ビエラをホームネットワークに接続する方法【メリットと注意点】

ビエラをホームネットワークに接続したい
どうやって接続すれば良いかな?
ホームネットワークには、どんなメリットがあるのかな?
注意点など、実体験を聞きたい

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ビエラ・ディーガのホームネットワーク環境 〜わが家の場合〜
  • ビエラ・ディーガをネットワーク接続して良かったこと
  • ネットワーク接続の注意点

この記事を書いている私は、Panasonicのビエラ(TH-40JX750)でテレビを楽しんでいます。
BDレコーダーもPanasonicで、機種はディーガ(DMR-2W101)です。

わが家ではPanasonic製品にそろえて、ビエラ・ディーガをともにホームネットワークに接続しています。

この記事では、わが家のホームネットワーク環境などをご紹介します。
ネットワーク接続の注意点にも言及しているので、あわせてチェックしてください。

テレビとレコーダーをLAN接続して、快適な日々を送りましょう。

スポンサーリンク

ビエラをホームネットワークに接続する

ビエラをホームネットワークに接続しましょう。
わが家では、LANケーブルで有線接続しています。

ビエラ本体背面のLANポート

↑↑ビエラ背面の、接続口の様子です。
LANケーブルのもう片方は、ルーターに繋がっています。

わが家のビエラ・TH-40JX750には、無線LAN(=Wi-Fi)機能も付いていました。
しかし通信速度安定性を考えて、有線LAN接続を採用しています。

お手軽ですし、基本的に有線接続がオススメです。

なおディーガについては、無線LAN(=Wi-Fi)で接続しています。
LANケーブルを一個、買い忘れたので…。

とりあえずディーガは、Wi-Fi接続でOKかなと。
今後、自宅のWi-Fi接続機器が増えてきたら、ディーガも有線LAN接続に変えようと思っています。

以上、わが家のホームネットワーク環境をまとめると、下図のとおりです(ビエラ・ディーガのみ抜粋)。

わが家のホームネットワーク図(ビエラ・ディーガのみ)

上図のとおり。
わが家と違って、ルーターがWi-Fiアクセスポイントを兼ねているお家も、あるかもしれませんね。

ビエラ・ディーガの他に、スマホやパソコン、プリンターなどもWi-Fiでホームネットワークに接続しています。

また図示していませんが、ビエラとディーガはHDMIケーブルで接続しています。

参考までに、わが家の通信環境は、次のとおり。

光回線(光コラボ)サービス@スマート光
(v6プラスオプション付)
ルーターNTT ホームゲートウェイ
PR-400KI
Wi-FiアクセスポイントELECOM メッシュルーター
WMC-DLGST2-W

こんな感じ。
Wi-Fiでも250Mbps前後で安定しており、快適なネットライフを送っています。

以上、わが家のLAN環境の紹介でした。m(_ _)m

ホームネットワークで何ができる?

繰り返しになりますが、わが家ではビエラ&ディーガを、ホームネットワークに参加させています。

おかげで、ディーガに録画した番組を ”ビエラのリモコン” を使ってネットワーク再生できるようになりました。

簡易的な操作であれば、ビエラのリモコンだけで完結します。
これは便利ですね。

…と、この記事を書きながら、

ビエラとディーガは、HDMIケーブルでも繋がってるよなぁ。
HDMIケーブルで繋がっていれば、LANケーブルを抜いても、ネットワーク再生できるのでは?

こんな疑問がわいてきました。
そこで、ビエラのLANケーブルを引っこ抜いてみることに。すると…

ネットワーク再生はできなくなりました。

ビエラのリモコンでディーガにアクセスしようとすると、ビエラの画面には次のメッセージが表示されます。

選択されたサーバーと接続できませんでした。
ネットワークやサーバーの状態を確認してください。

ビエラ エラーメッセージ より引用

上記のとおり。
やはりネットワーク再生は、ホームネットワーク(=LAN)のおかげなんですね。

ビエラのリモコンで録画番組を再生したい人は、ホームネットワークに接続しましょう。

その他、ネットワーク関連では、次の実感もあります。

  • 高画質動画も安定して視聴できる
  • スマホでもテレビや録画番組を楽しめる

高画質なネット動画も安定している

ビエラで安定して、高画質なネット動画を視聴しています。

これは有線LAN接続のおかげかと。
通信品質はすこぶる良好です。

YouTubeやABEMAなど、ネット動画もビエラで楽しんでいます。
せっかくなので、通信品質は重視したいですね。
4K動画ともなれば、データ転送量も大きくなりますし。

通信環境にこだわれば、ビエラを最大限に活用できます。

スマホでもテレビや録画番組を楽しめる

さらにスマホでも、テレビや録画番組を視聴しています。
これは「ホームネットワーク」×「アプリ・どこでもディーガ」のおかげです。

テレビがなくてもテレビを楽しめるとは…技術の進歩は凄まじいですね。
浦島太郎の気分を味わいました。

以上のように、ビエラやディーガをネットワークにつなげると、楽しみの幅が広がります。
ご自宅に無線LAN(=Wi-Fi)環境がある人は、生かさない手はないですよ。

※一点、ご注意ください

先ほどチラッと書きましたが、わが家の光通信環境は ”v6プラス” です。

このv6プラス。
Panasonic公式では、ネットワーク接続として推奨されていません。

IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。

ビエラをネットワークにつなげる より引用

上記のとおり。

わが家は思いっきりv6プラス(IPv4 over IPv6)です。
もしかしたら不具合もあるかもですが…今のところ大丈夫そうですね。(-ω-)

通信の世界はケース・バイ・ケース。「絶対」を保証できません。
一応、わが家ではv6プラスでもネットワーク再生できていますが…ご利用は自己責任でお願いします。m(_ _)m

まとめ|ビエラをホームネットワークに接続しよう

わが家では、ビエラ・ディーガともにホームネットワークに接続しています。
接続方法は、

  • ビエラ:LANケーブル
  • ディーガ:Wi-Fi

上記のとおり。
安定性や通信速度を考えると、基本的に有線LAN接続がオススメです。

ビエラとディーガをネットワーク接続するメリットは、下記のとおり。

  • ビエラのリモコン一つで、ディーガの録画番組を再生できる
  • ネット動画を、ビエラのきれいな画面で安定して楽しめる
  • スマホを使って、リアルタイムのテレビや録画番組を楽しめる

ただしv6プラスなどのIPv4 over IPv6は、Panasonic公式で推奨されていません。
ご注意ください。

ビエラやディーガをホームネットワークにつなげると、楽しみの幅がグンと広がります。

Wi-Fiが遅い…

と感じている人は、通信環境を改善してみましょう。
通信速度が上がれば、生活の質も上がりますよ。

ホームネットワークを活用して、デジタルライフを満喫しましょう。

タイトルとURLをコピーしました