CloudReadyとは?【できること・できないことも解説】

CloudReadyって何?
無料で使えるって聞いたけど本当?
そもそも、何ができるの?
実際に使った感想や注意点を教えてください

こういった疑問に答えます。

このページの内容
  • CloudReadyとは何か
  • CloudReadyでできること・できないこと
  • CloudReadyをUSBブートで使ってみて良かった点・残念な点
  • CloudReady導入時の注意点
スポンサーリンク

CloudReadyとは

CloudReadyとは、Neverware社が提供するパソコン用OSです。
オープンソースのOSである、Chromium OSをベースに開発されています。

ちなみに、Google社のノートパソコン・Chromebookに使われているChrome OSも、ベースとなっているのはChromium OSです。
ChromeにChromium…名称がややこしいので以上を図に表すと、次のように整理できます。

Chromium OS、Chrome OS、CloudReadyの関係

なんで無料なの?

CloudReadyは、個人利用のHome Editionであれば、無料で自由に使えます。

なぜ無料で使えるのか、不思議ですよね。
答えは、IT業界のボランティア精神にあります。

先ほどCloudReadyのベース・Chromium OSは「オープンソース」と言いました。
オープンソースは「OSのプログラム・ソースコードが公開(=オープンに)されている」と理解しましょう。

IT業界では昔から、自分が持っている知識や技術を、惜しみなく公開・共有する伝統が根付いています。
オープンソースのOSはその典型例で、世界中の有志達によって日々改良が加えられ、進化し続けているのです。
LinuxもオープンソースのOSですね。

Google社やNeverware社も例に漏れず、「無償でみんなで良くしようぜ!」の考え方を持っています。
ボランディア精神にあふれた、IT業界の素敵な伝統のおかげで、私たちは無料でCloudReadyを利用できるのです。

CloudReadyでできること・できないこと

CloudReadyは無料だから、できることは限られるのでは?

と思われるかもしれません。

CloudReadyでできること・できないことは、下記の通りです。

できること
  • ネット検索
  • YouTube視聴
  • Chrome拡張機能の追加 など
できないこと
  • パソコン本体にインストールするソフトウェア
  • Androidアプリ

まずCloudReadyでできることは、「Chromeブラウザでできることと同じ」と考えましょう。

ネット検索やYouTube動画の視聴など、基本的なブラウジングは問題なくこなせます。
また、Chromeブラウザを使いやすくするChrome拡張機能も、利用可能です。

パソコンを起動してすぐにChromeブラウザを使えるので、サッと調べ物をしたいときに重宝します。

反対にできないことは、パソコン本体にインストールする、いわゆるスタンドアロン型のソフトです。

CloudReadyの元であるChromium OSは、ブラウザ上での利用を前提に開発された画期的なOSです。
WindowsやmacOSとは、根本的に思想が異なります。

例えば、ExcelやEvernoteなどのソフトウェアは、CloudReadyのパソコンにインストールできません。
代わりにChromeブラウザ上、つまりインターネット上でできる類似サービスを探す必要があります。

Excelであれば Googleスプレッドシート、Evernoteであれば Evernote web 辺りが候補ですね。

Excelなどを使えないのは「無料だから」ではなく、「そもそもChromium OSがそういう作りだから」と言ったほうが適切かもしれません。

またChromebookと似ているのでAndroidアプリも使えそうですが、残念ながらCloudReadyでAndroidアプリは利用できません

CloudReadyでできることは、ネット検索、YouTube視聴、Chrome拡張機能の追加など、Chromeブラウザでできること全般と考えましょう。

CloudReadyを使ってみた感想

私も実際にCloudReadyを使っています。
使用環境は下記の通りです。

CloudReadyを試したPCのスペック
  • 2011年に購入した富士通・LIFEBOOK
    • Windows7
    • CPU:core-i5
    • メモリ:4GB
    • USB2.0
    • Wi-Fi:2.4Ghz
    • 備考:2020年2月にWindowsを起動できなくなり、文鎮化。
  • 2016年頃に購入したNEC・Hybrid Frista
    • Windows10
    • CPU:Celeron
    • メモリ:4GB
    • USB3.0
    • Wi-Fi:5Ghz
    • 備考:およそ2年前からディスプレイが不鮮明になり、文鎮化。

いずれも8GBのUSBを使って、USBブート(=USBで起動)しました。
パソコン本体にはCloudReadyをインストールしていません。

結論から言うと、感動しました。
2台とも無事に起動して、Chromebook同様に使えました。

CloudReadyの良かった点をまとめると、下記の通り。

  • Chromebookと同じ感覚で使える
  • 起動爆速
  • 操作サクサク
  • Chrome拡張機能をインストールできた
  • YouTube視聴も問題なし

無料でこれだけ使えるのは非常にありがたいですね。

とはいえ、残念な点もありまして、下記の通りです。

  • パソコンのローカルストレージにアクセスできない
  • シャットダウンに時間がかかる
  • 時々落ちる

パソコン本体(ローカルストレージ)に、写真や音楽などのデータがたくさん詰まっているのですが、CloudReadyではそのデータにはアクセスできませんでした。

アクセスできないのは、USBブートだからでしょうか?

ともあれ、起動できなくなったパソコンのローカルストレージにアクセスしたい場合は、Linux(Ubuntuなど)でUSBブートして対処しようと思います。

それから、シャットダウンにちょっと時間がかかります。
時間がかかると言っても1〜2分程度ですけれど。

起動や通常操作があまりにもサクサクなので、1〜2分でも「時間がかかる」と感じてしまいます。
なお、起動は30秒もかかりません。素晴らしいですね。

また、まれに電源が落ちます。
これはもう仕方ないですね。8GBのUSBがパソコン本体になっているわけですから。

シャットダウンに時間がかかるのも、まれに電源が落ちるのも、USBブートでなければ改善されるかもしれません。

ただ、仮に急に落ちたとしても、再起動後に「直前に開いていたタブを復旧しますか?」とChromeブラウザがサポートしてくれるので、それほどストレスはありません。
データもクラウド保存が前提なので、安心です。

以上をまとめると、CloudReadyをUSBブートで使った感想を一言で表すなら、感動です。
ホコリをかぶっていた2台のパソコンが、無料で、しかも手間もかからず復活したので、本当にありがたい。

残念な点が多少あっても許容範囲というか、これ以上望むのは強欲かなと思いました。

CloudReadyのインストールについて

私はCloudReadyをUSBブートで使用しています。

CloudReadyのライブUSBメモリの作り方は、下記のページをご覧ください。
実際の操作画像多めで、わかりやすく解説しています。

上のリンク先では、Chromebookを使った作成方法をご紹介しています。
Windowsパソコンじゃないと大変かな?と心配でしたが、Chromebookでもカンタンに作成できますよ。

インストール時の注意点

CloudReadyは手軽に試せますが、注意点が2つあります。

1つ目は、USB内のデータが消えてしまう点。

USBブートにせよ、パソコンにインストールするにせよ、CloudReadyを使おうと思ったらUSBが必要です。
USBにCloudReadyを入れる時、そのUSBは初期化され、保存データは消えてしまいます。
大事なデータが保存されているUSBにCloudReadyを入れる場合は、あらかじめUSB内のデータを別の媒体に退避しておきましょう。

2つ目は、パソコン内のデータが消えてしまう点。

パソコン本体にCloudReadyをインストールする場合、パソコン本体(ローカルストレージ)のデータは全て消えてしまいます。
パソコン本体に大事なデータが保存されている場合は、パソコン本体のデータを退避してからインストールするようにしましょう。

なおUSBブートであれば、パソコン本体に保存されているデータに支障はありません。
私はパソコン本体のデータをまだ消したくないので、CloudReadyをパソコン本体にインストールせず、USBブートでの利用にとどめています。

これからCloudReadyを試してみようとしている人は、大事なデータが消えないよう注意してくださいね。

CloudReadyで古いパソコンを生き返らせよう

ページの内容をまとめます。

ページのまとめ
  • CloudReadyは、オープンソースのChromium OSをベースとしたパソコン用OS
  • 個人利用であれば無料で入手できる
  • 低スペックPCでもサクサク動く
  • Chromebookに似ているので、Chromebook購入前に無料で試すのもアリ
  • 動かなくなった古いパソコンを、再活用できる
  • USB、パソコン本体内のデータを誤って消去しないよう注意

「パソコンはお金を払って買うのが当たり前」と思っていた私は、無料のCloudReadyを実際に使って衝撃を受けました。
繰り返しになり恐縮ですが、古いパソコンを無料で再び使えるようになるなんて…技術の進歩はすごいですね。

CloudReadyは、Chromebookに興味がある人、古いパソコンを復活させたい人に、特にオススメです。
CloudReadyを試してみて、ぜひあなたもこの感動を味わってください。

タイトルとURLをコピーしました