社労士試験の勉強方法【裏ワザありません】

社労士試験の勉強方法を知りたい。とりあえず勉強を始めたけれど、本当にこれでいいのか不安だ…。合格者の勉強法を参考にしたいな。

こういった悩みに寄り添います。

このページの内容
  • 社労士試験の勉強方法
  • 受験生当時に実践していたこと

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

2021年には、事務指定講習を修了しました(※登録はしていません)。

事務指定講習のテキストと修了証

社労士試験の受験勉強は、長期にわたります。
長い受験期間中には、「本当にこれで大丈夫かな…」と不安になることも、ありますよね。

このページでは、社労士試験の勉強法について触れています。
ですが、即効性のある、裏ワザ的な勉強法は、ここには書かれていません。

それでもよろしければ、少しだけお付き合いください。m(_ _)m

スポンサーリンク

社労士試験の勉強方法について

ざっくりですが、私がどうやって社労士試験の勉強をしていたか、言語化してみます。

社労士試験の勉強方法
  • テキスト・過去問を繰り返す
  • 暗記する
  • 横断的に整理する
  • 法改正に対応する

すみません、当たり前すぎですね。
でも本当にこんな感じで、別に特別な勉強はしていません。

テキスト・過去問を繰り返す

強いて言えば、私はテキスト・過去問の繰り返しを重視していたかなと思います。元々、理解力が残念な頭なので、繰り返すことで補おうという戦略です。

テキスト・過去問は、少なくとも10周したと思います。

いやいや、10周とかムリだわ…

って思うかもしれませんが、別にいつもカンペキに勉強しなくても大丈夫ですよ。私がイメージしてたのは、「漁網の網の目を、ちょっとずつ小さく狭めていく」ということです。

上図のイメージ。

はじめは大枠(全体像)をつかめれば、それで十分です。
学習を繰り返すごとに網の目を小さくしていって、徐々に細かな論点・知識もキャッチしていく…伝わりますかね?(;´∀`)

こんな感じで、私の勉強法の特徴を挙げるなら、繰り返しだと思います。

暗記する

暗記には、自作の暗記カードを活用しました。
手間ヒマかかって面倒でしたが、効果はありましたよ。

暗記カードの活用法について詳しくは、【社労士試験】暗記カードを自作してスイスイ記憶するコツをどうぞ。m(_ _)m

横断的に整理する

社労士試験の対策には、科目横断的な学習が欠かせません。

横断学習について詳細は、【社労士】横断整理におすすめの勉強道具にて説明しています。記事タイトルにあるとおり、私は「ある勉強道具」で、横断学習を乗り切りました。

なお、横断学習に取り組むと、一時的に知識が混乱します。
それまで「労働基準法」「雇用保険法」「国民年金法」と法律ごとにまとめていた知識を、バラバラにして別の視点から記憶し直すからです。

知識の横断整理には、勇気がいります。
でもその分、リターンは大きいですよ。

法改正に対応する

最新の法改正の知識を身につけましょう。

社労士試験に合格するには、法改正の対策も必須です。
私は先述の「繰り返し学習」とは別に、意識的に時間を確保して、法改正対策に臨みました。

ものすごく当たり前の内容になってしまいましたが、私の学習法は以上です。

社労士試験の勉強方法|実践編

つづいて、もう少し実践的なアレコレについて。
受験当時に私が意識したことを、赤裸々にお話しします。

受験当時に実践したこと
  • 教材と自分を信じる
  • 集中できる環境を作る
  • いつでも、どこでも勉強する

順に見ていきます。

教材と自分を信じる

信じることは大切です。
いきなり自己啓発っぽくて、すみません。笑

たとえば、

あぁ、やっぱりあっちの講座の方が良かったかな…

と思いながら勉強しても、身にならないですよね。
身にならない、というよりも「勉強に身が入らない」と言うべきでしょうか。同じように、

あぁ、この勉強法でいいのかな…

と思いながら勉強するのも、避けるべきです。

どう頑張っても、最終的に「運」がからんでくる理不尽な試験。勉強法に悩んでも、仕方ないです。

ネット情報に、振り回されないでください。
あなたが「よし!」と思ったやり方を、貫いてください。

…今、まさにネット上で語っているお前に言われても、って感じですよね。笑
でも本当に、大事だと思っています。

あなたが不安な時は、他の受験生も不安です。
信じた道を、一歩ずつ進みましょう。

集中できる環境を作る

合格のため、集中できる環境を作り上げましょう。

私は受験勉強期間に、LINEアプリをスマホからアンインストールしていました。正直やり過ぎかもしれませんが、社労士試験に合格するには、それなりの「覚悟」は必要です。

自分の「当たり前」を疑いつつ、学習環境を整えましょう。

いつでも、どこでも勉強する

いつでも、どこでも勉強しましょう。

「スキマ時間」の重要性は、すでにお分かりかと思います。
ならば、どうすれば「スキマ時間」を「勉強時間」に変換できるか、一度じっくり考えてみてください。

私のスキマ時間の生かし方は、次のとおり。

  • 暗記カード(勉強道具)を台所に置いておく
  • Wordで「届け出暗記表」を作成・印刷し、トイレの壁に貼る
  • 暗記カードのオモテとウラを思い出し、ご飯を食べながら頭の中で出題・回答する

学習のヒントになれば、幸いです。m(_ _)m

なお、運転中の学習には十分ご注意ください。
私は事故が恐いので、自動車の運転中には音声などで勉強しませんでした。

机に向かってシャーペンを握る時だけが、勉強ではありません。
いつでも、どこでも勉強できるように、工夫しましょう。

社労士試験の勉強方法は「コツコツ地道に」

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • 社労士試験の勉強方法|私の場合
    • テキスト・過去問を繰り返す
    • 暗記する
    • 横断的に整理する
    • 法改正に対応する
  • 社労士試験の勉強方法|実践編
    • 教材と自分を信じる
    • 集中できる環境を作る
    • いつでも、どこでも学ぶ

社労士試験には、「運」が絡む厳しさがあります。
けれど同時に、地道に学び続ければ、合格のチャンスは巡ってきます。

勉強に不安な時ほど、ネットに「答え」を求めがち。
でも一番良いのは、あなた自身が考えて出した「答え」です。

私が発信している情報も含めて、ネット情報に流され過ぎないでくださいね。

コツコツと一歩ずつ進み、合格を目指していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました