社労士試験前日の私へ

この記事を書いている私は、平成30年の社会保険労務士試験に合格しています。

社会保険労務士試験の合格証書

社労士試験を直前に控えた、平成30年8月25日(土)の私へ。
試験前日の自分に、6つのメッセージを贈ります。

スポンサーリンク

社労士試験前日の私へ

1

試験前日の夕方。
急きょ、兄夫婦が子どもを連れて、わが家にやって来ます。

「まじかよ、ペース乱れるじゃん…」

こんな風に悶々とする思いも、芽生えるかもしれませんね。

でも、よく思い出してください。

兄も義姉も、どれだけあたたかく見守ってくれたか。
甥っ子の無邪気な笑顔に、どれだけ心が洗われたことか。

あなたは一人じゃありません。
孤独に感じる受験勉強の期間でも、必ず周りの支えがあったはずです。

いま一度、感謝の気持ちを思い出してください。
それこそが、本番の緊張感をほぐす、何よりのエネルギー源になります。

みんなのあったかい笑顔を思い出しましょう。
大丈夫。みんな、あなたの味方です。

2

今夜は眠れるかどうか、不安ですよね。
「眠れなかったらどうしよう…」と思うと、余計に目が冴えてしまう恐怖を、あなたは知っていますから。

大丈夫です。眠れます。

たしかに寝付くまでに、いつもより時間はかかります。
けれど、自分でも驚くほどぐっすり眠って、朝はしゃっきり目が覚めます。

安心して、布団に入ってください。

3

本番であなたが「難しい」と感じる問題。
試験後に調べてみたら、正答率が低かったことが分かりました。

難しいのは、出題側の狙いです。
得点できる問題で得点すれば、合格できます。

深く呼吸して、淡々と解答しましょう。

4

練習は本番のように、本番は練習のように。
いつも通りやれば、合格は自ずとついてきます。

リラックスしてください。
肩の力を抜いてください。

今までの積み重ねを、信じましょう。

5

全問に正解する必要はありません。
合格点を取れば、それで合格です。

同時に、一問たりとも気を抜いてはなりません。

午前中の選択式では、かつてないほどのプレッシャーを味わうでしょう。

「こんなに集中して考えて、午後の体力は大丈夫か?」
こんな不安が、頭をかすめるかもしれません。

昼休みは、充分あります。
体力を回復する時間は、充分あるんです。

純粋に目の前の「一点」を、全力で ”もぎ取りに” いってください。

6

今味わっている緊張感は、あなたの味方です。

真剣に受験に向き合ってきた証であり、あなたの心と体が、あなた自身を奮い立たせようと、頑張って働いてくれている証でもあります。

東京五輪に臨むアスリートも、「緊張している。でも、これで良いんだ」こう言っていました。

また、ある人は私に、

「それほどの緊張は、経験したくても、できるものじゃない。
 貴重な機会だ。思いきり楽しんでこい」

こう言ってくれましたよね。

その緊張感は、あなたが ”獲得” したものです。
緊張している自分を誇ってください。自分自身に、感謝しましょう。

社労士試験前日の私へ|さいごに

極めて主観的・個人的な内容にもかかわらず、ここまでお読みいただいて、ありがとうございます。m(_ _)m

「もし試験前日に、このページを読んでいる人がいたら?」

こんな想像を膨らめると、なんだか不思議な気持ちになります。
あなたは明日、試験本番なんですよね。

そんな大切なタイミングに、私の文章を読んでいる人がいる。
改めて「ブログを書く」という行為に、身が引き締まる思いです。

それから、ありがとうございます。

たとえ偶然だとしても、ネットの海の中から、当ブログにたどり着く。
これも、何かの ”縁” なのかなと。

私の受験経験が少しでもあなたのお役に立ったら、こんなに幸せなことはありません。

私はあなたを応援しています。
どこの誰かも分かりませんが、社労士受験に本気で挑んでいるあなたを、心から応援しています。

4時間50分に、これまでの全てをぶつけてきてください。
そのためにも今日は、明日に備えて、ゆっくり休んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました