【ワイモバイル】シンプルSプランに変更したよ

この記事を書いている私は、2018年5月からワイモバイルを利用しているユーザーです。

2021年2月末に、「スマホベーシックプランS」から「シンプルSプラン」に契約変更しました。シンプルSプランに関する情報を、このページで共有できればと思います。

個人的には大満足の「シンプルSプラン」。
ですが、プラン変更に注意が必要な人もいますので、そのあたりにも触れていきますね。

スポンサーリンク

ワイモバイルのシンプルSプランに契約変更した話

シンプルSプランに契約変更した経緯について、Q&A形式でまとめました。早速、見ていきましょう。

元々、どのプランだったの?

変更前のプランは、スマホベーシックプランSでした。

なんで変更したの?

ずばり、安くなるからです。

具体的にどう安くなったの?

私のケースでは、ポイントは2つ。

  • 基本料が最大700円安くなる
  • 家族割の割引額が増える

順に見ていきます。

基本料が最大700円安くなる

シンプルSプランに変更したことで、月々の基本料が最大700円安くなりました。

契約前の「スマホベーシックプランS」の基本料は、2,680円/月。そして「シンプルSプラン」の基本料は、1,980円/月。-700円ですね。

ただ、この「700円安くなる」には、少しカラクリがあります。700円安くなることと引き換えに、10分間の通話かけ放題ができなくなってしまうのです。

スマホベーシックプランSには、基本料2,680円の中に、10分間のかけ放題サービスが含まれています。契約すれば自動的に「10分間の通話かけ放題」がついてくる点が、従来のワイモバイルの特徴でもありました。

シンプルプランでは、通話かけ放題はオプション制。つまり契約ユーザー自身が、通話かけ放題オプションを付けるか付けないか、選択できます。

かけ放題オプションを付ける場合は、次の2つから選択します。

だれとでも定額10分以内 700円(税抜)
スーパーだれとでも定額(S)無制限1,700円(税抜)

上記のとおり。

「通話」に関してスマホベーシックプランSの状態をキープしたいのであれば、シンプルSプランに「だれとでも定額」のオプションを付けることになります。すると、

1,980円 + 700円 = 2,680円

となりますね。
「だれとでも定額」を付けた月々の料金は、スマホベーシックプランSの基本料と変わらないんです。

かけ放題オプションを付けない場合は、30秒あたり20円の通話料がかかります。

私はワイモバイルで、ほとんど通話をしません。
30秒あたり20円の通話料が毎回かかったとしても「まぁ安くなるだろうな」と思ったので、シンプルSプランに変更することにしました。

先ほど「最大700円安くなる」と言ったのは、月の通話時間によって料金が変わってくるためです。まったく通話しない月は、スマホベーシックプランSより700円安くなることになります。

以上、シンプルプランに変更した1つ目のポイントは、最大700円安くなることでした。

家族割の割引額が増える

2つ目のポイントは、家族割です。
スマホベーシックプランSの時から私の契約では、月々の基本料に「家族割」が適用されていました。

スマホベーシックプランでは、家族割の割引額は500円/月でした。それがシンプルプランでは、なんと毎月1,080円も割引してくれます。これ、かなり大きな変更点ですよね。

先ほど、次のように説明しました。

「通話かけ放題」に関して、スマホベーシックプランSの状態をキープしたいのであれば、シンプルSプランに「だれとでも定額」を付けることになります。すると、1,980円 + 700円 = 2,680円となりますね。「だれとでも定額」を付けた月々の料金は、スマホベーシックプランSの基本料と変わらないんです。

これを読んで、

あぁ、それじゃあ「だれとでも定額」を付けようとしているぼくは、シンプルプランに変更するメリットはないか…

と思われたかもしれません。

しかし現在「家族割」が適用されている人は、シンプルプランに変更すれば、家族割の割引額が増えます。

後述する注意点もありますが、基本的にシンプルプランは、多くのユーザーにとって安くなるプランだと思いますよ。

ということで、私のケースでは

  • 基本料が最大700円安くなる
  • 家族割の割引額が増える

上2つの理由から総合的に費用が抑えられるので、シンプルプランへの変更を決めました。

なるほどー

シンプルプランへの変更で、特に注意すべき人は?

すべての注意点を網羅しているわけではありませんが、思いつく限りでは次のような人でしょうか。

  • 契約期間に縛りがある人
  • 新規割が適用されている人

契約期間に縛りがある人

現在契約しているプランに「縛り期間」がないか、確認しましょう。

更新月でない月にプラン変更をすると、契約解除料9,500円が発生する可能性があります。

たとえば「スマホプラン」に契約中の人は、2年の契約期間の縛りがありますよね。いわゆる「2年縛り」ってやつ。

この契約期間には「更新月」が定められています。
更新月以外のプラン変更は、原則として契約解除料9,500円が発生してしまいます。「違約金」「解約金」と呼ばれる費用ですね。

ご自身の契約プランや更新月に関する情報は、My Y!mobileから確認できます。
実際にシンプルプランに変更する前に、自分の契約状況を把握しておくと良いですよ。

一定の条件を満たすことで、縛り契約であっても契約解除料が免除されるケースもあるようです。詳細は、ワイモバイル公式ページをご覧ください。m(_ _)m

ちなみに私は「スマホベーシックプランS」だったので、縛りを気にせずシンプルSプランに変更できました。

そうか!

ぼくも「スマホベーシックプラン」だから、契約期間に縛りはない。早速シンプルプランに変えよう!

ちょっと待ってください。
念のため、次の項目も確認しましょう。

新規割が適用されている人

スマホベーシックプランを契約中であっても、新規割が適用されている人は注意が必要です。この新規割、残念ながらシンプルプランには適用されません。

※ 「シンプルS/M/L」へ「新規割」は適用されません。

新料金プラン登場 シンプルS/M/L|Y!mobile より引用

上記のとおり。
ワイモバイル公式のシンプルプラン紹介ページに、小さな文字でしっかり記載されています。

新規割は、加入翌月から6ヶ月間、基本料が700円割引となるキャンペーン。

新規割が適用されている人がシンプルプランに変更すると、月々の支払い額が増えてしまう可能性があります。これはモッタイナイですね。

プラン変更によって適用されなくなるキャンペーンはないか?事前にしっかりと確認しておきましょう。

「縛り期間」と「新規割」に要注意か。

シンプルプランへの変更にあたって気になったことは?

「スマホベーシックプランS」から「シンプルSプラン」への変更に際して、私が気になったのは、

  • Yahoo!プレミアムは継続するか?
  • キャリアメール(ワイモバイルメール)は使えるか?

の2点ですね。

結論として、どちらも大丈夫でした。
Yahoo!プレミアムは引き続き使えますし、メールアドレスも今まで通り3つ(yahoo.ne.jp、yahoo.co.jp、ymobile.ne.jp)利用できます。

ドコモ(ahamo)の新料金プランは「キャリアメール使用不可」と聞きました。なので「ワイモバイルもあとに続くかな?」と心配だったのですが、杞憂でしたね。よかった。

その他、何かある?

最後にワタクシゴトで恐縮ですが、個人的に2つ、変わったことがありました。

  • 通話時間を気にするようになった
  • オプションを見直すきっかけとなった

通話時間を気にするようになった

先述したとおり、シンプルSプランに変更して、10分間かけ放題サービスがなくなりました。かけ放題オプションにも未加入なので、通話料として30秒あたり20円がかかります。

自分で納得した上での選択ですが、「今何円だろう…」との思いが、頭をよぎります。笑

オプションを見直すきっかけとなった

シンプルSプランへの変更によって、スマホ関連の契約を見直すようになりました。具体的には、「オプションを外そうかな」と考えています。

現在私は、故障安心パックプラスに加入しています。スマホ本体の保険のようなオプションですが、2年9ヶ月加入していて一度も利用していません。

まぁ保険ってそういうものかもしれませんが…ちょっとモッタイナイかなと感じました。

以上のように、シンプルSプランへの変更によって、月々の固定費を細かいところまで見直すきっかけになりましたよ。

事実確認をした上でシンプルプランに変更しよう

ワイモバイルのシンプルSプランに関する情報を見てきました。ただ、このページの情報は、基本的に私自身にまつわるものです。

契約状況は一人ひとり異なります。
私がいうのもアレですが、ネット情報を「うのみ」にしないで、公式のサポート窓口などを活用した上で、プラン変更を検討してくださいね。

まずは My Y!mobile を開いて、契約プランの現状を把握するところから始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました