【分岐点】社労士試験に落ちた後の「身の振り方」

社労士試験を受けた
自己採点の結果、落ちたことが判明…
あれだけ勉強しても落ちるんだなぁ…
これからどうしよう?
来年も受験すべきだろうか…

こういった悩みに寄り添います。

この記事を書いている私は、平成最後の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

「いきなり自慢乙」って感じかもですが、初受験では不合格でした。
合格したのは、2度目のチャレンジの時です。

まずは本試験、本当にお疲れさまでした。m(_ _)m
4時間50分の死闘で、心身ともに疲労困憊ではないでしょうか。

このページでは、社労士試験に落ちてしまった人の今後を考えていきます。

リトライするか、断念するか。
今後について悩んでいる人の、参考になれば幸いです。

※2年目の具体的な勉強法を知りたい人は、【本質】社労士試験2年目の勉強方法 をご覧ください。

スポンサーリンク

社労士試験に落ちたら

残念ながら、社労士試験に落ちてしまったら。

じっくりと、受験体験を振り返りましょう。
今後の糧になります。

社労士試験に「落ちた」事実は、社労士試験を「受けた」とも捉えられます。
合格を目標に掲げていたら、「受けた」事実なんて、当たり前に感じるかもしれません。

しかし私は、受験自体、物凄く貴重な体験だと思います。

受かるかどうかも分からないのに、覚悟して受験に踏み切る。
そして苦しい受験勉強を継続して、本番にきちんと受験する。

私はあなたを尊敬します。

合格している私が言っても、イヤミに聞こえるだけでしょうか?
でも本当に、並大抵のことじゃないと思うんですよね。
私も社労士受験を経験しているからこそ、そう思うんです。

あなたは落ちたかもしれませんが、落ちることができたのだと思います。
受験していない人は、そもそも「落ちる」を体験できません。

その貴重な体験から ”何か” を学びましょう。

失敗は成功のもと。
社労士受験に失敗したあなたは、社労士受験に限らず、きっと成長できると思いますよ。

私は1年目に落ちた時、次の2点を振り返りました。

  • 試験本番
  • 受験勉強全体

「落ちた」のは、合格水準に達していないから。
合格水準に達していないのは、自分に ”何か” が足りなかったため。

足りないのは知識かもしれませんし、精神力かもしれません。
あるいは、4時間50分を闘いぬく体力かもしれません。
受験勉強の時間が、そもそも足りなかったのかも。

振り返りの有無で、貴重な体験は「生き」も「死に」もします。
文豪・三島由紀夫は、「体験を体験たらしめる力」こそ作家の才能だ、と言ったそうです。

落ちて不貞腐れるのも、致し方ないと思います。
しばらく茫然自失する期間も、必要かもしれません。

それでもあなたの受験体験を、今後の糧にしてください。
不合格の事実を突きつけられた「今、この瞬間」は、その糧を最大化できるチャンスです。

紙とペンを用意して、受験を振り返りましょう。

振り返り方の具体例についても、【本質】社労士試験2年目の勉強方法 にて言及しています。よかったら、あわせてご覧ください。

社労士試験に落ちた後の選択肢

不合格か…
さて、この後どうしたものか…

身の振り方を考えるのは、難しいですよね。

状況を整理しましょう。
社労士試験に落ちた後、次の選択があります。

  • 再受験しない
  • 再受験する

諦めるか、リトライするかの二択です。

再受験する場合は、さらに次の選択があります。

  • 再来年以降に再受験する
  • 来年、再受験する

来年受けるかどうか。これも二択。

来年、再受験する場合は、次の二択に。

  • 今すぐ学習をスタートする
  • 少し休憩する

以上の選択肢をまとめると、次のとおり。

  • 再受験しない
  • 再受験する
    • 再来年以降に再受験する
    • 来年、再受験する
      • 今すぐ学習をスタートする
      • 少し休憩する

上記のとおり。

ぶっちゃけ完全に当たり前の話なんですが、こういった当たり前を一つひとつ選択していくと、その後の行動に「ブレ」がなくなります。

1年目の私は本試験の後、自己採点したら選択式で3点足りず、不合格が確定しました。
元々1年で受かるとは思っていなかったので(だから落ちたのかもしれませんが…)、翌年の再受験は既定路線でした。

ただ、ちょっとだけ休憩をはさむことに。

本試験後、そのまま学習を継続しても良かったのですが、ダラダラ〜っと2年目が始まるのは、なんとなくイヤだったんですよね。…もしかしたら、燃え尽きていたのかも。

具体的には、11月の合格発表日まで休憩しました。
本試験〜合格発表までの3ヶ月弱は、意識的に勉強しないで、充電しながら過ごしました。

そして11月に、不合格通知書が届きました。
そのタイミングで1年目と同じ通信講座に申し込みをして、2年目のリスタートを切りました。

私は通信講座・フォーサイトを利用していました。

フォーサイトでは、本試験後すぐに受講申し込みをすれば、受講料が割引になるキャンペーンがあります。キャンペーン自体は知っていたのですが、手元に新しい教材があると精神的に充電できないなーと思い、あえてキャンペーン割引期間には申し込みませんでした。

…フォーサイト側からすると上客ですね。笑

突然の自分語りすみません。m(_ _)m

「私と同じようにすると良いよ」なんて言うつもりは、全くありません。
今後どうするかは、あなた自身で考えてください。

先ほどの選択肢をもう一度。

  • 再受験しない
  • 再受験する
    • 再来年以降に再受験する
    • 来年、再受験する
      • 今すぐ学習をスタートする
      • 少し休憩する

たとえば「再受験しない」選択もありますね。
受験を終えた人なら分かると思いますが、社労士受験はホントに大変です。

”受験をしない” ことで得られるものって、たくさんあります。
受験に挑むと、 ”受験しなかったら得られたであろうモロモロを捨てる” ことになりますから。

  • 家族・友人との時間
  • 趣味の時間
  • 他の自己啓発活動に取り組む時間・エネルギー など

こういったモロモロに目を向けて、「再受験しない」と決めるには、勇気が必要です。
私は感情的に決断してしまうほうなので、自分の人生を大切に考えて選択できる人に、ちょっと憧れを覚えます。

あるいは、壁の高さに絶望して、社労士受験を断念する人もいるかもしれません。

そんな人には、「できたこと」に目を向けてほしいなと思います。

たしかに結果は不合格でした。
受験は失敗に終わったかもしれません。

けれど、積み重ねてきた一つひとつに目を向ければ、そこには成長の証があるはずです。

それに「再受験しない」と決めても、10年後に「もう一回リトライしようかな」と考えたって良いですよね。あるいは「社労士受験」以外の、何か別の目標に挑戦しても。

私は社労士受験に挑戦した人に、受験体験をネガティブな思い出にしてほしくありません。

まぁこれは、私のエゴなんでしょう。
できれば受験体験を、今後の人生にポジティブに生かしてもらいたいなぁと、そう思っているんです。

これから、どうするか。
時間がかかっても、あなたの答えを見つけてください。

社労士試験に落ちたら|まとめ

社労士受験の経験を、どう認識するかは自由です。
合格でも不合格でも、認識次第で世界は変わります。

受験を終えた直後は、気持ちの整理がつかないかもしれません。
それでも個人的には、なるべく早く受験を振り返り、「自分の言葉」で言語化することをおすすめします。

受験を終えた生々しい感情をそのまま紙に吐き出せば、気持ちもスッキリしますよ。

現実には、時に壁が立ちはだかります。
逃げながらでも良いので、なんとか乗り越えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました