ビエラをパソコンモニターとして使う?個人的に避ける理由

ビエラを買った。やっぱりキレイに映るなぁ。
さて、そろそろPC作業を…
そういえばビエラは、PCと接続できるのかな?
ビエラをPCモニターとして使うと、何か問題はある?

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • ビエラをPCモニターとして使うメリット・デメリット
  • 個人的なビエラとの付き合い方

この記事を書いている私は、Panasonicのビエラで、テレビを楽しんでいます。
最近のテレビはヌルヌル動いて、映像も美しいですね。

テレビである ”ビエラ” を、PCモニターとして活用する。
そんなこと、できるのでしょうか?

結論からいうと、可能です。
テレビとPCにHDMI端子が付いていれば、HDMIケーブルで繋ぐだけでOK。

HDMI端子がなければ、他の端子を使ったり、”HDMI変換アダプタ” を間に噛ませたりしましょう。

試したところ、わが家のビエラ&PCでも、すんなり映りました。
機種はそれぞれ、

上記のとおりです。

このページでは、ビエラをPCモニターとして使うメリット・デメリットを解説しています。
個人的な意見も述べているので、あなたの環境と比べながら読んでみてください。

何かのヒントにでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

ビエラをパソコンモニターとして使うメリット・デメリット

ビエラをPCモニターとして活用するメリットは、

メリット
  • PCモニターを買い足さずに済む
  • 4Kなら、表示領域が広くなる

このあたり。

ビエラをPCモニターとして活用すれば、別途PCモニターを買い足す必要がありません。

新たにPCモニターを買い足すと、お金も時間も空間も消費します。
ミニマリストなら、避けたい事案ですね。

さらに「解像度:4K」のビエラなら、PC作業の画面スペースがかなり広がります。
表計算の画面を4Kビエラに映せば、表示される行数・列数が劇的に増え、感動するでしょう。

一方のデメリットは、

デメリット
  • 体に負担がかかりやすい
  • 4Kだと、文字やカーソルが小さくなる

こんな感じ。

そもそも、テレビとPCモニターは別物です。

テレビは、映像・音声を楽しむように作られています。
対するPCモニターは、PC作業のために作られるモノ。

目的が異なるのです。

結果として、テレビをPCモニター代わりに使うと、目に負担がかかります。

テレビは美しい映像のために、ディスプレイ表面にグレア(光沢)処理が施されています。
ギラギラした画面をPC作業で長時間見つめると、目が疲れ、肩こりにも繋がりますね。

中には、グレア処理が施されたPCモニターも存在します。
ディスプレイ・パネルの種類をくわしく知りたい人は、【使途別】PCディスプレイのパネル(TN・VA・IPS/ADS)の違い をご覧ください。

また4K解像度には、表示される文字やカーソルが小さくなるデメリットがあります。
一概に「解像度が高ければ高いほど、PC作業の効率はアップする」とは言えません。

メリット
  • PCモニターを買い足さずに済む
  • 4Kなら、表示領域が広くなる
デメリット
  • 体に負担がかかりやすい
  • 4Kだと、文字やカーソルが小さくなる

ビエラをPCモニター代わりに活用するときは、メリット・デメリットを比べましょう。

ビエラをパソコンモニターとして使う?

個人的に、ビエラをPCモニターとして使いません。
理由は、

  • 体を大切にしたいから
  • 家族と同居しているから

上記のとおり。

実体験として、「グレア液晶のノートPC」から「ノングレア液晶のノートPC」に買い替えた時、目が疲れにくくなった過去があります。

昔の私はPC購入にあたって、「安くて使えればOK」のスタンスでした。
しかし、目の負担に気づいてからは、細かな機能にもコダワリを持って選ぶようになりました。

…もちろん、おサイフと相談しながらですけどね。(-ω-)

また、わが家においてビエラは、共有物です。
私一人のモノではなく、家族みんなのモノとして、共有しています。

私がPC作業でビエラを専有すると、その間、家族がテレビを見れないんですよね…。
こういった現実的な事情もあります。(- -;)

以上の理由から私は、ビエラをPCモニターとして使いません。
PCモニターはPCモニターとして、別に用意して使用しています。

私が愛用しているPCモニターについて詳細は、【快適】Chromebookで使える国産ディスプレイを導入してみた←こちらの記事をどうぞ。

ビエラをPCモニターとして使っても良さそうな人

けれど、言い換えると、

  • 一人暮らしの人
  • 自分専用のビエラを持っている人

こんな人は、ビエラをPCモニターとして使うのもアリかなと。
もしもプライベート・ビエラを持っていたら、私も自室でPCモニター代わりに活用するかもしれません。

”単調なPC作業のかたわら、プライベート・ビエラで動画を流す” とかやってみたいですね。

また、この記事では「PC作業=事務作業」の前提で話してきました。
そうではなくて、「PC作業=画像・動画編集」であれば、ビエラの映像の美しさは生きてきます。

いずれにせよ、ビエラに接続して何をするのか?
作業目的を明確にすると、健康面でも効率面でも建設的だと思いますよ。

ビエラをパソコンモニター代わりに|まとめ

メリット
  • PCモニターを買い足さずに済む
  • 4Kなら、表示領域が広くなる
デメリット
  • 体に負担がかかりやすい
  • 4Kだと、文字やカーソルが小さくなる

個人的に、ビエラをPCモニターとして使うことはありません。
使ったとしても、一時的な使用に限るでしょう。

一方で、

  • 一人暮らしの人
  • プライベート・ビエラを持っている人
  • PC作業に、ビエラの映像の美しさを生かせる人

こういった人は、ビエラをPCモニターとして活用するのもアリかもしれませんね。

まずはディスプレイの特徴を理解して、PC作業の目的を再確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました