【社労士】勉強する科目の順番を「固定」すべき理由

社労士受験の勉強スタート。科目数が多いから「順番が大事」って聞いたけど、どんな順番が良いんだろう?合格者のアドバイスを聞きたいな。

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • 筆者が採用した、各科目を勉強する順番
  • 科目の順番を「固定」して学ぶべき理由
  • 「社労士試験」と「順番」に関するその他のアドバイス

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

社労士受験では、勉強する科目の順番にまで、気を配る必要があります。
さらに個人的には、その順番を「固定」して学ぶことで、勉強効率はより向上すると思っています。

どんな順番で、各科目の勉強を進めるべきか?なぜ「固定」が大事なのか?
その辺りについて、詳しく掘り下げていきます。

スポンサーリンク

社労士試験で勉強する科目の順番

受験当時、私は、次の順番で科目を勉強しました。

  1. 労働基準法
  2. 労働安全衛生法
  3. 労働者災害補償保険法
  4. 雇用保険法
  5. 労働保険徴収法
  6. 一般常識(労働)
  7. 健康保険法
  8. 国民年金法
  9. 厚生年金保険法
  10. 一般常識(社会保険)

上記のとおり。
この順番で学んだ理由は、利用していた通信講座(フォーサイト)で推奨されていたからです。

なぜ、この順番が効率的なのか?
すみません。詳しい説明は、ここでは割愛させていただきます。m(_ _)m
気になる方は、フォーサイトのコラムをどうぞ。

本当に、この順番が最適なの?

「最適」かどうかは分かりませんが、一通り学習を終えて、たしかに合理的だったと思います。
アガルートアカデミーでも、同様の順番が採用されていますね。

異なる2社で採用されている事実を鑑みると、社労士受験業界では、上述の順番はスタンダードだと思われます。

一方、次の順番をオススメしている人もいました。

【1番目】国民年金法
【2番目】厚生年金保険法
【3番目】労働者災害補償保険法
【4番目】健康保険法
【5番目】雇用保険法
【6番目】労働保険の保険料の徴収等に関する法律
【7番目】労働安全衛生法
【8番目】労働基準法
【9番目】労働管理その他の労働に関する一般常識
【10番目】社会保険に関する一般常識

社労士試験は科目によって難易度が違う:攻略の鍵は勉強する順番 | 士業・事務系求人サイト seekより引用

勉強の順番に、正解はありませんね。

以上のように、社労士試験の勉強科目の順番には、いくつか「型」があります。
どの順番で学ぶかは、受験生次第。あなたがしっくり来る順番を、お選びください。

ただし、どんな順番でも、なるべく「固定」して学び続けましょう。

社労士受験の勉強科目の順番は「固定」する

社労士受験では、科目の順番を「固定」して学ぶことが重要です。
その理由は、暗記がスムーズになり、アウトプットの速度が上がるから。

順番を固定する。
これはつまり、決めた順番を守って繰り返し学ぶ、ということです。

例えば私のケースなら、「労基→安衛→……→厚年→社一」の順番を守って繰り返し学ぶ、となりますね。

順番の固定学習によって、脳内に分厚いテキストができあがります。
この「脳内テキスト」ができれば、しめたものです。

脳内テキストを作ると、知識の”位置”がハッキリします。
インプットする知識を仕舞っておく位置が明確になる、といったイメージでしょうか。

私の場合、労働基準法の知識は、脳内テキストの「冒頭」にあります。
雇用保険法は、「真ん中より手前のあたり」。
厚生年金保険法は、「終盤のほう」です。

あらかじめ”位置”が決まっていれば、学習してインプットする時に、知識が迷子になりません。
それぞれの知識に「帰る場所」があるので、安心して勉強に取り組めるのです。

そしてアウトプット、つまり思い出すときにも、

あー、たしか「あの辺り」だったな…

上記のように、知識が収まっている”場所”から、ぼんやりと推測しながら思い出せます。

一冊、大きな分厚いテキストを、脳内に作っておきましょう。

最初のうちは、脳内テキストの中身が真っ白でも構いません。
そのまっさらなページを、少しずつ埋めていく。詳細に・克明に刻み込んでいく作業こそ、受験勉強なのだと思います。

そして「脳内テキスト」を完成させる上で欠かせないのが、順番を固定して繰り返す地味な学習、ということですね。

幅広い知識をスムーズにインプット・アウトプットするため、順番を固定して学びましょう。

社労士試験における勉強科目の順番に関するアドバイス

社労士試験の「順番」について、アドバイスが2つあります。

  1. 年金科目の順番の違いに注意
  2. 学習終盤は横断的に学ぶ

順に見ていきますね。

1. 年金科目の順番の違いに注意

本試験では、国民年金法・厚生年金保険法の順番に気をつけましょう。

記事の最初でお伝えした、私が採用した順番について、特に年金科目は

 国民年金法
  ↓
 厚生年金保険法

上記のようになっています。

しかし、本試験では例年、

厚生年金保険法
  ↓
国民年金法

このように、学習時とは逆の順番で出題されます。

先ほどの「脳内テキスト」の質が高まると、”位置による記憶”に頼るようになります。
しかし、年金科目が逆順で出題されると、頭の中が混乱してしまいます。

模試を受ける際には、

国民年金・厚生年金保険は、特に出題順に注意して解こう

このように気をつけて、年金2科目の逆順のアウトプットに慣れておきましょう。

2. 学習終盤は横断的に学ぶ

社労士の受験勉強では、知識・論点の横断整理が欠かせません。
そして横断整理の学習では、今まで積み上げてきた「順番通りに整然と覚えた知識」を、破壊・再構築しなければなりません。

「順番通りの知識」を、新たな視点から覚え直すためですね。

この横断学習には勇気が必要で、また知識がゴチャゴチャになる痛みも伴います。

本格的に横断整理学習に着手すると、一時的に模試の点数が下がることもあります。
「この直前期にマズいぞ…」と焦るかもしれませんが、まず落ち着きましょう。

これはいわば、得点が伸びる前に、ジッと力を蓄えている状態です。
その後、横断学習が進んで知識が体系化されれば、得点はグッと安定します。

最後の苦しい段階です。
横断学習は耐え忍んで、乗り越えてください。

社労士試験で勉強する科目の順番 まとめ

社労士試験では「どんな順番で各科目を勉強するか?」についても、戦略的に考える必要があります。

通学生・通信生は、受講先で指示された順番に従えばよいでしょう。
他方、独学の人は、「最適な順番」に様々な意見があることを踏まえ、自分の納得できる順番を採用しましょう。

そして「順番そのもの」に気を取られないで、「その順番でどう学ぶか?」を工夫してください

順番を「固定」して学べば、脳内にテキストができあがり、インプット・アウトプットがスムーズになります。その意味では、順番を決めて、その科目順をしっかりと覚える作業こそ、受験勉強における、はじめの一歩かもしれませんね。

イメージの力を活用して、効率よく学んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました