらい

独学は、疑問点・不明点を解決するハードルが高すぎます。

社労士試験の勉強をしていると、

…??

という箇所に、必ずぶつかります。
その時の対処にかかる ”ストレス””時間コスト” が、独学は大きすぎるのです。

独学で学んでいる人
独学で学んでいる人

…??
テキストのこの部分、一体どういうことだ??

そう思ってアレコレ調べ、ウンウンうなりながら考え続ける。
そうしてフタを開けてみたら「ただの誤植でした」なんて事態も、十分考えられます。

人が作っている以上、完璧はありえないので仕方ないのですが…受験生としては、かなりしんどいですよね。何より、やる気を削がれるのがキツイ。(~_~;)

通学や通信の教材にも、誤植はあります。
けれどスクール側が気づいたら、すぐに受講生にアナウンスしてくれます。

購入した独学用テキストの出版社ホームページを、「誤植・訂正情報は出てないかな…」と、毎日チェックするわけにもいきません。学習していて不明点が生じたときに、

自分の理解力不足?
それとも、テキストの誤植?

常にここまで考えなければならないのは、相当なストレスになるかと。

ふーむ…
ネットのQ&Aサイトで質問すれば、不明点は解決できるのでは?

そうですね。
たしかに独学でも、ネットを駆使すれば疑問点を解決できるかもしれません。
中には、もの凄く丁寧に、優しく教えてくれる人もいますから。

ただ、社労士で学ぶ労働・社会保険は、法改正が激しい分野です。
ネット上の情報も、すぐに古くなってしまいます。

「ネットで教えてもらった情報=正しい」と考えるのも、ちょっと危険ですね。

疑問点を質問したときの流れを、「通学・通信」「独学」の両方で、イメージしてみましょう。

疑問点:労災保険法テキスト◯ページの□□の論点が分からないケース

通学・通信の場合

◆質問

こんにちは。労災保険法の□□について、質問させていただきます。
テキスト◯ページの論点「□□」が分かりません。
これは、〇〇ということでしょうか?よろしくお願いします。

◆専門スタッフによる回答

ご質問ありがとうございます。
この場合は、〜〜となります。
ちなみに、〜であれば、…

通学・通信のケースでは、上記のとおり。

「サービス提供側」と「受講生側」で同じ教材を共有しており、共通の前提に立っています。そのため、すぐに具体的な話に踏み込めます。相手は「社労士受験のプロ」なので、間違いなく信頼できますね。

独学(Q&Aサイト)の場合

◆質問

こんにちは。社会保険労務士の勉強をしています。労災保険法の□□について、質問させていただきます。
〜の状況で、〜だと、〜になると思います。このとき、もし〜なら〜となり、〜しかし、〜なら〜であると、現在使用しているテキストに記載されています。
ここで□□は、〇〇ということでしょうか?よろしくお願いします。

◆回答者1

具体的な事例が見えてこなくてイメージしづらいのですが、もし〜なら〜ではなく、〜になるのではないでしょうか?であれば、〜〜になるかと思われます。

◆回答者2

普通に考えて〜じゃなくて〜だろ。そんなことも分からないなら受験やめちまえ

独学のケースは、上記のとおり。

独学でQ&Aサイトに質問する場合は、お互いの共通認識がないので、状況説明が大変です…。さらに回答者2のように、謎にけんか腰の人もいます。
そして、彼らが教えてくれた内容が、正しいとは限りません。

疑問が生じてから解決するまでの時間・ストレス・労力を考えると、独学は非常にしんどいだろうなと思います。

疑問をまとめ、整理して、言語化する作業も勉強のうちだ

このように言われるのであれば、止めません。
ですが…効率は悪いですよ?

独学最大のデメリットは、疑問点・不明点の解決法です。

以上のように、独学で社労士合格を目指すのは非効率なので、個人的にはおすすめしません。
では、どのように学んでいけば良いのでしょうか?

社労士資格は独学で取れる?|通学か通信か

独学以外の学び方は、「通学」「通信」のどちらかですね。
ここは、ご自身に合った学び方を選択してください。

通学のメリット・デメリット

メリット
  • 予備校まで足を運べば、半強制的に勉強できる
  • 講師や他受講生から刺激をもらえる
デメリット
  • 受講料が比較的高い
  • 移動に時間がかかる

通学(予備校・スクール)のメリット・デメリットは、上記のとおり。

私の ”知人の知人” が社労士さんなのですが、その方は、予備校に通って社労士資格を取ったそうです。
予備校通いのメリットとして、受験当時の予備校仲間と、社労士になった後も交流があることを挙げられていました。
横のつながりがあることは、ビジネスをしていく上でも重要ですね。

通信講座のメリット・デメリット

メリット
  • 受講料が比較的安い
  • 自分の好きなタイミングで学習できる
デメリット
  • 自己管理しなければならない
  • 孤独感を覚えやすい

通信講座のメリット・デメリットは、上記のとおり。

私は通信講座を選択しました。
元々、周りに人がいるザワザワした環境よりも、一人静かに部屋に引きこもっていたい方なので。通信のデメリットである「孤独感」は、私にとってはメリットでしたね。

通信で社労士受験をして良かったことに、自己管理能力が高まった点が挙げられます。

与えられたカリキュラムを単にこなすだけでなく、「どうすればもっと効率を高められるか?」を考えて、常にPDCAを回していました。その結果、勉強以外にも応用できる自己管理ノウハウが蓄積されました。

私が利用していた通信講座のレビュー(体験談)は、【元受講生】フォーサイト社労士講座の「口コミ評判」を読んでみたをご覧ください。コスパに優れた講座の特徴や、「向いている人・向いていない人」についても説明しています。

自分に合ったスタイルで、学んでいきましょう。

社労士資格は独学で取れる?|まとめ

独学で社労士に合格する人もいます。
私の理解力が残念なことも、自覚しています。

それでも、社労士受験を経験した一人として、独学の選択はおすすめしません。

独学で頑張ろうとしている人には、不快かもしれません。
「やる気を削がないで、水を差さないでくれよ」と。

けれど、通信講座を利用して2,000時間を捧げ、ようやく運よく合格できた私からは、「独学はやめるべき」としか言えません。

社労士試験で問われる知識は、ホントに細かいです。
細かすぎて、投げ出したくなります。

本気で合格を目指すのであれば、スクールや通信講座の利用をおすすめします。
選ぶ際は、質問に対する回答の質をチェックすると良いですよ。

社労士試験の特徴を知って、戦略的に合格を目指してください。

タイトルとURLをコピーしました